インナリング,インナーマッスル,棘上筋

トップページ > 投手育成コラム > 棘上筋をコンディショニングするインナリング

棘上筋をコンディショニングするインナリング

棘上筋をコンディショニングするためのインナリング方法を解説しています。

棘上筋は4つのローテーターカフの中でも最も痛めやすいインナーマッスルです。肩痛を起こさないためにも、肩痛を改善させるためにも、ぜひインナリングの正しい方法をマスターしてください。

映像内に登場するピンク色のゴムバンドは、リージェントファーイーストの商品です。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 肘下がりは疲労だけではなくマウンド形状も原因に
次のコラム 投手が試合中の修正能力を高められる効果的な方法
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾