投手,腕,コンパクトについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ボールに縦の角度を付けようと腕を大きく使ってはいけません

ボールに角度をつけるため、腕を大きく使って投げるという指導法があります。しかしCoach Kazのマンツーマン野球塾のパーソナル投手コーチングでは、このような指導は行いません。それどころか真逆で、腕をコンパクトに振って投げるように指導を行っています。それはなぜなのか?

まず腕を大きく使って投げる投げ方を見ていきましょう。確かにストレートに大きな縦の角度があれば打者は打ちにくくなります。ですがそれは190cm以上あり、なおかつ上半身の力に頼って投げるためステップが比較的狭い外国人投手にのみ言えることなのです。190cm以上ある投手が狭いステップで高い位置からボールをリリースすれば、打者からするとまるで二階からボールを投げられたような感覚になります。これは確かに非常に打ちにくいのです。

ですが日本人投手の場合はほとんどは180cm前後です。最近では185cmを超える投手は多くありません。ということは、こう言っては何ですが、180cm程度の身長でストレートに縦の角度をつけようとしても、それはたかが知れているのです。その程度の角度では、思っているほど打者に脅威を与えることはできません。

打球が最も伸びる打ち方は、ボールを45°上方からバットで叩きバックスピンをかけられた時です。強いバックスピンがかけられるとマグナス力が働き、ボールは上方に向かって進んでいこうとします。すると打球はなかなか落ちてこなくなり、美しいアーチを描いてスタンドインするのです。これがホームラン打者特有のホームランの物理的解説となります。

180cm程度の身長の投手が無理にストレートに縦の角度を付けようとしてしまうと、良い具合にバットが45°で入りやすくなってしまうのです。つまり非力な打者にも長打を許してしまうという結果に繋がります。長打を防ぐためには、いかにして45°の入射角で打たせないかということに尽きます。

そのためにも180cm前後、もしくはそれ以下の投手の場合は、極端な例ですが北海道日本ハムファイターズの武田久投手のように、より低いところから伸びのあるストレートを投げる努力をした方が、打たれる確率を下げることができるのです。

腕を大きく使ってしまう投手は、肩痛・肘痛のリスクも高まります。そしてパフォーマンスも低下してしまいます。一流投手たちの投球動作を見て行っても、腕を大きく使っているように見えたとしても、実際に腕を大きく使って投げている投手はほとんどいません。武田久投手、ダルビッシュ有投手、野茂英雄投手など、大きく腕を使っているようにも見えますが、しかし実際には非常にコンパクトな腕の振りをしているのです。

もし練習をしてもなかなかパフォーマンスが向上しないと悩んでいる投手がいたら、腕をコンパクトに使えているかをチェックされてみるといいかもしれません。


前のコラム 投球動作には二次元投法と三次元投法がある
次のコラム 深過ぎるテイクバックはダメ?それとも大丈夫?
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾