イップス,治療,改善について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > イップスを治すには頭から四球と暴投を消し去る

イップスを治すには頭から四球と暴投を消し去る


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

アメリカにはC.I.A.(セントラル・インテリジェンス・エージェンシー)と呼ばれる世界最高峰の諜報機関があります。つまりスパイ集団ですね。もちろん厳密にはスパイという表現は良くはないのかもしれませんが、このコラムはスパイに関する内容ではないので、鋭い突っ込みはご容赦ください。ではこのコラムは何のコラムなのか?!それはですね、タイトル通りイップスに関するコラムです。

なぜイップスの話をするのにC.I.A.を持ち出したかと言うと、C.I.A.のフィールドエージェント(いわゆるスパイ)は、敵に捕まってしまい、ポリグラフ(嘘発見器)による厳しい取調べを受けても真実がバレないようにする訓練をするんです。どんな訓練かと言うと、自分の名前を訊かれた時、本当はポールなのに「わたしはジョンです」と言いながら焼肉のことを考えるという訓練です。これをマスターすると、嘘をついてもポリグラフに反応が出なくなるというわけです。そしてこの訓練がイップスの精神的問題の改善に役立つため、わざわざC.I.A.を持ち出したというわけです。

イップスは「暴投してはいけない」、「四球を出してはいけない」と考えることで、その思考が脊柱を介して動作へと繋がってしまい、身体が暴投や四球の動きを意図せず行ってしまうことを言います。つまり技術的問題はさておき(本当は最優先に考えるべきですが)、送球時に「暴投」のことを考えないようにする訓練こそが、イップスの改善には必要だということです。つまり例え暴投をしても、四球を出しても「今のボールは良かった!」と胸を張って言いながら投げられるようになることが必要だというわけです(チームメイトの協力ももちろん必要です)。

例えば練習ではコントロールが良いのに、試合になるとなぜか四球を連発してしまう投手は、ほとんどの場合マウンド上で「四球を出してはいけない」と考えているはずです。でもこれがプライミング効果を高めてしまうということはすでに書きました。

試合で四球を出さないためには、または暴投をしないためには、四球や暴投という言葉を頭から締め出す必要があります。具体的にどうすれば良いかと言うと、まさにまったく関係ないポジティブなことを考えればいいのです。例えば好きな女の子のことを頭に浮かべて投げたり、「俺はダルビッシュだ!」と頭で反芻しながら投げることです。

人間の動作は、思考から大きな影響を受けます。例えばネガティブなことばかり考えて歩いている人は、だいたい下を向いて歩いていますし、ポジティブなことを考えている人は胸を張って歩いています。つまり打たれようが何しようが「俺はダルビッシュだ!」と考えながら投げることで、四球や暴投というキーワードを頭の中から追い出すことができるわけです。

ですので練習中から自分を暗示にかけるようにしてみてください。グラブをはめてボールを握ったら、あたなはもうダルビッシュです!快速球を呻らせてビシバシ三振を奪うスーパーエースです!

まぁ、ダルビッシュ投手じゃなくても誰でも良いのですが、とにかく大切なことはマウンド上で意識せずに常にポジティブになれるということです。それを練習中から取り入れ、試合のマウンド上でもできるようになれば、イップスは改善へと向かっていくはずです。そして好きな女の子に「格好いいところを見せる!」と考えながら練習に励めば、試合でも自然とそう考えられるようになり、マウンド上で四球や暴投の心配をすることも少しずつ減っていくはずです。

イップスはいきなり治ることは考えにくいものです。ですので焦らず、少しずつじっくりと考え方を変えていけるように継続していってください。そうすればきっと、イップスは少しずつ改善されていくと思います。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム イップスなってしまうまでの科学的解説
次のコラム 緩急は何km差をつければ良いのか
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾