球威,頚反射について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

投球する時にキャッチャーミットを見続ける必要はない

投球をする際、投手は最初から最後までキャッチャーミットを見なさい、と教わった方は多いと思います。このコーチングは、制球への意識付けという点では効果があります。ですが人体のメカニズムを踏まえて投球動作を考えて行くと、これは決してベストなコーチングではないということに気付かされます。なぜなら、投球フォームがしっかりと安定していれば、大げさな話、目を閉じていても投げたいところにボールを投げることが可能となるからです。

投球フォームとは、一朝一夕で作り上げられるものではありません。数ヵ月、数年かけて作っていくものです。例えば今日何かを変えて、それがすごく上手くいったからと言って、そのフォームが完成されたことにはなりません。例え今日は上手くいったとしても、明日になればそのフォームも僅かに狂い、昨日できたことができないということが普通にあるのです。だからこそ投球フォームは数ヵ月、数年という長い時間をかけ、しっかりと体に染み込ませてこそ初めて完成したと言えるわけなのです。

さて、今回の投手育成コラムの本題は、投手の目線についてです。投手は投球動作に入ったら、最初から最後までキャッチャーミットを見続けることが大切であると言われていますが、これがすべてではないということを、みなさんには知っていただきたいと思います。キャッチャーミットを見続けて投球動作を進行させていくと、体が本来持っている「頚反射(けいはんしゃ)」という機能を使うことができなくなってしまいます。頚反射とは、顔を左に向けると、体もその動きに付いて行こうとする反応のことを言います。

頚反射と投球動作の関係をかんたんに説明したいと思います。右投手の場合、左脚を振り上げた際に顔を三塁方向に向けます。そこから並進移動に移行していく際、一気に顔を左側に向けていきます。すると頭を頂点にし、体軸に回転エネルギーが発生します。つまり体が、コマのように勢いよく回転していくということです。

この回転エネルギーが、球威をアップさせてくれます。その理由は、スローイングアーム(右投手なら右腕)がアクセラレーションフェイズ(加速段階)にある時にこの回転エネルギーが発生するため、スローイングアームの加速にさらなる勢いが与えられるのです。この回転エネルギーをボールに与えることができれば、腕をリラックスさせた状態でも勢いのあるボールを投げることができ、肩・肘への負荷も抑えることができるようになります。

ただし投球動作に頚反射を活かしていく場合、投球フォームがある程度しっかりと固まっている必要があります。投球フォームが不安定な状態で頚反射を利用しようとすると、目線がブレるだけとなり、まったく制球できない状態になってしまうこともありますので、注意が必要です。ちなみに投球フォームを作っている過程で頚反射を加えていく場合は、実際にボールを投げる前に、シャドーピッチングで動作を確認してから加えていきましょう。打者が素振りで打撃フォームを作るように、投手はシャドーピッチングで投球フォームを作っていく必要があるのです。


前のコラム 野球肩は硬い股関節が原因である場合が多い
次のコラム 野球肩になる投げ方、ならない投げ方
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾