ドライブイン・ベースボールと東京の野球塾について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > ドライブライン・ベースボールみたいな指導を受けてみよう

ドライブライン・ベースボールみたいな指導を受けてみよう

  • プロ野球ででさえ受けられないメカニクス指導
  • 簡単には受けられないドライブライン・ベースボールの指導
  • 一般的な野球塾では受けられないメカニクス指導
  • 経験則で教えるコーチは選手を遠回りさせる


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

やはり本格的な野球塾は日本にももっと必要だと思います。近年、野球教室的な野球塾はずいぶんと増えてきました。元プロ野球選手が指導する野球塾なども目に見えて増えてきていると思います。しかし非常に少ないのが、僕のマンツーマン野球塾のように、メカニクスまで理論的に指導できる野球塾です。つまり子どもにも大人にもわかりやすく理論的にコーチングができる野球塾の存在です。

プロ野球ででさえ受けられないメカニクス指導

2019年シーズン終了後、あるプロ野球チームが若手選手たちをシアトルにあるドライブライン・ベースボールという野球専門のジムに派遣しました。そして選手たちが帰ってくるとその球団のGMは「メカニックなことを言われたことは今までになく新鮮だったと思う」という趣旨のことを仰っていました。僕はここに疑問を感じたわけです。派遣されたのはルーキーからプロ3~4年目の投手たちでした。プロ野球の世界に3年間もいるのに、メカニクスを教わることができない、そしてそれを指導できるコーチがいない、というのが日本のプロ野球の現状であるわけです。

しかし僕がマンツーマン指導する野球塾では、制球力に関しても球速アップに関しても肩肘の怪我予防に関しても、何を指導する際にもメカニクスをしっかりと説明し、なぜそういう動作が必要なのか?できるようになるとどういうメリットがあるのか?ということを伝えながら動作指導を行っています。このような指導は、「野球経験」を売りにしているコーチが指導する野球塾では難しいと思います。もちろんしっかりと勉強されている方も中にはいらっしゃるのですが、しかしそういうコーチは稀です。

簡単には受けられないドライブライン・ベースボールの指導

ドライブライン・ベースボールに関しては、もちろん僕もよく知っていますし、訪れたこともあります。ハッキリ言って凄いです。僕個人の野球塾ではとても購入できないような高価な機材が揃っていますし、施設も本当に素晴らしく、コーチ陣の野球動作研究に対するアグレッシヴさも目をみはるばかりです。しかしもちろんそれだけの施設ですので、プロではない一般の選手が受講することは簡単ではありません。費用だってそうとうかかります。

ちなみに上述したNPBのプロ野球チームの投手たちは最初の1週間で動作分析やメニュー作成を行い、その後3週間かけてそのメニューをこなしていくというコーチングを受けたそうです。僕の野球塾には何百万円、何千万円という機材がないため、さすがにドライブライン・ベースボールとまったく同じことはできないわけですが、しかしメカニクス指導という点においては、ドライブライン・ベースボール同様に非常に細かいところまでお伝えすることができます。

一般的な野球塾では受けられないメカニクス指導

そもそもドライブライン・ベースボールはシアトルですので、英語を話せるか、通訳がいるかじゃなければ、ただ通ってみるだけでは無駄になってしまうと思います。ちなみにシアトルには非常に大きな日本人コミュニティがありますので、通訳をしてくれる人を探すこと自体は難しくはないと思います。

野球教則本に載っているようなドリルを野球塾で学ぶことも大切だと思います。しかしそのようなドリル練習であれば野球チームでも、自宅練習でもできるわけです。ですので野球塾ではもっと、本や野球チームからは教われないようなメカニクスに関する指導を受けてもらいたいと僕は思っています。そのような指導を受けられるのは、もちろん僕が指導する野球塾だけではありません。東京の野球塾にも、割合としては非常に少ないのですが、メカニクスの指導を受けられる野球塾もいくつかはあります。

経験則で教えるコーチは選手を遠回りさせる

厳密にはバイオメカニクスというのですが、スポーツ物理学を学ぶと指導できるようになります。逆にスポーツ物理学を学ばなければ、プロ野球のコーチであってもバイオメカニクスに関する話を理解することはできません。僕のようなタイプのコーチは、バイオメカニクスを学び、さらに小難しいその内容を、わかりやすく選手たちに伝えられるスキルを持っているんです。

お近くで野球塾を探される際は、ぜひそのようなコーチの指導を受けられる野球塾を探してみてください。「元プロ野球選手」という肩書だけでは野球塾を選んではダメです。「元プロ野球選手」だろうと誰だろうと、重要なのはそのコーチがコーチングに必要なスキルとしっかりと学んでいるかどうかなのです。経験則だけで教えてしまうコーチのもとでは、選手は遠回りさせられるケースが増えてしまいますので、ご注意ください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 東京の野球塾:屋外タイプと屋内タイプの違い
次のコラム 球速アップを目指すならサイドスローかロースリークォーター
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾