タグ「ルール」が付けられているもの

不正投球が0%にならないメジャーリーグ

最近野球ニュースで、メジャーリーグの不正投球疑惑がスポットを浴びていますね。ほぼすべての投手は不正はしていないと言えますが、でもそれが100%ではないことは確かではないでしょうか。アメリカでは、昔から日本以上に不正投球が行われるケースがあります。

不正を行えないようにする、紛らわしい行為ができないようにするという意味合いでも、ピッチャーが使えるグラブの色には厳しい規定があります。例えばボールの色と被るホワイトやグレーのグラブを使うことはルール上禁止されています。グラブとボールの色が同じだと、紛らわしい行為をしてないかどうかが審判から見にくくなってしまうためです。

ちなみにアマチュア野球の場合は縁取り、レース、縫い糸を除いた革の部分は一色でなければならない、と規定されています。一方女子プロ野球では女子野球人気を高めるという意味合いもあり、柄物であったり、カラフルなグラブを利用することも認められています。

不正投球の種類

ピッチャーの不正投球を防ぐためにいくつかのルールが作られてきたわけですが、しかしそれだけでは100%防ぐことができなかったというのが現状なのでしょう。

ルールブックでは主に以下のようなことが禁止されています。

  • シャインボール:ボールを摩擦してすべすべにしたもの
  • スピットボール:ボールに唾液をつけたもの
  • マッドボール:ボールに土をつけたもの
  • エメリーボール:サンドペーパーでざらざらにしたボール
  • スカッフボール:爪などでわざと傷付けられたボール

とにかく投手は余計なものを所持することが許されていません。例えば怪我をしていても、指に絆創膏を貼って投球することは禁止されています。そしてポケットに入れて良いものはロジンバッグのみです(雨の日)。

ルールを知らない投手は汚れたり濡れたりしたボールをユニフォームでゴシゴシ拭いてしまうことがありますが、これもルール違反です。ピッチャーは手のひら以外でボールを擦ることは禁止されています。

指先をペロっと舐める外国人投手が多い理由

このように明確なルールが設けられているにもかかわらず、例えば日本にやってきた助っ人ピッチャーによく見られるのが、指先をペロッと舐める行為です。ただ、ボールに直接的に唾を付けているわけではないため、日本のプロ野球でもこの行為はスルーされています。しかし間接的に唾がボールに付くということを考えれば、厳密には不正投球にあたります

しかしこの行為は、メジャーリーグで利用されている公式球にも原因があります。メジャーリーグの公式球は日本プロ野球の公式球よりも僅かに大きくて、なめしも甘いため滑りやすいんです。滑ってデッドボールを当てて大乱闘になるよりはマシ、ということもあり、メジャーリーグでは指先を舐める行為は許されているという背景があります。

日本の公式球はなめしがしっかりとしているため、メジャーの公式球のように滑りやすいということはありません。しかしメジャーでプレーしてきた際の習慣なのでしょう、指先をペロッと舐める外国人投手は未だに多いように感じられます。

野球がスポーツである限りは、やはりルールに乗っ取って正々堂々対戦すべきです。ルールの抜け穴を探す暇があるなら、もっと練習しろ!という話なわけです。

ちなみに最近はあまり見なくなっていたのですが、その昔は帽子のひさしの裏に松脂を塗っておいて、そこを触りながら投げる投手たちがいました。もちろん完全な不正投球なわけですが、こういう選手たちはバレないように細心の注意を払っていたと言います。

ホントに、そんなことに注意を払うくらいならもっと頑張って練習しろ!と言いたくなりますよね(苦笑)

ここ最近、菊池雄星投手の松ヤニ使用疑惑がメジャーリーグで取り沙汰されていますが、僕個人としては「今更」という感を否めません。もちろんルール上は使用してはいけないですし、そのルールが存在する以上は使用すべきではないと思います。しかし実際には、バレないようにこっそり使っている投手は少なくありません。


MLBで使用されているローリングスの公式球は、NPBの公式球よりも滑りやすいんです。僕自身このボールを何度も扱ったことがあるのですが、公式球じゃなくても、日本の普通の硬式球と比較をしてもMLBの公式球はけっこう滑るんです。ロジンを使ってもグリップ力が増したという実感は、僕個人としては強くはありませんでした。

メジャーリーガーの多くも、実はMLBの公式球は滑りやすいと実感しています。決してメジャーリーガーの好みで使われているわけではありません。MLBはアメリカのリーグ、だからアメリカのメーカーであるローリングスのボールを使いたい、という事情があるのかもしれませんね。

僕はいつも不思議に思っていることがあります。バッターはバットがすっぽ抜けないように、そしてグリップ力を上げて強い打球を打てるようにパインタールなどを塗って、グリップをベトベトにさせることができます。しかしピッチャーが使えるのはロジンだけで、唾を使って指先の湿度を上げることさえルール上は許されていません。バッターはOKなのに、ピッチャーはNG。なんてピッチャーに不利なスポーツなんでしょう!

日米問わず、野球は試合時間の短縮を目指して色々な施策を試みています。しかし試合時間を最も伸ばしている要因はなかなか増えないアウトカウントです。なのに経営側は少しでもホームランを増やして観客動員数を増やそうとしています。やっていることにまったく一貫性がありません。もう少しピッチャーに有利なルール緩和があれば、試合時間はもっと簡単に短縮できるはずです。そういう意味でも、僕はピッチャーの滑り止め利用に関するルールをもう少し緩和すべきだと考えています。

さて、今回菊池雄星投手は帽子の庇の裏側に松ヤニを付けていると報道されました。でもここに松ヤニを付けたとしても、親指にしか使うことはできません。しかし親指に滑り止めを付けても直球・変化球ともに球質を上げることはできません。庇の表側にも付いていたのでしょうか?もしそうなら人差し指と中指にも使えますので、球質を向上させることも可能だとは思います。

ちなみにメジャーのバッターたちは、ピッチャーが松ヤニやそれっぽいものを使っているのを発見しても「ルール違反をするな!」とは言えないんです。自軍のピッチャーも使っているからです。このような状況ですので、ある程度はもう解禁しちゃってもいいのでは?というのが僕の個人的な意見です。
今世間では甲子園が熱いようですね。実のところわたしはほとんど甲子園は見ていないのですが、時々報道されている球数に関しては非常に気になっています。甲子園にも球数制限を導入すべきだ、という声もたくさんあるようですが、わたしもそれに賛成です。学生野球での球数制限は、できる限り早く、ガイドラインではなく厳密なルールとして導入すべきだと思います。

日本では一人の投手が何百球もの熱投を繰り広げると、それが美談として語られる風潮があります。しかし我々野球の専門家からすれば、これには違和感しか覚えません。そもそも100球投げるだけでも相当な体力を消耗するのです。それがこの炎天下の中となれば、球児の体にどれだけの負荷がかかっているのか、我々のようなスポーツの専門家じゃなくても簡単に想像できると思います。

球数制限の話になると、必ず部員の人数の話になります。強豪校であれば投手を何枚も用意できるから球数制限があっても問題ない、しかし部員が9人しかいない場合はリリーバーを用意できないから平等性が損なわれるという論点です。しかしわたしに言わせれば、部員が9人しかいないのなら、9人全員が投手をできるように指導すれば良いだけの話です。まったく不平等にはならないと思います。しかしそのための指導ができない?これに関しては単に監督の修行不足というだけですので、できる人間が監督をやるべきでしょう。

そもそも平等性を問いたいのであれば、まずは野球留学などの越境入学を全廃させるべきではないでしょうか。それもできないような連盟が不平等性を唱えても説得力がないようにわたしには感じられます。

果たして大事なのは体裁を守るための平等性なのでしょうか?わたしが思うに最も大切なのは、球児の健康だと思います。まだ体が完成し切っていない高校生にこれだけの球数を投げさせるというのは、それこそ平等性に欠けているように思います。本当に平等性を問いたいのであれば、捕手にも内野手にも外野手にも投手としての責任を分配すべきではないでしょうか。一人の高校生がすべての試合で投手としての責任を負わされる、これこそ不平等とは言えないでしょうか。

かつて甲子園を沸かせたスーパー高校生の中で、10年も20年もプロで怪我をせずに投げ続けられた投手は果たして何人いますか?近年だけを見ても、甲子園で尋常ではない球数を投げた投手たちの多くがプロ入り後に怪我に悩まされています。高校野球は教育の一環のはずです。それがいつの間にか勝利至上主義になってしまい、投手を育てる能力のない監督にエースピッチャーが酷使されてしまうという状況が続いています。

確かに高校野球の場合、絶対的なエースがいるだけでトーナメントを勝ち上がりやすいという状況があります。しかし有能な監督であれば、野手をリリーバーや先発二番手に育て上げることは難しいことではありません。高校野球は長くても2年半程度しかありません。この短い期間で選手が育つのを待っていてはダメなのです。

3〜4年あれば待っていてもいいのかもしれません。しかし中学を卒業したばかりからの2年半を待ってしまっては、あっという間に高校野球は終わってしまいます。だからこそ監督はもっとコーチングに関し修行を積み、ある程度のピッチャーであれば1〜2年で何人でも育てられるだけの能力が必要なのです。

わたし自身は高校野球の指導者にはまったく興味がないため、どこかの学校でコーチや監督を務めることは今後も一切ないと思います。しかしどこかの学校の監督やコーチから相談されれば、怪我をしにくい投手の育て方をアドバイスすることはできます。監督やコーチが自ら修行することができないのであれば、わたしたちのようなプロのコーチの力を借りるというのも一つの手段なのではないでしょうか。

ちなみにそれは元プロのコーチという意味ではなく、野球経験は問わず、野球のコーチングを専門的に学び身につけているコーチのことです。一般的には想像しにくいかもしれませんが、野球のコーチに必ずしも野球経験は必要ないのです。コーチングスキルさえ持っていれば、例え自分自身は野球が下手くそだったとしても、良い投手を育てることができるのです。もちろん野球経験があるに越したことはないわけですが。

プロ野球では今季から二段モーションがルール上解禁されました。2005年に国際標準に合わせるという理由で新設された二段モーションルールでしたが、実際のところ、この時日本で禁止された二段モーションは国際試合でボークになることはほとんどありません。MLBなどの試合を見ていても、もっと個性的で不思議な投げ方をする投手がたくさんいます。もし本当に国際試合で日本的な二段モーションが禁止されていたら、メジャーリーガーの多くがフォーム改善を余儀なくされて大きな問題となっていたでしょう。


国際試合では確かに二段モーションは禁止されています。でも日本のように、非軸脚を二度挙げする動作そのものは禁止されておらず、二段モーションとは投球動作中に一時停止を入れるモーションだと考えられています。つまり一時停止さえしていなければ、非軸脚を何度挙げ直してもいいわけです。

例えば日本にもブライアン・シコースキー投手という、変わったフォームの投手がいました。シコースキー投手は完全に非軸脚を二度挙げしています。日本的な二段モーションで言えば厳密にはボークになると思うのですが、シコースキー投手がモーションの改善を求められることはありませんでした。一方涌井秀章投手などはこれまで、毎年のように二段モーションではないかと指摘されています。

国際的なルールにおける二段モーションとは、上述したように投球動作中に一時停止が入ることです。例えば非軸脚を振り上げて、軸脚一本で何秒間もバランス良く立つ動作はオンバランスと言い、一時停止している動作だと見なされます。昔の高校野球漫画で、一本足打法のあすなろ君を崩すため、京本投手が軸脚一本で何秒間も立つというシーンが描かれていましたが、これは完全にボークとなります。

国際ルール的にはオンバランスにならなければ二段モーションにはなりません。野球ルールブックのオリジナルは英語であるわけですが、その英語が日本で誤訳されてしまうことが少なくありません。例えばスナップスローも手首を使ってピュッと投げるモーションではなく、テイクバックを取らずに投げるモーションのことを言います。反対にテイクバックを取る投げ方はフルアームスローと言います。

もしかしたら二段モーションに関しても誤訳や誤解があったのかもしれませんね。そして二段モーションにするとタメを作れると言われていますが、これはオンバランスにならないことが絶対条件となります。オンバランスになってしまうとそれ以前の動作で作り出したエネルギーがすべてなかったことになり、球威・球速をアップさせることはできません。

確かに非軸脚を二度挙げすることでタメを作りやすくはなるのですが、二度挙げすることそのものがタメを生むわけではありません。二度挙げはあくまでもタメを作り出すキッカケとなる動作です。そこを間違ってしまうと球速アップどころか、股関節の使い方が浅くなって手投げになってしまうため注意が必要です。