RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2013年02月20日

SLP理論は投手だけではなく野手にも適用可能


試合で活躍できる選手を育成する完全個別指導の野球塾
littlerockheart.com
アスリートコースはただ野球上達のサポートをするだけではなく、 自分で考えて練習し、自分で考えてプレーをすることのできる選手を育成します。 技術だけではなく、メンタルまで鍛えられる野球中はここだけ!!

SLP理論とはいったい何なのか?皆さんかなり気になっていることだと思います。SLP理論とはLittlerockheartのコーチが、長年かけて投球動作の研究をし、導き出した一つの答えなのです。

SLP理論はLittlerockheartが提唱する独自の理論ではありますが、しかしその理論内容は突飛なものではありません。例えばこれまで活躍してきた多くのプロ野球選手の投球動作を分析していくと、そのほとんどのケースでSLP理論を適用することができるのです。例えばダルビッシュ有投手、前田健太投手、野茂英雄投手などの投球動作を見ていくと、SLP理論が確かに採用されているのです。ですがもちろん、彼らがSLP理論を前提で投球動作を作り上げたわけではありません。SLP理論とはあくまでもLittlerockheartが導き出した理論です。

良い投手というのは、なぜ長年安定して好成績を残せることができるのか?これを明確に説明できるコーチはこれまでほとんど存在しませんでした。ですがそれを明確に説明し、かつ投球動作内に導入することを可能としたのがSLP理論なのです。

SLP理論はどのような投法でも採用することができます。オーソドックスなオーバーハンドスロー、スリークォーター、サイドハンドスロー、トルネード投法、マサカリ投法、サブマリン投法などなど。投球フォームはどのような形でも問題ありません。選手個々特徴のある投球フォームの中に、SLP理論を組み込んでいくだけで良いのです。そうすることにより、肩・肘を故障するリスクを軽減させながらパフォーマンスをアップさせることが可能となります。

ちなみにSLP理論は投手だけのものではありません。捕手、内野手、外野手の送球動作の中にも組み込んでいくことができます。Littlerockheartにもいよいよ野手育成コースが登場したわけですが、このコースのコーチングの根底にももちろん、SLP理論の存在があるのです。

SLP理論を投球・送球動作の中に組み込み、故障のリスクを軽減させ、同時にパフォーマンスアップを実現したいという選手はぜひ一度ご相談ください。



Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


コラムカテゴリー:SLP理論
コラム著:Coach Kaz
前のコラム SLP理論とはコーチが研究の末に導き出した答え
次のコラム SLP理論の特徴の一つは逆算式コーチング

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.