投手,野球,アスリート,空腹について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > エースになるために、空腹感は絶対に回避しよう

エースになるために、空腹感は絶対に回避しよう


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

「食事もトレーニングの一部」とはよく言われることですが、それはまさにその通りなのです。いくら一生懸命トレーニングや練習を積んでも、それが空腹の最中であれば、最大限のトレーニング効果を得ることはできなくなります。しっかり食べて、しっかり練習して、またしっかり食べて、しっかり眠る。これは上達するには決して欠かせないプロセスです。

まずアスリートにとっての空腹について考えてみることにしましょう。空腹とはもちろん、お腹がすいている状態のことです。この状態で練習を始めても当然身につく練習はできません。そしてこれだけではなく、練習中や練習後の空腹も、できるならば避けるべきだと言えます。人体は空腹感を覚えると、まず筋肉を栄養素として利用してしまうのです。つまりお腹がすいた状態でトレーニングを行なっても、トレーニングをするほど筋肉を栄養素として使われてしまうため、なかなか筋肉を増やすことができなくなります。

体内の筋肉量の割合が減れば、それは新陳代謝の低下を意味することになります。新陳代謝が低下すれば体内脂肪も燃焼しにくくなるため、その脂肪分をエネルギーとして利用しにくくもなります。すると筋肉は減る一方で、脂肪は増える一方という悪循環を招いてしまうわけです。

この悪循環を防ぐためにも、特に中高生など成長期にある選手は、可能な限り空腹感は防ぐようにしましょう。例えば練習中にお腹がすいたなら、そのまま練習が終わるまで我慢するよりも、練習の合間におにぎりを口にするといいと思います。お米などの炭水化物はスピーディーにエネルギーに転換することができるため、おにぎりは非常に即効性のある食べ物なのです。

寮がある私立高校などは、練習の合間にも口に出来るように寮母さんやマネージャーがおにぎりを用意してくれるところも多いようです。これは非常に良いことです。空腹とは、単純に考えれば体内にエネルギーが足りていない状態、つまりガス欠状態のことを言います。ガソリンがなければ車は走らないように、エネルギーが不足していれば人間の体も動かなくなってしまいます。

ただし、朝練に関しては朝食前の練習でも構いません。その理由は、前夜の夕食で摂取された食事エネルギーが、まだ体内の残っている場合が多いためです。ですので朝練に関しては、前夜に摂取したエネルギーを使い切る、というイメージで行い、使い切ったら朝食でしっかり補うと考えてください。

毎日ハードな練習を続けている中高生や大学生の選手であれば、毎晩どんぶり飯3杯ずつ食べたとしても、そう簡単に太るようなことはありません。アスリートの場合、太ることよりも、太れないことを心配するべきなのです。もちろん体質なども影響してくるわけですが、ハードな練習をした後は、その消費エネルギー量に見合う食事内容が必要になってきます。「今日は練習で疲れたから食欲がない」と思ったとしても、上手くなるためにはここはしっかり食べておくことが何よりも重要です。もし食欲がない時に食べないという選択を一度でもしてしまうと、体がそれを覚えてしまい、疲れている時は食事が一切のどを通らない体になってしまいます。

筋肉が成長することを「超回復」と呼びますが、これはトレーニングをすることで筋肉を破壊し、その破壊に見合った栄養を取ることで、睡眠という休息時に筋肉が、破壊される前以上の強度になって回復することを言います。ですがもし破壊に見合った栄養を取れていない場合、超回復どころか、筋肉は通常の状態にすら戻れなくなってしまいます。

最善の超回復を得るためにも、トレーニングや練習のあとはしっかりと食事で栄養を補給するようにしましょう。練習後30分以内のプロテイン摂取がベストと考えられていますが、プロテインじゃなくてもタンパク質量の多い納豆を2パックくらい食べるのも効果的、かつ経済的です。

野球を上手くなるためには練習量も大切ですが、その練習と同じだけ食事と休息も大切だということを、決して忘れないでください。逆に一生懸命練習してもなかなか上手くならないという選手は、食事と休息状況を見直すというのも、1つの方法かもしれませんね。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 走ることを大切にする投手は、目に見えて球速が上がる
次のコラム 投球動作は人体メカニズムに則って作り上げよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾