タグ「大谷翔平」が付けられているもの

運動軸が体の外に大きくはみ出る大谷翔平選手の打撃フォーム

正直にいうと、僕は大谷翔平選手がメジャーでここまでホームランを打てるとは思っていませんでした。シーズン25〜30本くらいは打てるのではないかとは思っていましたが、まさかホームランキングを争えるレベルで本数を積み重ねることができるとは、メジャー移籍した時には予想できませんでした。

その理由は技術的な面に加え、大谷選手が右投げ左打ちであるためです。大谷選手のようにステイバックで打つ打者の場合、メインで使われるのはトップハンドとなります。左打者の場合左腕となるわけですが、大谷選手は投げたり箸を持ったりするのは右で、利き手は右手となります。そのため利き手をメインとして使うことができなくなるため、長打力は松井秀喜選手を上回ることはないだろう、と以前僕は考えていたわけです。

ですがメジャーで活躍する大谷選手のバッティングフォームを観察すると、松井選手とは大きな違いがあることがわかります。それは運動軸がどれだけ体の外に飛び出しているか、という点です。松井選手も軸を体の外に出して打つことがあったのですが、大谷選手の場合はほとんどのヒットで軸を体の外に出して打っているんです。

スポーツをする際の軸は、体の柱となる体軸(だいたい背骨だと思ってもらって良いと思います)と、スポーツ動作をするための運動軸という2つの軸が存在します。バットを鋭く振っていくという動作は運動軸を使っていくわけですが、体軸を運動軸として使ってしまうとバットスウィングが遠回りしやすく、スウィング速度がアップしにくくなります。

しかし大谷選手の場合、運動軸が体の外に大きくはみ出ているんです。そのためあれだけの長身であるにもかかわらずバットスウィングが非常にコンパクトで、鋭い軸のスピンを可能にしています。この運動軸の体外へのはみ出し方が、松井選手よりも大谷選手の方が大きいんです。

下半身主導でも上半身主導でもない、体幹主導の大谷選手の打ち方

大谷選手のバッティングフォームを見ると、体幹の強さが人並み(普通のプロ野球選手)以上であることが伺えます。しかもその鍛え抜かれた体幹をものすごく上手く使っているように見えるんです。一般的にはバットは下半身主導で振っていくべきなのですが、大谷選手の場合は体幹主導で振っています。

体幹主導と言っても、決して上半身主導という意味ではなく、手打ちになっているわけではありません。難易度としては、非常に高いレベルのバッティングフォームで打っていると言えます。通常であれば軸足の回転によって、非軸脚股関節を内旋させることにより下半身主導のスウィングを作っていくのですが、大谷選手の場合は体幹主導で右股関節を内旋させています。

そのため、右股関節は深く内旋させられているのですが、軸足の始動に関しては通常よりもかなり遅れて動き始めます。体幹のスタビリティを非常に重要視する外国人選手にはよく見られる打ち方なのですが、日本人選手にはほとんど見られない打ち方です。

良い選手の真似をして上手くなろう!とは指導者がよく言うことですが、しかし大谷選手のフォームは、イチロー選手のフォーム同様に特殊なフォームだと言えます。そのためフォームの見た目は真似できたとしても、メカニクスまでは真似することはできないと思います。

ノーステップ打法と言われることもある大谷翔平選手のフォーム

大谷選手のフォームはノーステップ打法だと言われることも多いようですが、実際にはノーステップではなく、スモールステップ打法です。しっかりとステップをしていくことによってタイミングを計っています。

ウォーレン・スパーンというメジャーで363勝した名投手がいます。彼は「バッティングはタイミングがすべてだ。そしてピッチングの極意はタイミングを外すことだ」と語っていますが、大谷投手は右足のステップによってタイミングを計るのが非常に上手い選手です。このタイミングの取り方に関しては体幹は関わってこない部分ですので、どんどん真似していって良いと思います。

ウェイトシフト打法ではステップしていく際に生じる位置エネルギーをパワーに換算していくため、ステップをする動作でタイミングを計るということがやや難しくなります。そのためウェイトシフト打法は、ステイバック打法に比べるとタイミングを取りにくくなります。

バッティングはタイミングがすべて、と考えるのであれば、よりタイミングを取りやすいステイバックで打つことが理に適っていると言うことができます。また、大谷選手はテイクバックで間を作ることも上手く、ここでもタイミングを上手く計れているように見えます。

大谷翔平選手と松井秀喜選手の一番の違いは左肘の上げ方

大谷翔平選手の長打力を見ていくと、フライングエルボーの影響も大きいと言えます。フライングエルボーとはテイクバックした際にトップハンドの肘を肩の高さまで上げるフォームのことなのですが、日本では「脇が開くからダメ」という間違った指導をされるケースが多いんです。しかしフライングエルボーはバットスウィングを速くするためには非常に効果的で、海外のリトルリーグでは基本的にはフライングエルボーでテイクバックするように指導されます。

大谷翔平選手と松井秀喜選手には軸の使い方に違いがあると上述しましたが、最も違うのはこのフライングエルボーの有無です。松井選手は巨人時代はもちろん、ヤンキースに移籍してからもフライングエルボーにはしていません。もし松井秀喜選手がフライングエルボーを取り入れていたら、メジャーでも40本以上打てたかもしれませんね。

一方大谷選手はフライングエルボーを取り入れています。そのためバットスウィングの加速度をより高めることができています。体が万全という条件で大谷選手と松井選手を比較すると、このフライングエルボーの有無が本塁打数に影響していると言って間違いないでしょう。

ちなみにこのフライングエルボーというテクニックは、上半身主導で振ってしまうと差し込まれやすいスウィングになってしまいます。大谷選手の場合は体幹主導のスウィングで、深いフライングエルボーと体幹主導の始動によりラギングバック(割れ)を強くし、いわゆるタメを使って打つことができています。

ファイターズ時代から大幅に進化したエンゼルス時代の大谷選手

このように大まかな部分を見ていくだけでも、大谷翔平選手がいかにレベルの高いバッティングフォームで打っているのかがよく分かります。大谷選手のフォームを総合的に真似することは難易度が高すぎて難しいと思うのですが、部分的にであれば小学生であってもどんどん真似していくべきだと思います。

大谷選手は決して天性の才能だけで打っているバッターではありません。大まかな部分を上述した通り、バイオメカニクス(科学的フォーム分析)の観点でも理に適ったフォームで打っているバッターです。

ちなみに軸や体幹などの使い方に関しては、ファイターズ時代よりもはるかにレベルアップしています。ファイターズ時代のフォームを見る限りでは本塁打王は難しいだろうという僕の意見でしたが、リハビリ中に身につけたストレングスや難易度の高いフォームを改めて見ていくと、本塁打王になってもまったく不思議ではないバッターだなという考えに変わりました。

もしかしたら渡米した年齢も影響しているのかもしれませんが、大谷選手はメジャー移籍後にさらにレベルアップしました。日本人選手がメジャーでさらにレベルアップするためには、やはりもう少し早い年齢で渡米できるようになるのがベストなのかもしれませんね。完成形でメジャーに行くよりも、大谷選手のように伸び代を持った状態でメジャーに行った方が、アメリカで活躍できる確率は高まるのかもしれません。

トップバランスのバットを選んじゃダメな選手ってどんな選手?

一体どんなバッターがトップバランスを使うべきではないのか?!

今回のスラッガー養成コラムでは、バットの選び方について少しお話をしてみようと思います。バットのバランスには主に3つ、トップバランス、ミドルバランス、カウンターバランスというものがありますが、皆さんはこのバランスについてどのように考えながらバットを購入されていますか?

まず結論から言います。手打ち(=股関節を適切に使っていない打ち方:スポーツ科学では専門的には骨盤回旋不良スウィングと言います)の方はトップバランスを選んではいけません。その理由は、手打ちでは必ずバットのヘッドが下がるからです。

別の見方をすれば、ヘッドが下がってしまう打者=手打ち、と言うこともできます。手打ちの状態でトップバランスを選んでしまうと、ヘッドの重さによりさらにヘッドが下がってしまい、もっとポップフライやボテボテのゴロが増える結果になってしまいます。ビヨンドなど、通常よりも重めのバットの場合も要注意です。

さらに付け加えると、ヘッドが下がっている状態でインサイドアウトで振ることは非常に難しくなるため、手打ちでヘッドが下がってしまうバッターはスウィングがアウトサイドインになりやすく、ミート力が大幅に低下してしまいます。

詳しくは後述しますが、トップバランスのバットを上手く扱えると細身でも小柄でも強い打球を打てるようになります。ですのでしっかりと股関節を使えるスウィングを身につけた選手であれば、小学生のうちからどんどんトップバランスのバットで練習して行くべきです。

でももしチームで手打ちの改善方法を具体的に教わることができないとか、お子さんに股関節を使った本当に正しい下半身と上半身の連動のさせ方を教える自信がない、という方は、ぜひ僕の野球教則ビデオ(一週間無料で見放題!)をチェックしてみてください。

ちなみにヘッドが下がっていない良い形とは、軸とバットが直角の関係になっている状態のことです。軸に対してバットの角度が下がっていればヘッドが下がっている状態で、逆に正面から見るとV字に見えるような形でバットの角度が上を向いている状態をヘッドの上がり過ぎと言います。ヘッドは下がっていても上がっていても、強い打球を遠くまで飛ばすことはできなくなります。

このコラムとの合わせ読みに最適!
打撃動作における軸と軸脚のお話、軸脚は実は軸にはならない?!

なおトップバランスとは、バットのヘッド寄りに重心があるバットのことです。そしてミドルバランスはバットの真ん中寄り、カウンターバランスはグリップ寄りに重心があるバットのことを言います。

幻のツチノコバット

以前はノブが非常に大きく作られているツチノコバットというバットもありましたが、今はおそらくオーダーメイドじゃないと入手は難しいと思います。そしてカウンターバランスのバット自体も選択肢は少なく、スポーツ用品店ではなくて、野球専門店じゃないと取り扱っていないと思います。

股関節を上手く使えているバッターはトップバランスがオススメ

手打ちではなく、股関節を適切に使った打ち方ができている選手であれば、体格関係なくトップバランスを選んだ方が良いと思います。トップバランスはヘッドを利かせやすいため、上手く使えれば筋力や体格に頼ることなく強い打球を打てるようになります。プロ野球でも股関節の使い方が上手いバッターは、小柄であってもトップバランスを使っていることが多いです(木製バットなので特に)。

例えば埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手も、2019年からはミドルバランスからトップバランスのバット(松井稼頭央さんモデル)に変えたようです。

現状手打ちで、それを直すつもりのない趣味レベルの方や、もしくは直したいけど直し方が分からないという選手はミドルバランス、もしくはカウンターバランスを選んだ方が良いと思います。特にカウンターバランスのバットはバットが軽く感じられるため、手打ちであってもヘッドの下りを最小限に抑えることができます。振り抜き感がとても良いため、カウンターバランスは初心者や女性にもオススメです。

バットを選ぶ際の考え方は2つ。あなたはどっち?

以上のような観点から、バットを選ぶ際の考え方としてはまず2種類あると言えます。手打ちなのか、それとも股関節を使った良い形で打てているのか。このどちらかによってバットの選び方は変わってきます。

でもできれば股関節を良い形で使えるスウィングを覚えて、トップバランスでもヘッドがまったく下がらない打ち方をできるようになってください。

ちなみにメジャーリーグで大活躍されたイチロー選手はとても細身で、メジャーリーグでは小柄な部類に入る選手でしたが、使っているバットはオリックス時代からトップバランスでした。しかも芯がとても細いトップバランスのため、しっかりミートする技術があると、飛距離を大幅にアップさせられるようになります。それこそ金属バットよりもずっと遠くまで飛ばせるようになります。

このコラムの合わせ読みにオススメ
実は金属バット以上に飛距離を伸ばせる木製バット

手打ちについての補足

もう少しだけ手打ちに関する補足をしておきたいと思います。手打ちとは、単に上半身主導で振っている打ち方というわけではありません。厳密には下半身と上半身のつなぎ目である股関節を正しい動きで使っていないことにより、下半身で作り出すエネルギーを上半身に伝えられない打ち方のことを言います。

そして下半身のエネルギーを上半身に伝えていくことができないために、上半身に頼ったスウィングをせざるを得なくなるのが手打ちという打ち方です。実はプロ野球選手にも手打ちの選手はたくさんいます。しかし資質を買われてプロ入りしても、その手打ちを直せないバッターは1軍で良い成績を残すことはできていません。

ですがチームの打撃コーチではなく、僕のようなパーソナルコーチと個人で契約している選手は手打ちの科学的改善方法や、バッティングフォームをさらに改良していくための方法を学んでいるため、パーソナルコーチとの契約後に突然成績が良くなっていく選手も多くいます。イチロー選手ももちろんその一人ですね。

少年野球ではほとんどの選手が手打ちになっている?!

少年野球の試合を見ていると、ほとんどの選手が手打ちになっています。世代の代表クラスの選手であっても、体格や素質だけでプレーしていて、実際には手打ちになっている選手がとても多いんです。そのため小中学生のうちは体格や素質だけでも通用していたのが、高校、大学、プロと進んでいくとどんどん成績が低下して行ってしまいます。

例えば高校時代はホームランを量産して、2017年のドラフトで鳴り物入りでプロ入りした日本ハムファイターズのあるバッターも、体格や素質でプレーしていた選手でした。高校時代はそれでも金属バットの高い機能性に助けられ打てていましたが、プロに入ってからはたまにホームランを打つ程度で、1軍で活躍することはできていません。実は彼もやはりバイオメカニクス的には手打ちなんです。

スウィングには主に3種類あります。下半身主導、体幹主導、上半身主導の3つです。下半身主導は中村剛也選手や浅村栄斗選手が良いお手本になります。体幹主導は非常に難易度が高い打ち方なのですが、大谷翔平選手はそれをマスターしているため、2021年シーズンはホームランを量産しています。

大谷翔平選手が本塁打を量産できている理由を徹底解説!

軽めのトップバランスが主流

下半身主導、体幹主導の良い打ち方をマスターしている手打ちではない選手は、近年は軽めのトップバランスのバットを使っている選手が増えてきました。中村剛也選手のようなホームランバッターでも800g台のトップバランスのバットを使っています。

バッティングは遠心力ではなく、求心力を使っていく必要があります。遠心力を大きくしようとすると必ずスウィングがアウトサイドインになってしまい、ミート力が低下してしまいます。遠くへ飛ばすためにはポイントを前へ前へと出さなければならないため、目とインパクトまでの距離が遠ざかってしまい、さらにミート力が低下してしまいます。

逆に求心力を使ってバットを振れるようになると自然とインサイドアウトのスウィングになりやすく、ミートポイントが体の近くになるためボールを見極めやすく選球眼も良くなり、バットを正確にボールにぶつけていけるようになります。また、トップハンドをメインハンドとして使えるようになるためトップハンドでバットでボールを押し込めるようになり、多少泳いでも、多少差し込まれても強い打球を打てるようになります。つまりミート力と長打力を同時にアップさせられるようになります。これに関してはイチローさんも、高校に指導に行かれた際に似たようなことをお話しされていたと思います。

バッティングでも遠心力を使わないほうが成績が上がる理由

下半身、もしくは体幹主導のスウィングで求心力を使ってバットを振ることのできるフォームを身につけて、少し軽く感じるトップバランスのバットを使うのが、近年安定した成績を残し続けているバッターたちの共通点になっています。

これは少年野球でも同じことが言えます。ビヨンドのような重いトップバランスのバットで遠心力に頼って打つのではなく、やや軽めのトップバランスのバットをインサイドアウトで振ってヘッドをよく利かせて長打力をアップさせられるようになった方が、成績はずっと安定していくはずです。

少年よ、プロ野球選手になりたいならビヨンドは使うな!

僕の野球教則ビデオ(一週間無料で見放題!)では下半身・体幹主導でバットを振る、科学的に本当に正しい打ち方をレッスンしています。もしお子さんに、ビヨンドのような高価なバットに頼ることなく、技術力によってホームランを打たせてあげたいと思われましたら、ぜひ一度僕のレッスン動画をチェックされてみてください。

ということで長くなりましたが今回は、手打ちの選手はトップバランスのバットを使うべきではないその理由についてお話をさせていただきました。このコラムがお役に立ったのならば幸いです。