バックネットの英語について書かれている野球用語×英語です。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

バックネット/backstop

キャッチャーの後方にあるネットのことを日本ではバックネットと言います。まさに後ろにあるネット、という意味ですね。しかしアメリカではバックネットとは呼ばず、backstop と呼びます。

日本の場合、スタンドの最前方にはバックスクリーン付近を除くほとんど球場一周に、防球ネットが張り巡らされています。ですので後方にあるネットのことをバックネットと呼ぶわけですが、アメリカの野球場にはバックネットしか張られていないんです。他の内野スタンド前方には防球ネットは張られていません。ですのであえてバックネットと呼ぶ必要はなく、backstop と呼ばれています。ちなみに他のスポーツでもこのようなネットは backstop と呼ばれます。

ですが近年、メジャーリーグ観戦者にファールボールが直撃するという事故が続いているため、今後は内野エリアにも防球ネットを張る可能性をメジャーリーグは示唆しています。ちなみに選手会側は、内野エリアにも早急にネットを張るべきだという意見であるようです。

確かに防球ネットが多すぎるとエキサイティング度合いが減ってしまうかもしれませんが、子どもやお年寄りも安心して野球観戦ができるように、やはり内野エリアにも日本のようにネットはあった方がいいのかもしれませんね。

日本語/バックネット
英語/backstop
読み方/バックストップ



Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube

野球用語×英語カテゴリー
その他の用語  ルール用語  作戦用語  守備用語  打者用語  投手用語 
Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング

【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾