サイドスローで球速アップについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 球速アップを目指すならサイドスローかロースリークォーター

球速アップを目指すならサイドスローかロースリークォーター

  • 人間の軸は立っているからサイドスピンの方がやりやすい
  • サイドスローでもバックスピンストレートは投げられる
  • 球速をアップさせるならサイドスローが最適
  • 球速アップは筋力ではなく動作改善で目指そう


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

意外と思われるかもしれませんが、スピードガンの球速表示を出したい場合、実はサイドスローが一番球速がアップしやすいんです。一昔前であれば「サイドスロー=技巧派」というイメージも残っていましたが、しかしサイドスローのメカニクスを理解すると、どんどん球速をアップさせることができるんです。例えばメジャー屈指の速球派だったランディ・ジョンソン投手も、トム・ハウスコーチとの動作改善後はサイドスローで投げていましたね。

人間の軸は立っているからサイドスピンの方がやりやすい

人間の運動軸というのは基本は立っています。厳密ではないわけですが、だいたい背骨が軸になると考えてください。背骨は常に立っていますので、やはりボディスピンは横回転で回した方が鋭くなるんです。バットスウィングだって、餅つきのようにバットを振るよりも、上向きの扇風機のように振った方が鋭く振ることができます。ただ、僕のコーチングでは縦回転、横回転のどちらかではなく、両方使うことを推奨しています。

人間の軸は立っているため、サイドスピンの方がスムーズに動ける、だからサイドハンドスローの方が球速がアップしやすいんです。ただし、ほぼサイドスローに見えるロースリークォーターが実は一番かもしれません。その理由は、サイドスローよりもロースリークォーターの方がリーディングアームのスクロールを強く使いやすいので、球速を上げながらもスローイングアームへの負荷を抑えられるようになります。

サイドスローでもバックスピンストレートは投げられる

僕は「火の玉ストレート習得クリニック」で球速アップに関するコーチングも行っているのですが、多くの方がオーバーハンドスローの方が球速が上がると考えているようです。もちろんオーバースローでも球速は上がるわけですが、オーバースローの最大のメリットはそこではなく、どちらかと言えばバックスピンの回転角度を立てやすく、伸びのあるストレートを投げやすい、という点になります。

と言うと、サイドスローではボールの回転がサイドスピンになりやすいと思われるかもしれませんが、そうではありません。確かに技術がない、もしくは知らない投手がサイドスローで投げてしまうとストレートもサイドスピンになってしまい、伸びのあるストレートを投げることはできません。しかし股関節の使い方を覚えてエクステンションを伸ばせるようになると、サイドスローで投げてもボールにはきれいなバックスピンがかかるようになります。

球速をアップさせるならサイドスローが最適

制球難のオーバースローの投手が、時々制球力向上を狙ってサイドスローに転向しているのを見かけます。しかしこれは多くの場合で考え方が間違っています。オーバースローでコントロールが悪い投手が、サイドスローにすることによってコントロールが良くなることはほとんどありません。もちろん0ではありませんが、非常に稀だと言えます。球速をアップさせたいからサイドスロー気味にしてみる、というのであれば論理的なのですが、制球力を乱すメカニクスは腕の高さにあるわけではありません。

球速をアップさせたいという目標において、サイドスローへの転向も厭わないのでしたら、僕は個人的にはサイドスロー、もしくはロースリークォーターを推奨します。ただし、もちろんオーバースローでは球速が上がらないということではありません。もし今オーバースローで球速を上げられる技術を持っていないようでしたら、オーバースローで球速をアップさせる技術を学んでからサイドスローに転向しても遅くはありません。

球速アップは筋力ではなく動作改善で目指そう

球速アップは筋力ではなく、動作改善によって行うべきです。僕のコーチングを受けていただくと、球速は目に見えてアップしていきます。しかしそのために重要なのは、球速が上がらなかった今までの投げ方は一度忘れて、球速がアップしやすく、かつ怪我もしにくくなる動作を学び、それをできるように練習していく、ということです。知識を持っただけでは球速はアップしませんが、しかしそれができるようになると球速は目に見えて5キロ、10キロとアップしていきます。

ぜひ一度「火の玉ストレート習得クリニック」を受講してみてください。球速をアップさせるための動作改善方法を具体的、理論的、かつわかりやすくお伝えさせていただきます。ビデオで動作解説をしながらのコーチングになりますので、球速をアップさせるための方法だけではなく、なぜ今まで球速がアップしなかったのか、ということまで学ぶことができます。そしてもしオーバースローからサイドスロー、もしくはロースリークォーターに転向して球速をアップさせたいというご要望があれば、そのご要望に沿ったコーチングを行うこともできますので、ぜひお気軽にご相談ください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ドライブライン・ベースボールみたいな指導を受けてみよう
次のコラム 野球でよく行う走り込みのメリットとは?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾