球数制限について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 球数制限に一定効果はあるも根本的な解決にはならない

球数制限に一定効果はあるも根本的な解決にはならない


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック
WBCなどの国際大会、小学生リーグなど、球数制限を定めているリーグはいくつも存在しています。ですがCoach Kazのマンツーマン野球塾では球数制限には選手を守る一定の効果はあっても、根本的な解決には繋がらないと考えています。その理由は球数制限は、あくまでも試合で投げた球数であったり、試合で投げたイニング数のみを数えているからです。

例えば2回戦であまり良い勝ち方ができなかった投手は、3回戦の前にたくさん投球練習をして、今度は良い内容で勝ちたいと考えます。すると時に、その練習時の球数が疲労として蓄積されてしまうのです。投手の疲労は球速が低下すれば分かる、と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかしそれは誤りです。投手とは本能的に、いつもより球が走っていない時はいつも以上に上半身に力を入れて投げてしまうのです。投手によっては肩が軽い日よりも、調子が悪い日の方が力を入れて投げている分球速が出ることもあるのです。

球数制限は投手の肩を守るための一定の効果はあると思います。ですが根本的にそれを解決するためには、やはり監督や投手コーチの投手を見る眼力を養わなければなりません。どんな投手であっても、スタミナ切れが近づくと必ずそれを知らせる変化が表れます。それを的確に見抜けなければ、投手に必要以上の無理を強いることになり、肩や肘を痛める大きな原因となってしまうのです。

小学生野球などでは特に、チームに一人しかストライクを取れる選手がいない場合、その選手ばかりが投手を務めるケースが少なくありません。しかも球数制限のないリーグのチームに限って、そのような状況であることが多いようです。小学生の体はまだまだ未熟です。その未熟な体に無理をさせてしまえば、当然肩肘を痛める結果になります。

スタミナ切れが近付いてきた時の症状は、投手によって様々です。急に制球が乱れるタイプ、下半身が浮き出すタイプ、腕の高さが変わり始めるタイプなど、それは指導者が投手一人一人をしっかりと観察し、見極めていく必要があります。今回のコラムは球数制限がテーマであるわけですが、例えば前回の試合で29球しか投げていなくても、次の試合までに練習で300球投げていたらそれは当然疲労として残るわけです。しかし試合では29球しか投げていないため、例えばWBCでの球数制限に引っかかることはありません(制限ルールはリーグや大会によって異なります)。

そのような理由から、Coach Kazのマンツーマン野球塾では球数制限には一定の効果はあっても、投手の肩肘を守る根本的な解決にはなっていないと考えているのです。疲労によって投手を壊さないためには球数制限以上に、指導者の投手を見る眼力が何より必要なのです。特に小学生という繊細な年代の選手を指導されている方は、誰よりもその眼力が必要だと言えます。

話を聞いていると、とにかく小学生で肩痛を抱える選手が非常に多いのです。試合で投げる度に病院に行っている選手もいるほどです。そのような悩みを抱えている選手が今よりも大幅に減っていかない限り、球数制限が根本的な解決法であるとは言えないわけなのです。ですが逆の見方をすれば優秀な指導者も多い一方、眼力がない指導者も多いからこそ球数制限を設けざるを得ない、という考え方もできます。

野球指導を行っている方で投手を見る眼力に自信のない方は、ぜひCoach Kazのマンツーマン野球塾にご相談ください。一緒に選手を見ることで、その選手がどのようなタイプであるのかをプロの目からアドバイスさせていただきます。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 考え方を間違うと効果がない体幹トレーニング
次のコラム 野球肘の改善に効果的なリハビリトレーニング
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾