バットスウィングを速くできるテイクバックとできないテイクバック

 

バットスウィングを速くできるテイクバックとできないテイクバック

巻くテイクバックではバットスウィングは速くならない

テイクバックというものを勘違いされている方がけっこう多いように思います。テイクバックで重要なのは、グリップと頭の距離を遠ざけることにあります。この動作の幅を深くするほど割れ(ラギングバック)が強くなり、バットスウィングを速くしていくことができます。

しかしグリップを後頭部側に巻くように入れてしまうテイクバックでは、グリップと頭の距離を遠ざけることができず、巻いても巻いてもテイクバックは深くならず、バットスウィングを割れによって速くすることもできなくなります。

また、最初からグリップと頭を遠ざけておいて、遠ざけていく動作そのものが入っていない場合も割れを作りにくくなりますので、やはりバットスウィングは速くなりません。

バットスウィングを速くできるテイクバックは、グリップを常に投手から見えるラインで、捕手方向に引いていく動作です。この動き方でグリップと頭を遠ざけながらテイクバックを作っていけると、腕力や体格に頼らず、割れによってバットスウィングを速くしていけるようになります。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  にほんブログ村 野球ブログ 草野球へ

✏️コラム著:Kaz(野球専門プロコーチ)
TeamKazオンライン野球塾 もう高価なバットに頼った野球はやめにしませんか? ちゃんとした技術を僕と一緒に身につけて、どんなバットでもヒットを打てる選手になろう! 僕の生徒さんの85%が短期間で打撃成績の大幅アップを達成!

TeamKazオンデマンド野球塾 パソコンの方はこちらをクリックしてください。