投手,変化球,腕,内旋について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

直球も変化球も同じ腕の振りで投げる方法

変化球は、野球の時代性を象徴しています。例えばロジャー・クレイグ投手が生み出したスプリット・フィンガード・ファストボール(SFF)や、レイ・ミラー投手が生み出したサークルチェンジ(チェンジアップ)はそれぞれ80年代ボール1号、2号と呼ばれていました。このように野球界には、時代それぞれに変化球の流行り廃りがあります。現在で言えばスライダーが流行の絶頂にあり、カーブ(本物のカーブ、あるいはドロップ)が廃れている、と言うことができます。

投手であれば、スライダーとカーブという2つの球種は間違いなく知っていると思います。しかし本来あるべきスライダーの姿、カーブの姿を知っている投手は意外と多くはないのではないでしょうか。現にプロ野球の投手であっても、タイトカーブのことをスライダーだと言って投げている投手がいるほどです。ただ、変化球に関しては完全に投手の主観性であることは間違いありません。その投手がスライダーだと言うならば、それはスライダーなのです。

さて、ここで改めておさらいをしておきましょう。ストレート、スライダー、カーブの投げ方の違いについてを。ボールの軌道はまったく異なるこの3つの球種ですが、しかし腕の振りはまったく同じであるべきなのです。違うのは、リリースをするポイントのみ。ストレートは、ボールを握った人差し指と中指がキャッチャーミットに正対した位置でリリースをします。スライダーは、その2本の指が正対する直前(さらに正対状態に近づくとカットボールとなる)。そしてカーブは、人差し指と中指がキャッチャーミットに正対するかなり前の、親指と中指がキャッチャーミットを向いている段階でリリースをします。このリリース位置の違い以外、ストレート・スライダー・カーブの投げ方には一切違いはあってはならないのです。

ちなみにこのリリースの段階では、腕は内旋状態になくてはなりません。腕を外旋させてボールに回転をかけようとしてしまうと、必ず肩・肘を壊してしまいます。ですが上述したように、腕が内旋した状態ですべて同じ腕の振りで投げることができれば、理論上ではストレートも変化球も肩・肘を壊す可能性は同等となります。変化球を投げたから肩・肘を壊すという理論は成り立たなくなるのです。

さて、冒頭でタイトカーブという言葉を使いましたが、これは腕を外旋させて投げている変化球のことです。リリース位置を変えることでボールに回転を与えるのではなく、腕そのものを回転させることにより、ボールに回転を与える投げ方です。ここで1つ試してみて欲しいことがあります。腕を外旋させた状態で、ゆっくりとフォロースルーの動作をしてみてください。肘頭(ちゅうとう:肘を曲げた時の曲がった先端)が進行方向を向いてしまうことで、肘が伸びたままフォロースルーが進んで行ってしまうと思います。この状態は肘だけではなく、肩にとっても大きなストレスとなります。逆に腕を内旋させた状態でフォロースルーをすると、肘を曲げた内側が進行方向を向き、自然に肘が曲がり、肘関節への大きなストレスを回避することができます。

切れ味の鋭い、誰も打てない変化球を投げられたとしても、それによって自らの肩・肘を痛めてしまっては元も子もありません。ですので変化球は必ず、腕の内旋過程内でストレートとまったく同じ腕の振りで投げるように練習をしましょう。この投げ方をマスターすることができれば肩・肘へのストレスを軽減できるばかりではなく、打者から球種を見極められにくい投手になることもできます。地道なトレーニングは必要ですが、時間をかけてでも挑戦する価値は、十分にあると断言することができます。がんばってみてください!

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 腕を遠回りさせる投手は、打者から見れば打ちやすくなる
次のコラム 力みなく投球することとは?その具体的な改善方法

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾