球威,球速,アップ,ハムストリングス,ピッチャーについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 球威・球速をアップさせるのはハムストリングス

球威・球速をアップさせるのはハムストリングス


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

球速や球威がなかなかアップしなくて悩んでいるピッチャーは、プロ・アマ問わず非常に多いと思います。そして球威を上げるために上体のトレーニングを一生懸命やっているピッチャー、走り込みを一生懸命続けるピッチャー。でも球威や球速は、それだけでは簡単にはアップしません。

まずピッチングという作業を物理的に考えてみることにしましょう。

ピッチャーは投球をする際、まず軸脚とは逆の脚を上げます。これをレッグレイズ(Leg Raise)と言います。レッグレイズすることで「位置エネルギー」という力を得ることができます。そして上げた脚を今度は投球方向へと踏み込んでいき、同時に身体を投球方向へと向かわせていきます。この時に生まれるのが「並進エネルギー」という力です。さらにこれらの上げる・進むという動きの中には「回転エネルギー」という力も働いています。これは体幹と腕を回旋させることで得られる力です。

※位置エネルギーや並進エネルギーは、Nm(ニュートンメートル)という単位で計算することができます。

さて、ここでの本題はレッグレイズにあります。投球動作に於いて最初に生まれるエネルギーが、レッグレイズすることにより生まれる位置エネルギーだからです。位置エネルギーは、重力に逆らって脚を上げれば上げるほど大きな力を得ることができます。そしてそれは、正しいピッチングモーションで投げることにより、効率良くボールへと伝えていくことが可能です。

またこの位置エネルギーは、レッグレイズだけで得られるものではありません。ヒールアップさせることで更にプラスアルファを得ることも可能なのです。昔は日本ハムファイターズの西崎幸広投手や、近鉄バファローズの阿波野秀幸投手がヒールアップ投法を用い、細身から快速球を投げ、打者をキリキリ舞いさせていました。

ただし、ヒールアップ投法は強靭な足腰、バランス感覚がなければ球威は落ち、制球も乱れてしまう高度な技術です。ふくらはぎや膝にも大きなストレスがかかるため、10代のピッチャーにはあまりオススメはできません。

さて、話はレッグレイズに戻ります。大きな位置エネルギーを得ることで、並進エネルギーも比例して大きくさせることができます。最近では制球を意識し過ぎるばかり、大胆にレッグレイズするピッチャーはめっきり減ってしまいました。もう西本聖投手のようなピッチャーは現れないかもしれませんね。

レッグレイズを考える際、最も重要なのはハムストリングスです。太もも後ろ側の筋肉です。このハムストリングスが硬かったり、弱かったりすると大きくレッグレイズさせることはできません。硬ければ可動域が狭まることでレッグレイズの幅も狭くなり、弱ければ脚を持ち上げる力が足りなくなります。

位置エネルギーの増強は、球威や球速に直結するファクターです。ですので腕っ節を強くして球速を上げることよりもまずは、ハムストリングスの強さと柔軟さを獲得する努力をしてみてください。

ちなみにハムストリングスを強化させることは、レッグレイズ以外にも良い効果を得ることができます。それはステップから着地させた足への影響です。

ハムストリングスが強いと、ステップから着地させた足を、グッとプレート側にプルバック(引き戻す)させることができます。これができるようになると、体幹の回転や腕の振りをさらに鋭くさせることができ、球威・球速共にアップさせることが可能です。ですが筋力の弱い選手が意識してこの足の引き戻しをしようとすれば、簡単にハムストリングスや脛を痛めてしまいます。ですのでこれはやろうとしてやるのではなく、ハムストリングスを鍛えた結果できていた、というのが理想です。

このように、ハムストリングスの強さと柔軟性を獲得することにより、これだけボールに良い効果が現れます。そして下半身を強化すれば肩・肘の故障を防ぐこともできますので、まさに一石二鳥!球威・球速をアップさせたいのなら、まずハムストリングスを見直してみてください。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 野球肘は腕立て伏せで治せる
次のコラム 野球肘・肘痛は輪ゴムリハビリで治そう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾