「エンタイトルツーベース」を英語で言えますか?

トップページ > 野球用語×英語 計85語句 > 「エンタイトルツーベース」を英語で言えますか?

「エンタイトルツーベース」を英語で言えますか?

滅多に出るプレーではありませんが、それでもプロ野球であっても年に1~2回はエンタイトルツーベースをテレビで見かけることがあるかもしれません。特に外野フェンスが低い地方球場で試合をしている時などは。エンタイトルツーベースとは、フェアゾーンでバウンドした打球がそのままホームランエリアに入ってしまうと二塁打扱いになるというルールのことです。英語で書くと entitle two-base hit となるわけですが、でもこの言葉、アメリカでは使われてはいません。つまり和製英語です。

アメリカにももちろんエンタイトルツーベースというルールはあるのですが、ground-rule double と言います。アメリカの球場は、日本の球場とは異なり外野フェンスがいろいろな形になっています。変な角があってそのクッションの繋ぎ目にボールが入り込みやすくなっていたり、フェンスがツタで覆われていたり。

そのためエンタイトルツーベースも、ルールがまさにグラウンドによって全然違うことがあるんです。entitle とは「資格を与える」という意味で、エンタイトルツーベースは「二塁打の資格を与えられる」という意味になります。ですがアメリカの場合は様々なグラウンド形態があるため、エンタイトルツーベースはグラウンドルール(球場ごとに設定されたルール)で判断されます。ですのでエンタイトルツーベースとは呼ばず、ground-rule double と表現するわけです。

  • 日本語/エンタイトルツーベース
  • 英語/ground-rule double
  • グラウンドルールダブル


  • インスタグラムとかもチェックしてみてね!
    Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

    野球用語×英語カテゴリー
    その他の用語  ルール用語  作戦用語  守備用語  打者用語  投手用語 

    制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
    安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

    Copyright(C) 2010-2020
    Kazコーチのマンツーマン野球塾