タグ「右打ちをする」が付けられているもの

近年プロ野球選手を中心にして、右方向に強い打球を打てる右打者が増えてきました。今回は右打者がただの右打ちではなく、右方向に強い打球を打つための技術を少しお話ししていきたいと思います。

右方向に強い打球を打つ際、気をつけなければならないのはクロスステップを踏まないことです。ヒット&ランのように、本当にただ右方向に転がすだけで良い、という場合はガッツリ踏み込んでしまっても良いのですが、でも投手に逆球が多い場合は死球が怖いですよね。

右方向に強い打球を打つ形ですが、基本的にはセンター返しを打つ形と同じです。右方向に打ちたいからといって、体を右に向ける必要はないのです。ではどうするかというと、シンプルに少し振り遅れる感じで振れば良いのです。しかしただ振り遅れるだけではダメで、やや詰まり気味に振り遅れて打っていきます。

ステイバックで打っていることが条件にはなってしまうのですが、少し詰まらせて、ボールを弾き返すのではなく、バットにボールを乗せて押し出していくイメージです。そのためにはトップハンド主導でバットを扱う必要があり、それができるのがステイバック打法ということになるのです。

埼玉西武ライオンズ時代の中島裕之選手は、まさに右方向に強い打球を打つエキスパートでした。中島選手の場合は「反対方向に引っ張る」というニュアンスの言葉をよく使っていましたが、これはまさにその通りで、右方向=流し打ちと考えてしまうと、本当に進塁打しか打てなくなってしまいます。

右打者が右方向に強い打球を打つためには、やや振り遅れ気味、やや詰まり気味で右手主導でバットを振る形を取ってみてください。そうすればただの流し打ちが、強烈な流し打ちに進化していくと思います。

一つの練習方法として、右膝の前でボールを打ってセンター返しするティーバッティングやフリーバッティングを行うと、上述したような打撃技術を身につけやすくなります。ぜひ試してみてください。
野球では戦術的に、右方向へ打つ場面が多々あります。右打者なら流打ち、左打者なら引っ張るということですね。今回は右打者が右打ちをするということについて、少し書き進めていきたいと思います。

場面によって右方向を狙うというのは、走者の進塁を助けることになるため、戦術的には大きな意味があります。走者一塁の場面で、仮に右打ちしたゴロがライト前に抜けていったら、場面は一気に三塁一塁のチャンスとなります。しかしこれがライト前ヒットではなく、レフト前やセンター前ヒットであれば、一塁走者の三進は外野手と三塁までの距離が短い分、難しくなります。

さて、ここから本題です。右打ちをする場面で、大きく内側に踏み込んで打ちに行く打者をよく見かけます。しかしこれでは右打ちを狙っていることが相手に最初から知られてしまいます。すると内角ばかり攻められてしまい、右打ちどころか、ボールをバットに当てることだけで精一杯になってしまいます。

右打ちをしたい場合でも、無理に内側に踏み込んで打つ必要はありません。もちろん作戦がばれたとしても右方向にゴロを打ちたい場合は別ですが、そうじゃない場合は踏みこみ過ぎる必要はないのです。

意識として、少し振り遅れてセンター返しを狙っていけば、打球は自ずと右方向に飛んでいきます。もっと細かく言うと、ボールの内側(自分側の面)を叩きに行くということです。そうすればほんの少しだけ踏み込むだけで、右打者でも右方向に強い打球や、球足の速いゴロを打てるようになります。

右打ちをするとはいえ、ボテボテのゴロを打つよりは鋭いゴロを打てた方が気持ちいいですし、チャンスが広がる確率も高くなります。投手に背中を見せるほど踏み込まなくても、少し振り遅れるくらいの気持ちで振っていけば自然とボールの内側を叩けるようになり、右方向に強い打球が飛ぶようになります。

踏みこみ過ぎると投球が見にくくなりミート力が低下してしまいます。しかしこの打ち方であれば投球が見にくくなることもなく、空振りや打ち損ないも減らせるようになります。右方向に強い打球を打てるようになりたい選手は、ぜひこの方法を試してみてください。そしてこのような技術をもっと深く学び身に付けたい方は、スラッガー養成コースを受講してみてください。