TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 習志野vs星稜、サイン盗み有無の真実と考えられる可能性

習志野vs星稜、サイン盗み有無の真実と考えられる可能性


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

今年の選抜大会、習志野高校vs星稜の試合で、サイン盗みが大きな話題となりました。結論から言って、僕は流石にサイン盗みはなかったのではと考えています。大会ガイドラインにはもちろん記されていて、全チーム大会前に目を通しているはずです。そして99年以降、サイン盗みや紛らわしい動作は行わない、というガイドラインは高校野球では常識になっているはずです。しかも全国中継されている甲子園です。このような状況でサイン盗みは流石にしないのではないでしょうか。


星稜の監督さんは「証拠のビデオがある」と仰っていましたが、証拠があるのであれば提示すべきでしょう。今後その証拠を提示するのか、それとも穏便に事を収めるのかは現段階では何とも言えません。しかし本当に証拠能力のある証拠ビデオをお持ちなのであれば、これは習志野高校のスポーツマンシップに関わる大問題となり、この試合の習志野高校の勝利の価値もなくなってしまうというものです。ですので本当に習志野高校がガイドラインを破ったという証拠があるのであれば、習志野高校は然るべき処分を受けるべきですので、そのビデオを然るべき場所に提出すべきだと思います。

星稜の監督さんは、審判が協議した4回以降も習志野高校がサイン盗みを続けていたと仰っていますが、しかし審判団は二塁走者に注視した4回以降、疑わしい動きは見られなかったと断言しています。二塁走者の動きに関しては、きっと各テレビ局が徹底検証すると思いますので、そちらにお任せしたいと思います。

サイン盗みであったり、審判がジャッジをする前にベースコーチがセーフのジェスチャーをすることは、ガイドラインで禁止されています。ただ、厳密にルール化されているわけではありませんので、破ったとしても審判に口頭で注意される程度だと思います。

星稜の監督さんはしきりに習志野高校がサイン盗みを続けていたと仰っていますが、やはり僕は行なっていなかったと思います。疑わしい動きがあったとすれば、攻撃側でサイン確認を行っている際に、二塁走者が何らかの形で「了解」のサインを出し、それがサイン盗みを行なっていると思われてしまったのではないでしょうか。もちろん憶測でしかないわけですが、最も可能性の高い例としては十分考えられることだと思います。

さて、今回の出来事で僕の記憶に最も強く残ったのは、審判団がこの件について会見をした際、審判団が「星稜側から特別な要望が出ていない現段階ではサイン盗みはなかったというのが最終判断」と言った際、ある記者の「(再検証を)今までやったことがないからといって、ほったらかしにするんですか?」という言葉です。スポーツ担当記者のくせに、スポーツマンシップの欠片もない記者だなぁとガッカリしてしまいました。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾