投手,ボールの握り方について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > ボールは人差し指と中指の先だけを使って投げよう

ボールは人差し指と中指の先だけを使って投げよう


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

野球肩・野球肘の原因は、これまでも何度も書いてきたように、肩や肘以外の使い方に問題がある場合がほとんどです。今回はその中でも、ボールを握る指について考えて行きたいと思います。

経験の浅い投手のほとんどは、力強いボールを投げるために体に力みを生じさせてしまっています。しかし力みというのは、投手にとってプラスになることは1つもありません。それどころかマイナス要素しかないと考えてください。投手が投げる際に力めば力むほど、ボールの切れは失われていくのです。

そしてその力みは、指先にも大きく影響してきます。つまりボールを強く握ってしまうということ。ボールを強く握っても、強いボールを投げることはできません。逆に軽く握るほど投げるボールには切れが出てきます。ボールは主に人差し指、中指、母指(親指)の3本の指で握るわけですが、この中でも特に親指に力みが生じてしまうと、肩・肘関節がロックされた状態になってしまいます。関節がロックされた状態で投球動作を続けてしまうと、それは当然故障への原因となります。

ボールは、握った手を少し振ったら落ちそうになるほどの軽さで握るようにしましょう。そうすれば親指が原因のロックも解除され、肩・肘の内旋・外旋の自由度も高まり、肩・肘へのストレスが軽減される分、身体機能(骨格のメカニズム)を十分に活かしてボールを投げることができます。そうすれば切れのある、初速と終速の差が小さい投球が可能となります。

さて、話を親指から人差し指と中指に移します。手をリラックスさせた状態で、人差し指と中指をくっつけてみてください。この時、人差し指の頭は中指の爪にかかっていますか?それともかかっていませんか?かかっている場合、人差し指と中指の長さの差は小さいということになり、かかっていない場合、差が大きいということになります。

この差が小さい場合、ボールを握る時に人差し指と中指の間を狭めても(くっつけても)、両指先で均等な力でボールを弾くことができます。ですが差が大きい場合に両指の間を狭めてしまうと、中指でボールを弾く力が強調され、ボールはシュート回転しやすくなってしまいます(意図してシュート回転させるのには問題ありません)。ですので人差し指と中指の長さの差が大きな投手は、両指の間を通常よりも少し広めにしてみましょう。通常は指1本分の幅が目安ですが、指の長さの差が大きい投手は、これを1.5~2本分に広めてみてください。そうすればボールをリリースする際、人差し指と中指が均等の力でボールを弾くことができるようになります。そうすればボールにはきれいなバックスピンがかかりやすくなり、伸びのあるストレートを投げられるようになります。

ちなみに人差し指と中指の長さの差は、左右の手でも異なる場合が多くなります。それは右利きか左利きかで、普段指を使う頻度が左右で異なることが原因として考えられます。

話をまとめると、ボールは人差し指と中指の先だけを使って投げる、という意識付けが大切となります。たまに親指にマメの出来ている投手を見かけますが、これはボールを強く握り過ぎていることが原因です。投手にとってのマメは、人差し指と中指の先にできるのが理想的です。人差し指と中指の間をどれくらいの幅にすればキレイなバックスピンがかかるか、いくつか握り方を変えて投げることで、自分にとってベストな握り方を見つけて行ってください。それが見つかれば力まなくても強いボールを投げられるようになり、力みがなくなることで肩・肘がロックされることもなくなり、故障のリスクを1つ減らすことができます。つまり、良いこと尽くめなわけです。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 制球力の良し悪しはハムストリングスが握っている
次のコラム 試合中に脚をつる原因と、その回避方法
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾