投手,走る,必要,スタミナについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投手はなぜ誰よりも走らなければならないのか

投手はなぜ誰よりも走らなければならないのか


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

広島カープの豊田清投手が「投手は走ることが基本。走ることができなくなったということで引退を決断した」という言葉を残し現役を引退されました。投手は走ることが基本とはいつの時代でも言われていることですが、それはまさに事実です。もちろんマラソン選手のように走れる必要はありませんが、しかし走ってもすぐにバテてしまうような投手は、投手として大成することはないでしょう。

アマチュア投手を含め、とにかくたくさん走っている投手は大勢います。しかし走るということを勘違いしている投手が多いこともまた事実のようです。つまり、走ることで投手としてのスタミナがアップするという考えのもと、走っているのです。しかしそれは誤りです。走るだけでは"投手としてのスタミナ"は強化されません。

人間は走ることによりスタミナは間違いなくアップします。しかし人間としてのスタミナと、投手としてのスタミナは別物だと考えてください。まず人間は毎日継続して走る(有酸素運動)ことで、毛細血管を増やすことができます。毛細血管は運動をして、一度切れてしまうと決して元には戻らないわけですが、継続的な有酸素運動により、毛細血管そのものの数を増やすことが可能です。そしてその増えた毛細血管が疲れにくい、代謝の良い体を作り上げるわけなのです。ですがこれだけでは投手のスタミナがアップしたことにはなりません。

投手にとってのスタミナとは、長いイニングを投げても球威が衰えない体力のことを言います。つまり実際にたくさんのボールを投げなければ、投手としてのスタミナは強化されないのです。いくら走ったとしても、投手としてのスタミナはつきません。ではなぜ投手は走らなければいけないのか?それは、たくさんのボールを投げるという練習に耐えうる基礎体力を強化するためです。そうなのです、走ることで身につくスタミナは基礎体力のことなのです。

誰よりも高い基礎体力を持つことで、練習で200球300球(キャッチボールなども含め)を投げても徐々にへこたれない状態となります。そして定期的、継続的に200球300球を投げ続けることで、ボールを投げ続けるという投手としてのスタミナが強化されていくわけなのです。

逆に基礎体力がない状態でたくさんのボールを投げようとしても、100球に満たないうちに体は疲弊し、安定した動作でボールを投げることができなくなります。不安定な動作で不安定なボールを投げ続けても意味はありません。投手としてのスタミナは、安定した動作で安定したボールを投げ続けることで、初めて強化されるものなのです。そのためにも投手は人一倍走り、人一倍高い基礎体力が必要になるというわけなのです。

また、走ることは基礎体力だけではなく、精神的体力も鍛えることができます。やはり10kmも20kmも走るという練習は、精神的にきついものです。そのきつさに耐えていくことで精神的に強くなり、マウンドで打者と対峙しても気持ちで負けないようになります。

練習で300球投げられたとしても、試合で100球投げられるとは限りません。なぜなら試合はいつでも打者と対峙して投げなければならず、時には大ピンチを背負いながらの投球となります。すると精神的疲労が溜まり、それが投手としてのスタミナをどんどん消耗していってしまうからです。精神面から来るスタミナの消耗を軽減するためにも、走って走って精神力を強くすることも、投手には求められているのです。

投手にとって走ることは何よりも重要なトレーニングです。しかしそれも理解の浅いまま惰性的に行なっても高い効果は得られません。なぜ投手は走らなければならないのか?その理由をしっかりと理解した上で、しっかりと目的を持ち、適切な走り方で走るようにしましょう。適切な走り方とはつまり、リズムの良い動きで呼吸を整え、かかとの真ん中から着地し、足の裏の内寄りを経由し、母指球から走行方向に対し平行に足を抜き、またかかとから入れていくという走行フォームです。バタバタ、ドタドタ走ってはいけません。タッタッタッとリズム良く走るようにしましょう。そして最初は5分でも10分でも、1kmでも2kmでも良いのです。そこから徐々に伸ばしていけば良いのです。ぜひ今日から走る意味を理解した上で、目的意識を持って走るようにしてみましょう。

なお余談ですが、風の冷たい日に走り終わった肩を触ってみてください。肩のやや後方が暖かくなっているはずです。ということは走って腕を振っていると、肩の強化もできるということになるわけですね。投手にとって走るというトレーニングは、まさに一石二鳥以上の価値のあるトレーニングになるわけなのです。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投手にとって大胸筋は、本当に必要ない筋肉なのか?
次のコラム 投手の振り上げた脚の膝はリラックスさせよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾