TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 投球時の肘の高さの目安を測る方法

投球時の肘の高さの目安を測る方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

ボールを投げる際、肘の高さの目安を簡単に測ることができます。以下の通りとても簡単ですので、ぜひ試してみてください。

①投げる側の手でボールを握ってください。

②目を閉じて、鏡の前に立ってください。

③握ったボールを後頭部にくっつけてください。

④身体を動かさずに目を開けてください。

たったこれだけです。さぁ、目を開けてみてあなたの肘の高さはどうでしたか?両肩を結んだラインよりも上か、平行か、下か。平行ならば合格です。正しい投げ方ができている可能性が高いでしょう。しかし肘の位置が肩線分(両肩を結んだライン)よりも上の場合は肩痛を引き起こしやすくなります。また肩線分よりも肘が低い場合は、肩痛に加えて肘痛を起こす可能性も高くなってしまいます。

③の動作で肩線分と投げる側の肘がきれいな一直線にならない場合、①~③の動作を何度も繰り返し練習をすることで、動きをマッスルメモライゼーション(筋肉に動きを覚えさせ、その動きを癖付かせる)させる必要があります。この練習はいつでもどこでもできるので、一直線にならない選手は洗面台にボールを1つ置いておき、歯磨きをするついでにこの練習を続けてみてください。少しずつ肘の位置を改善させることができます。

TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾