球数制限について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 学生野球には1日も早く球数制限が導入されるべき

学生野球には1日も早く球数制限が導入されるべき


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
今世間では甲子園が熱いようですね。実のところわたしはほとんど甲子園は見ていないのですが、時々報道されている球数に関しては非常に気になっています。甲子園にも球数制限を導入すべきだ、という声もたくさんあるようですが、わたしもそれに賛成です。学生野球での球数制限は、できる限り早く、ガイドラインではなく厳密なルールとして導入すべきだと思います。

日本では一人の投手が何百球もの熱投を繰り広げると、それが美談として語られる風潮があります。しかし我々野球の専門家からすれば、これには違和感しか覚えません。そもそも100球投げるだけでも相当な体力を消耗するのです。それがこの炎天下の中となれば、球児の体にどれだけの負荷がかかっているのか、我々のようなスポーツの専門家じゃなくても簡単に想像できると思います。

球数制限の話になると、必ず部員の人数の話になります。強豪校であれば投手を何枚も用意できるから球数制限があっても問題ない、しかし部員が9人しかいない場合はリリーバーを用意できないから平等性が損なわれるという論点です。しかしわたしに言わせれば、部員が9人しかいないのなら、9人全員が投手をできるように指導すれば良いだけの話です。まったく不平等にはならないと思います。しかしそのための指導ができない?これに関しては単に監督の修行不足というだけですので、できる人間が監督をやるべきでしょう。

そもそも平等性を問いたいのであれば、まずは野球留学などの越境入学を全廃させるべきではないでしょうか。それもできないような連盟が不平等性を唱えても説得力がないようにわたしには感じられます。

果たして大事なのは体裁を守るための平等性なのでしょうか?わたしが思うに最も大切なのは、球児の健康だと思います。まだ体が完成し切っていない高校生にこれだけの球数を投げさせるというのは、それこそ平等性に欠けているように思います。本当に平等性を問いたいのであれば、捕手にも内野手にも外野手にも投手としての責任を分配すべきではないでしょうか。一人の高校生がすべての試合で投手としての責任を負わされる、これこそ不平等とは言えないでしょうか。

かつて甲子園を沸かせたスーパー高校生の中で、10年も20年もプロで怪我をせずに投げ続けられた投手は果たして何人いますか?近年だけを見ても、甲子園で尋常ではない球数を投げた投手たちの多くがプロ入り後に怪我に悩まされています。高校野球は教育の一環のはずです。それがいつの間にか勝利至上主義になってしまい、投手を育てる能力のない監督にエースピッチャーが酷使されてしまうという状況が続いています。

確かに高校野球の場合、絶対的なエースがいるだけでトーナメントを勝ち上がりやすいという状況があります。しかし有能な監督であれば、野手をリリーバーや先発二番手に育て上げることは難しいことではありません。高校野球は長くても2年半程度しかありません。この短い期間で選手が育つのを待っていてはダメなのです。

3〜4年あれば待っていてもいいのかもしれません。しかし中学を卒業したばかりからの2年半を待ってしまっては、あっという間に高校野球は終わってしまいます。だからこそ監督はもっとコーチングに関し修行を積み、ある程度のピッチャーであれば1〜2年で何人でも育てられるだけの能力が必要なのです。

わたし自身は高校野球の指導者にはまったく興味がないため、どこかの学校でコーチや監督を務めることは今後も一切ないと思います。しかしどこかの学校の監督やコーチから相談されれば、怪我をしにくい投手の育て方をアドバイスすることはできます。監督やコーチが自ら修行することができないのであれば、わたしたちのようなプロのコーチの力を借りるというのも一つの手段なのではないでしょうか。

ちなみにそれは元プロのコーチという意味ではなく、野球経験は問わず、野球のコーチングを専門的に学び身につけているコーチのことです。一般的には想像しにくいかもしれませんが、野球のコーチに必ずしも野球経験は必要ないのです。コーチングスキルさえ持っていれば、例え自分自身は野球が下手くそだったとしても、良い投手を育てることができるのです。もちろん野球経験があるに越したことはないわけですが。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 制球力を安定させるためには、まずは目線を安定させよう!
次のコラム 投手のストレートがシュート回転する原因とその改善方法
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾