オープンスクワット,内転筋について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2015年11月04日

【動画】オープンスクワット〜内転筋を鍛える

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング



オープンスクワットは内転筋を鍛えるためのスクワットです。まずつま先をだいたい180°くらいまで開き、つま先の方向に膝を入れるような意識で上下運動を行います。パラレルスクワット同様、股関節で下りて股関節で上がっていき、猫背にはならないようにします。

一番下がった時、膝がかかとの真上に来るくらいの広さで足を広げてください。

内転筋は投球動作時の踏ん張りを強くしてくれたり、上半身の突っ込みを抑えてくれたり、並進運動をゆったりさせタメを作ってくれたり、とにかくピッチャーにとって非常に重要な筋肉なのです。パラレルスクワットではなかなか鍛えられない部位ですので、オープンスクワットによって内転筋もしっかり鍛えられるようにトレーニングを行っていきましょう。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 【動画】パラレルスクワット〜太腿を鍛える
次のコラム 【動画】カーフレイズ〜ふくらはぎを鍛えよう

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾