金属バット,高校野球について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

高校野球でよく飛ぶ金属バットが使えなくなる可能性が浮上

  • 日本のバットはアメリカのバットよりも安全性が高い
  • 金属バットはトランポリン効果で飛距離を出している
  • 日本はバッターが育たない下地が敷かれている

日本の硬式用金属バットの規格が今後変わる可能性が出てきました。現在はいわゆる良く飛ぶ金属バットの利用も認められているのですが、今後は反発係数を抑えることによってバットの規格を木製バットに近づけていく可能性が話し合われているようです。これは歓迎すべきことだと思います。

日本のバットはアメリカのバットよりも安全性が高い

アメリカではすでに、反発係数を木製バットに近づけた金属バットしか使えないルールになっています。ですがアメリカのやり方をそのまま真似ることはできません。と言うのは、アメリカではバットの安全性に関する規格が日本よりも甘いためです。もちろん、だからと言ってアメリカの金属バットが危険というわけではないのですが、万が一何かあった時の安全性は日本の方がずっと高いと言えます。

例えば日本では、適正用途内で使っていてバットの不備で怪我をした場合、完全に補償してもらうことができます。グリップ付近にそれに関するシールが貼ってあると思いますので、アマチュア選手はぜひチェックしてみてください。ちなみにプロ選手にはこの補償は適用されません。

金属バットはトランポリン効果で飛距離を出している

金属バットはトランポリン効果によって飛距離を出しています。ボールとバットが当たった瞬間にバットが少し凹むのですが、この凹みが元に戻る反発力によって打球を飛ばす仕組みになっています。つまりバットを形成している金属を薄く作るほど凹みが大きくなり、それに比例して反発力も高くなり遠くまで飛ばせるという結果につながっていきます。

現時点では高校生用の金属バットは900g以上と決められています。つまり900gを下回るほど金属を薄くすることができないということになります。今後この900gをもう少し重くして、さらには直径の最大も少し小さくすることによって金属を厚くさせ、飛距離を抑えるという流れになっていくようです。

日本はバッターが育たない下地が敷かれている

近年でも投手が頭や顔に打球を受けて骨折するという事故が起こっています。このような事故は確実に減らしていかなければなりません。当たってしまった投手も悲劇ですし、当ててしまった打者にとっても悲劇です。ちなみに智弁和歌山高校は、国体では試合でも木製バットを使うという試みを行うそうです。これは非常に良いことですね。どの高校もそうするべきだと思います。費用面で木製バットを使いたくないのなら、バンブーやカーボナイズドなど、折れない木製バットを使えばいんです。カーボナイズドバットは折れない上に、価格も通常の木製バットの半額ほどです。

近年は高校生でも筋トレによって飛距離を伸ばそうとする選手ばかりになってしまいました。そのためメジャーリーグで通用するバッターもまったくと言って良いほど育っていません。日本はそれでなくてもビヨンドなどの軟式用複合バットの存在によってバッターが育たない下地が敷かれてしまっています。バッターを育てるためには、やはり丈夫で扱いにくいバンブーやラミバットで練習するのが一番です。ホームランを打つ技術を身につけられれば、バンブーでもラミでもちゃんとホームランを打てるようになるんです。でもその技術がないから、金属バットの性能に頼らざるを得ないというのが現状なのだと思います。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム つま先が開くとアウトサイドインになって打率が下がる
次のコラム 頭を移動させないで打つことと体重移動は相容れない動作

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾