TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 【動画】オープンスクワット〜内転筋を鍛える

【動画】オープンスクワット〜内転筋を鍛える


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾


オープンスクワットは内転筋を鍛えるためのスクワットです。まずつま先をだいたい180°くらいまで開き、つま先の方向に膝を入れるような意識で上下運動を行います。パラレルスクワット同様、股関節で下りて股関節で上がっていき、猫背にはならないようにします。

一番下がった時、膝がかかとの真上に来るくらいの広さで足を広げてください。

内転筋は投球動作時の踏ん張りを強くしてくれたり、上半身の突っ込みを抑えてくれたり、並進運動をゆったりさせタメを作ってくれたり、とにかくピッチャーにとって非常に重要な筋肉なのです。パラレルスクワットではなかなか鍛えられない部位ですので、オープンスクワットによって内転筋もしっかり鍛えられるようにトレーニングを行っていきましょう。
TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾