タグ「フロントウェイト打法を理解する」が付けられているもの

打席での足の踏ん張り方には主に2種類あります。この2種類の使い分けを適切に行なっていかないと、バッティングメカニクスが上手く連動してくれなくなります。ですのでぜひこの機会に覚えてみてください。


まず1つ目はベタ足です。足の裏全体をしっかりと地面につけて踏ん張る形です。この踏ん張り方は体重移動をしないという前提の形になりますので、ステイバック打法に向いています。2つ目はインエッジでの踏ん張り形です。インエッジにしてしまうと、これは体重移動をせずにはいられない形となりますので、ウェイトシフトに向いている形だと言えます。

投球送球では100%体重移動をするため、インエッジでのステップワークを行なっていきます。しかしバッティングの場合は体重移動をしない方が打率・飛距離ともにアップしますので、わたしのコーチングにおいては基本的にはインエッジはオススメしていません。ただし、あえて体重移動をするウェイトシフトのコーチングをご希望される場合は、もちろんインエッジにした方がいいと伝えています。

本当にちょっとした違いであり、熟練のコーチじゃなければ見た目ではパッとわからないかもしれません。ベタ足とインエッジの見た目にはそれほどの差しかありません。しかしメカニクスとなるとまったく別物となりますので、ベタ足とインエッジではモーションが大きく異なっていきます。

ベタ足とインエッジの使い分けに関してもっと詳しく学びたいという方は、ぜひスラッガー養成コースにお越しくださいませ。このコースの受講生からは、毎年4割バッターが続出しています。なぜなら、正確に強く打つためのバッティング技術を、理論的かつわかりやすく教わることができるからです!

当野球塾のスラッガー養成コースではステイバック打法を中心にコーチングを行なっています。しかしウェイトシフト打法にメリットがないのかと言えばそんなことはありません。現代野球ではステイバック打法の方が有利な点が多いため、コーチングではステイバック打法を中心にコーチングを行っています。しかしご要望があればウェイトシフト打法のコーチングを行うことももちろん可能です。


さて、ではウェイトシフト打法の最大のメリットとは何なのでしょうか?結論から言うとそれは、バットにスピンをかけられるという点です。しかしこれは下半身をしっかりと使いこなすことができ、股関節を含めた骨盤が最適な状態で機能していることが前提となります。手打ちの状態ではバットに良い形でスピンを与えることはできません。

ウェイトシフト打法は、ステイバックと比較をすると頭の位置が動きやすくなります。ですので頭の位置を最初から最後までなるべく変わらない打撃モーションを身につけることも必須になります。これができなければ例えバットに良い形のスピンを与えられたとしても、根本的にバットにボールが当たらなくなってしまいます。

ではバットにスピンをかけるメリットとは?もっと言うと下半身をしっかりと使えて骨盤の動きが打撃動作の中で機能し始めると、スウィング中のバットにトップスピンがかかるようになります。

バットにトップスピンがかかった状態でボールの下を叩けばボールにはバックスピンがかかり、放物線を描くようなホームラン性の打球を打てるようになります。逆にボールの上を叩くとボールにトップスピンがかかり、球足の速いゴロを打てるようになり、内野手の間を抜けていくゴロを多く打てるようになります。

ステイバックではどうしても上手くタイミングを取れなかったり、ウェイトシフトを変えたくないという選手は、もちろんウェイトシフトで打ってオーケーだと思います。しかしどうせウェイトシフトで打っていくのであれば、骨盤をしっかりと機能させ、バットにトップスピンをかけた状態でスウィングできるようになっていってください。それができればヒットの本数は今まで以上に増えていくはずです。

今回のスラッガー養成コラムでは、ステップ足の役割について解説してみようと思います。この踏み出す足なのですが、実はステイバック打法とウェイトシフト打法とでは役割が少し異なるんです。


まずステイバック打法の場合、ステップ足はタイミングを取るためだけの作業になります。つまり足を高く上げても飛距離にはそれほど影響は与えられず、純粋にタイミングを取るためだけの作業となるため、シンプルに使っていくことができます。上げ方に関しては軸足に引き寄せるようにしてからステップするのではなく、その場で上げてほとんどその場に下ろす形がベストです。この形になると体重移動をしにくくなり、頭の位置も移動しにくくなります。

一方体重移動を行うウェイトシフト打法の場合、タイミングを取る作業と体重移動の両方をステップ足で行う必要があります。ウェイトシフトでももちろんノーステップ打法は可能と言えば可能なのですが、体重移動を行う場合、ノーステップで体重移動をするためには、体重移動を始動させるためのキッカケの動作が必要となり、その動作が余分な動作となってしまう可能性があります。

なおステップ足をステップする際、一度軸足側に引き寄せてしまうと、この動作が加わってしまうだけで頭が一度捕手側に移動し、それからまた投手側に戻っていく動きになりやすく、バッティングの正確性を著しく低下させてしまうんです。

体重移動そのものは、ステップ足を高く上げるほど大きなエネルギーを作り出すことができます。しかしこのステップ足で同時にタイミングを取らなければならないため、どちらかを犠牲にする必要性が生じます。つまり飛距離を取るか、タイミングを取るかという選択です。

この選択肢の存在から日本のプロ野球では3割と30本塁打を同時に達成するのが難しいと言われ続けていました。しかし現代の一流選手の多くはステイバック打法で体重移動をほとんど行わずに打っていますので、ステップ足の役割を単純にタイミングを取ることだけに集中させることができます。そして飛距離に関しても体重を軸足にしっかりと乗せることにより捕手側に壁を作り、投球の力に押し負けることなく、打球を遠くまで飛ばせるようになります。ステップ足と軸足がそれぞれ役割分担できるのが、ステイバック打法というわけです。

一般的に日本の少年野球チームなどではほとんど99%、ウェイトシフト打法の指導が行われていると思います。ウェイトシフトを指導することは決して悪いことではありません。しかし問題は、ステイバック打法の存在を知らずに体重移動をさせている、ということなのです。

もしチームの指導者がステイバックの存在を知らずに体重移動を指導しているのであれば、一度お近くの野球塾に通い、体重移動をしない打ち方の的確な指導を受けてみた方がいいと思います。その経験により打率・長打率が目に見えて向上する選手は数え切れないほど本来であれば出てくるはずなのです。するとビヨンドなどに頼らなくても良い、ということになるわけですね。