TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > SLP理論は投手だけではなく野手にも適用可能

SLP理論は投手だけではなく野手にも適用可能


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

SLP理論とはいったい何なのか?皆さんかなり気になっていることだと思います。SLP理論とはCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチが、長年かけて投球動作の研究をし、導き出した一つの答えなのです。

SLP理論はCoach Kazのマンツーマン野球塾が提唱する独自の理論ではありますが、しかしその理論内容は突飛なものではありません。例えばこれまで活躍してきた多くのプロ野球選手の投球動作を分析していくと、そのほとんどのケースでSLP理論を適用することができるのです。例えばダルビッシュ有投手、前田健太投手、野茂英雄投手などの投球動作を見ていくと、SLP理論が確かに採用されているのです。ですがもちろん、彼らがSLP理論を前提で投球動作を作り上げたわけではありません。SLP理論とはあくまでもCoach Kazのマンツーマン野球塾が導き出した理論です。

良い投手というのは、なぜ長年安定して好成績を残せることができるのか?これを明確に説明できるコーチはこれまでほとんど存在しませんでした。ですがそれを明確に説明し、かつ投球動作内に導入することを可能としたのがSLP理論なのです。

SLP理論はどのような投法でも採用することができます。オーソドックスなオーバーハンドスロー、スリークォーター、サイドハンドスロー、トルネード投法、マサカリ投法、サブマリン投法などなど。投球フォームはどのような形でも問題ありません。選手個々特徴のある投球フォームの中に、SLP理論を組み込んでいくだけで良いのです。そうすることにより、肩・肘を故障するリスクを軽減させながらパフォーマンスをアップさせることが可能となります。

ちなみにSLP理論は投手だけのものではありません。捕手、内野手、外野手の送球動作の中にも組み込んでいくことができます。Coach Kazのマンツーマン野球塾にもいよいよ野手育成コースが登場したわけですが、このコースのコーチングの根底にももちろん、SLP理論の存在があるのです。

SLP理論を投球・送球動作の中に組み込み、故障のリスクを軽減させ、同時にパフォーマンスアップを実現したいという選手はぜひ一度ご相談ください。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾