TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾TOP  オンデマンド野球塾  野球の教科書  野球塾マネジメント講座  お問合せ
オンライン野球塾TOP > 野球の教科書シリーズ > ストレートは最も重要で、最も奥が深く、最も難しい球種
このコラムは旧投手育成コラムです。 リニューアルした野球の教科書シリーズはこちらのページにてお楽しみください。

ストレートは最も重要で、最も奥が深く、最も難しい球種

【このページの主な内容】

このエントリーをはてなブックマークに追加
球速アップ

【注目】 Kaz先生の無料オンラインカウンセリングが受付開始!今すぐピッチングフォームの動画を送ってみよう! 詳しくはホームページでチェックしてね!

ピッチャーの球種の中で最も難しいのは、わたしはストレートであると確信しています。なぜなら、質の良いストレートを投げられる投球動作でなければ、質の良い変化球を投げることはできないからです。一方、例え良い変化球を投げられる投球動作であっても、その動作で良いストレートを投げられるとは限りません。

本来ストレート、カッター、スライダー、カーブ、シュート、シンカーというのは、すべて同じ腕の軌道で投げられるべき球種なのです。フォークボールやチェンジアップも同様です。しかし指導者に変化球の正しい投げ方に関する知識、スキルが足りないと、ストレートと違う投げ方で変化球を投げるようになってしまいます。そしてそれにより野球肘を患うようになります。

変化球は、実はストレートさえ良くなれば自動的に良くなるんです。ストレートは良いのに、変化球が全滅ということは考えられません。もちろん普段、数種類の良い変化球を投げられている投手の場合の話です。

変化球はただ曲がればいいというものではありません。カーブとシンカーを除いては、途中までは完全にストレートだと打者に思わせる必要があります。カーブとシンカーに関しては、指先からボールが放たれた瞬間から変化が始まるので、キレよりも抜け具合が重要になります。

たくさんある変化球の中でも特にカッター、スライダー、シュート、フォーク、チェンジアップという変化球は、打者の手元付近までは完全にストレートとして見せていく必要があります。そうしなければ打者に簡単に球種を見極められてしまいます。だからこそストレートを磨く必要があり、ストレートが最も重要で、最も奥が深く、最も難しい球種だと言えるのです。ストレートを極めようとすれば、変化球よりも奥が深いのです!

質の良いストレートを投げるためには、それを可能にするための適切な投球モーションがあります。見た目(投球フォーム)はどんな形でも構いません。しかしモーション(投球動作)に関しては適切な動きを一つでも多く投球動作内に組み込んでいく必要があります。Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けていただければ、それができます。

Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けていただき、まず質の良いストレートを投げられるようになり、その上で半ば自動的に質の良い変化球を投げられるようになりましょう。そう、まさに握りさえ変えれば自動的に良い変化球を投げられるようになるのです。

kaz001.png 筆者:Kaz先生
TeamKazオンライン野球塾


球速上げたきゃ股関節を使え!
TeamKazオンライン野球塾 夏休みの間に球速をアップさせておこう。今なら安心の無料オンラインカウンセリング実施中。


TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムは2020年3月より全面改装作業に入りました。 新投手育成コラムはこちらのページ旧投手育成コラムはこちらのページ よりお楽しみください。

SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

旧投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾