スライダー回転について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年10月05日

ボールがスライダー回転してしまう際の簡単な改善方法

プロ野球選手養成コース
プロ野球選手養成コースが新登場しました!
今まで、Coach Kazのコーチングを受けたかったのに東京まで行くことができず断念されていた方、 プロ野球選手養成コースなら全国どこからでもCoach Kazのコーチングを受けられます!
プロ野球選手養成コースの詳細ページ

ボールがシュート回転することに悩んでいる選手と同じくらい、きっとスライダー回転してしまうことに悩んでいる選手がいると思います。ボールがスライダー回転してしまうことにはいくつもの原因が考えられる訳ですが、今回はその中でもすぐに改善できるものを一つご紹介したいと思います。

これは特に手の小さい小学生選手に多いのですが、ボールを握った際に、親指の位置が人差し指側にずれてしまっていることが多いのです。本来親指を人差し指側にずらすというのは、ツーシームでシュートやシンカーを投げる際の握り方です。しかし意図してシュート回転のボールを投げていない時にこの握り方をしてしまうと、リリース時に前腕〜手首にかけて必要以上に回内しやすくなり(本来は肩関節を内旋させる)、さらにストレートのリリースポイントまで待てずにボールをリリースせざるを得ない形になってしまうため、スライダー回転になってしまうのです。

不思議ですよね。シュートを投げる握りなのにスライダー回転になってしまうなんて。しかしシュートを意図しているか否かで、実際に投げられるボールの回転は大きく変わってしまうのです。

野手の場合はほとんどの選手はボールがシュート回転してしまいます。これも素早く投げる際、親指が人差し指側にずれてしまっていることが一つの原因となっています。送球の場合は、投球よりもボールを顔の前でリリースしやすくなるため、野手の場合はシュート回転になるのです。

キャッチボール・投球時のスライダー回転や、野手のシュート回転を改善させるためには、まずは親指の位置をチェックしてみてください。指1本分弱広げた人差し指と中指の真裏に親指が来ていれば大丈夫です。軟式球の場合はボールに必ず赤道が付いているはずなので、チェックしやすいですね。キャッチボールの際から、常にこの赤道に沿ってボールを握るように癖づけていってください。

意図せずボールがスライダー回転してしまう投げ方は、肩肘に大きなストレスを与えてしまいます。故障しにくい投げ方を覚えるためにも、まずはボールの握り方が大切なのです。良い回転のボールを投げるための基礎として、ボールは赤道に沿って握るようにしてください。


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 長身投手が大成するために必要な技術
次のコラム 投球動作は多数の細かい動作を連結させて作るもの

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾