Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年05月10日

筋肉が硬くて肘が上がらない場合の改善方法



投手がボールを投げる際、肘が下がって良いことは一つもありません。それは皆さんよく御存じだと思います。ストレートの威力は低下し、肩肘を痛める大きな原因にもなります。ではなぜ肘は下がってしまうのでしょうか?その理由はいくつもあります。今回はその中でも筋肉の硬さについて書き進めてみたいと思います。

投球モーションは理想的で、上肢がリラックスできていても、どうしても肘が下がってしまう投手がいます。このような状態にある投手の多くは、ある部位の筋肉が硬い場合が非常に多いのです。その部位とは上腕二頭筋と、上腕三頭筋です。特に上腕三頭筋が硬い場合、コッキング以降の動作で肘が下がりやすくなります。そして上腕二頭筋が硬い場合は、レイトコッキングからアクセラレーションにかけて肘が下がりやすくなります。

皆さん、上腕三頭筋に関してはよくストレッチングされていると思います。肘を曲げて腕を頭の横に上げ、反対の手で背中側に押すストレッチング、これは皆さんやりますよね。でも上腕二頭筋のストレッチングってされていますか?きっとされていない方の方が多いと思います。このような現状が多いため、投球動作の観察をしていても、アマチュア選手の場合はレイトコッキング以降で肘が下がる投手が多く見受けられます。

ということで、上腕二頭筋のストレッチングのやり方をここで確認しておきましょう。とても簡単です。腕を伸ばし、真横に肩の高さまで上げてください。そこから肩関節を内側、外側にゆっくり回転させる動作を数回繰り返してください。この時反対の手で上腕二頭筋を触りながら動かすと、上腕二頭筋が伸びていることを確認できると思います。非常に簡単なストレッチングではありますが、日常的にされている方は少ないのではないでしょうか。

もし肘が適正な位置まで上がらず悩んでいる方は、4~8週間かけて上腕二頭筋と上腕三頭筋のストレッチングを続けてください。筋肉の硬さが原因で肘が上がらない投手の場合、これによって動作は改善されていくはずです。しかしこれを続けても改善しない場合は他に理由があると考えられますので、Littlerockheartにお気軽にご相談ください。

コッキング・・・テイクバックの最深部からトップポジションにかけて、投球腕を挙上させる動作
レイトコッキング・・・ステップする足部が着地した以降のコッキング動作
アクセラレーション・・・トップポジションからリリースまでにかけて、腕を加速させる動作



野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


Littlerockheart は個別指導タイプの野球教室(野球塾)
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球教室の Littlerockheart です。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは実質無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:肘が下がる
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 肘を痛めにくい適切なシュートボールの投げ方
次のコラム ラギングバックで生み出す投球時の腕のしなり

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.