投手,起床について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投手は試合開始の何時間前に起きる必要があるのか

投手は試合開始の何時間前に起きる必要があるのか


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

試合の日は、例え試合開始時間が朝早かったとしても、遅くとも試合開始の4時間前には起きるようにしましょう。その理由は、体中のすべての神経が目覚めるのに、起床から3~4時間かかるためです。投手がマウンド上でベストパフォーマンスを発揮するためにも、体中の神経がすべて目覚めている状態でマウンドに登る必要があり、それがチームのエースとしての、最低限の義務でもあります。体が完全に目覚めていない状態でマウンドに登るという行為は、エースとしてはあまりにも無責任だと言えます。

アマチュア野球の場合、朝8時にプレーボールする試合も少なくはないと思います。その場合は4時には起きている必要がある、というわけですね。そうしなければ体中の神経が目覚める前にマウンドに登らなければならなくなります。では体中の神経が目覚める前にマウンドに登るとどうなってしまうのでしょうか?まず考えられるのが、コントロールがアバウトになってしまう、ということです。コントロールがアバウトになれば四球が増えるだけではなく、置きに行ったボールを痛打されてしまう可能性も高まります。つまり序盤の大量失点に繋がりかねない、ということですね。

そして次に考えられるのが、マウンド上での調整能力の低下です。強いチームのエースとなれば、マウンド上で微調整ができるようになります。例えば低目への制球が甘い時は、その原因を1イニング間で突き止め、次のイニングには修正することができます。ですがこれも、体がベストコンディションであることが大前提。いくら原因を正確に突き止めることができても、それを体現するために必要な「感覚」、つまり神経が目覚めていなければ、体を思うように動かすことはできません。

投手のコントロールは、リリースアングルが1°ずれただけで、ホームプレート上の通過点が大きく変わってきます。ピッチングモーションとはまさに精密機械で、肉眼では捉え切れないほどの小さな相違が、パフォーマンスに想像以上に大きな影響を与えてしまうのです。投手の制球力とは、「意識力」だと言われることがあります。つまり外角低めに投げるための動作など存在せず、「外角低めに投げる」と強く意識し、いつも通りの動作で投げることにより、ボールは外角低めに決まっていくのです。

ですがこれは高等技術です。いきなり意識だけで外角低めに投げ切ることは出来ません。最初はストライクゾーンを二分割し、外か内かを投げ分けましょう。それができたら今度は四分割し、外角低め、内角低めへと難易度を上げていきます。そしてこの「意識」でコースを投げ分ける高等技術も、体中の神経が完全に目覚めている状態でなければ実現させることはできません。

さて、こんな研究があるのをご存知でしょうか?人間は24時間の内、何時頃がもっともパフォーマンスが高まるのか?という研究です。これはつまり、体中の神経がしっかりと目覚め、それが何時頃パフォーマンスに完全に繋がるのか、ということです。あるアスリートが規則正しく7時に起床した場合、そのアスリートが最も自己記録を達成しやすいのは、23時だと言われています(空気中の酸素量なども影響しています)。つまり目覚めてから19時間後です。この研究結果を見るだけでも、試合開始ギリギリに起きているようではアスリート失格である、ということがよく分かりますね。

野球選手にとって早起きは三文の得などではありません。三文どころか一両、十両以上の価値があると思ってください。朝が弱い選手は、まずは朝に強くなれるような体質改善を心がけていきましょう。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 試合中に脚をつる原因と、その回避方法
次のコラム 股関節の弱い投手は、強いボールを投げることができない
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾