TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 米国と日本の少年野球のコーチのレベルはこんなにも違う!

米国と日本の少年野球のコーチのレベルはこんなにも違う!


このエントリーをはてなブックマークに追加

日本野球は米国よりも基礎を重視?いいえ、そんなことはありません

日本の少年野球チームで、本当に指導力のあるチームというのは数えるほどしかありません。アメリカのリトルリーグのように、各チームにひとりプロコーチが派遣されているわけではありませんので、適切な指導を受けられないケースの方が圧倒的に多いんです。

日本とアメリカのリトルリーグの違いは、アメリカはまずはしっかりとノコギリを研ぐ作業から始めていきます。例えばノックを受ける際のボールへの入り方、送球までのステップやフォームの確認などなど、ノックだけを見ても、実際にノックを受けさせる前にしっかりとした基本動作の確認を行なっていきます。

一方日本のほとんどのチームはそうではなく、基本も何も教わる前にいきなりノックを受けさせられます。ボールへの入り方もわからないため、ボールを怖がってしまう子もたくさんいます。そして最悪の場合、ミスをしたら怒鳴られて野球を嫌いになってしまう子だってたくさんいます。

つまり日本ではノコギリを研ぐ前に、いきなり丸太を切らせようとしてしまうんです。研がれていないノコギリをいくら挽いたところで、丸太はなかなか切れません。ですがしっかりと丁寧に研いだ後なら、丸太はあっという間に切れてしまいます。これが日本とアメリカの指導方法の差です。僕のレッスンは基本的にはアメリカンスタイルです。

日米ではまったく異なるリトルリーグの形

日本には根本的な指導力を持っているコーチはほとんどいません。特にお父さんコーチが必要とされるチームでは。強いチームは、上手い選手が集まるから強くなる。しかしこれは指導力の賜物とは言えません。まだ下手っぴな選手たちを上達させてチーム力をアップさせていけるのが、本当の指導力です。

例えばアメリカのリトルリーグは、年に一度必ずトライアウトがあります。そのトライアウトによって各チームが編成され、常時、同レベルの選手たちと対戦する形になり、チームごとの実力差もほとんどありません。

しかし日本の場合、強いチームには100人近い部員や選手が集まるけど、弱いチームはいつも9人ギリギリというケースが少なくありません。100人近い部員から9人を選べば、誰が監督でも勝てるオーダーを組むことができます。

練習後の個別レッスンが普通に行われているアメリカの少年野球

そしてアメリカでは上述の通り、各チームにプロコーチが派遣されています。「もっと上手くなりたい」という選手、親御さんは、チーム練習後に個別レッスンを受けます。そしてこれはすべて有料で、だいたい1時間5,000〜15,000円で、コーチの経験値によって単価が変わっていきます。

また、アメリカにも野球塾のような施設は多数あるのですが、日本の野球塾とは異なり、レッスン内容がとにかく理論的で非常にテクニカルなんです。日本のように、コーチ自身が経験してきたことを選手に手取り足取りそのまま教え込むのではなく、理論的に作成された基本動作のカリキュラムを徹底的に叩き込んでいきます。

その後で個性を伸ばすための個別レッスンなどを行なっていくのですが、とにかくコーチのレベルが日米ではまったく異なります。アメリカでは科学的、物理学的に、とにかく理論的に野球動作に関するバイオメカニクスを学んだプロフェッショナルコーチがレッスンを担当しています。

アメリカでは元メジャーリーガーでも簡単にはコーチにはなれない!

理論的に野球を学んでいなければ、元メジャーリーガーであってもベースボール・アカデミーのコーチとして採用されることはありません。しかし日本では未だに、コーチが持っているコーチングスキルよりも、「元プロ野球」「甲子園出場経験」などのステイタスばかりが先行してしまっています。そのため他の野球塾を見学させてもらうと、科学的に間違った指導をしてしまっている野球塾が未だに多くあります。

ですが僕のオンラインレッスンはそうではありません。コラムを読んでくださればお分かりいただけるように、僕はアメリカのベースボール・アカデミーのコーチと同レベル、もしくはそれ以上に野球を理論的に学んでいます。

必ずしも僕のレッスンを受けて欲しいとは思っていません。ですが本当に野球を上手くなりたいのであれば、理論的に野球を学んでいるコーチから教わるようにしてください。

ちなみにプロ野球選手も1軍で活躍しているレベルの選手の多くが、僕ら個人コーチと契約をしています。僕ももちろんそのコーチのひとりであるわけですが、プロ野球選手であってもやはり、個人コーチのレッスンを受けなければ1軍で活躍できる選手にはなれないんです。あのイチロー選手でさえ個人コーチと契約をしていました。

野球をされるお子さんがいらっしゃる方は、このあたりのことも考えてあげると、どんどん上達して、どんどん野球を好きになる子になっていけると思います。ぜひ参考にされてみてください。

TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾