変化球,切れ,角速度,ピッチャーについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2011年05月18日

変化球に切れが必要な科学的理由

プロ野球選手養成コース
プロ野球選手養成コースが新登場しました!
今まで、Coach Kazのコーチングを受けたかったのに東京まで行くことができず断念されていた方、 プロ野球選手養成コースなら全国どこからでもCoach Kazのコーチングを受けられます!
プロ野球選手養成コースの詳細ページ

皆さんは「角速度」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?角速度とはある角度の幅の端から端までを、どれくらいの速度で追えるかというものです。と説明してもサッパリ分かりませんよね(笑)。なのでこう考えてください。このコラムで解説する角速度は、いかに変化球の切れが重要かということを解説したもの、と。

変化球の切れとは、どのタイミングでボールが変化し出すかということです。例えばスライダーであれば、打者の手元近くまで行って曲がるほど打ちにくく、投げてすぐに曲がり始めるほど打ちやすいということになります。でもよく考えてみると、バッターのほとんどはボールを最後まで良く見て打っていると言います。それが現実であるならば、ボールがどこで曲がってもバッターにはその変化が認識できているということになります。しかし実際にはそうではありません。

角速度というものを改めて説明すると、まず打者はピッチャーを見ますよね?その状態を0°だとしてください。そして投げられたボールがキャッチャーミットに収まると、0°からだいたい180°くらいになります。この180°という幅を、どれくらいのスピードで目で追えるか、というのが角速度というわけです。

ちなみにプロのピッチャーが投げるような150kmのストレートの角速度は、500°/1secほどです。これは凄まじい速度です。なぜ凄まじいかと言うと、人間の目で負える角速度は70°/1secが限界だからです。1秒間にわずか70°の幅でしか人の目は物を追うことができないのです。ということは、プロのバッターたちは最後までボールをみている「つもり」でも、実際にはボールを手元までは目で追えていないということになります。

実際150kmもの速球をどこまで目で追えるかと言うと、プロ選手でもホームプレートから1.7m手前までが限界です。つまりどれほど優れたバッターであっても、ホームプレートの1.7m手前まで来ると、必ずボールを見失っているのです。

つまりピッチャーがバッターを変化球で打ち取るには、ホームプレートの1.7m手前、早くても2mを切ってから曲がるようなボールを投げれば、バッターはボールが曲がる先をまったく予測できないということになります。だからこそカッターやツーシームのような、打者の手元ギリギリのところで動くボールをヒットすることが困難なのです。

でも、投げた瞬間に変化球かストレートか分かるようなピッチングフォームでは意味がありません。このような投球術を取り入れるにも、まずは正しいフォームで、変化球のすべてストレートと同じフォームで投げるということが大切です。



このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 長身じゃない方が投手としては大成しやすい
次のコラム アライメントの歪みが耳を聞こえにくくする

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾