野球選手,喫煙,禁煙について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 喫煙に対する意識が低く、喫煙者が異様に多い日本の野球界

喫煙に対する意識が低く、喫煙者が異様に多い日本の野球界

  • 野球少年はコーチが喫煙している姿をしっかり見ている!
  • 喫煙すれば心肺機能が低下し怪我をしやすい選手になる!
  • アメリカ球界では無煙タバコでさえも禁止されている!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

わたしはコーチとして常々抱いている懸念があります。それは野球界の喫煙率が非常に高いということです。プロ野球選手の喫煙率も非常に高いですし、少年野球の指導現場でも大人たちが喫煙している姿を普通に子どもたちに見せてしまっています。これはやはり野球連盟が主導して早急に改善していかなければならないことだと思います。


少年野球の指導現場で大人たちが普通に喫煙をしていれば、子どもたちはそれが普通のことなのだと認識するようになります。そして子どもは大人に憧れます。つまり身近な大人が喫煙をしていれば、子どもたちはそれが格好良いことだと勘違いしてしまい、近い将来タバコに手を伸ばすようになってしまいます。高校野球を見ても、選手の喫煙により大会への出場を辞退するというケースがあとを絶ちません。みんな喫煙することを、格好良いことだと完全に勘違いしてしまっているのです。

現役時代クリーンナップを打っていたあるプロ野球選手は引退後に禁煙したのですが、お話を伺うと、現役時代に禁煙すべきだったと深く後悔していると話してくれました。そして今では若いプロ野球選手がタバコを吸っているのを見かけると、自分の経験を交えながら禁煙を勧めているそうです。

喫煙をすれば心肺機能が大幅に低下します。心肺機能が大幅に停止すれば体内を巡る酸素の量も減ってしまい、回復力の低下を招いてしまいます。そしてしっかりと体が回復していない状態でプレー、練習を続ければ、簡単に怪我をするようになってしまいます。

他競技のアスリートたちの考え方と比較すると、プロ野球選手の喫煙・飲酒に関する意識は比べられないほど低いと言えます。もちろん適切な考え方を持っている選手も多いわけですが、それ以上に意識が低い選手の方が多いと言えます。

そして喫煙している選手に話を聞いてみると、ほぼすべての選手が禁煙できない言い訳を持っていました。つまり野球のパフォーマンスを上げるために禁煙するつもりはない、ということです。

わたしはコーチとして、喫煙しているプロ野球選手からのコーチング依頼はすべてお断りしています。飲酒に関しても、お祝い時はもちろん構いませんが、日常的に飲酒している選手のコーチングも断っています。

喫煙しているプロ野球選手にもう少し深く話を聞いてみると、少年野球時代、身近にタバコを吸っているコーチがいたという選手がほとんどです。やはり少年時代に身近に喫煙者がいると、将来喫煙者になってしまうケースが多いという風に考えることができます。

ちなみにアメリカ球界は喫煙に対して非常に厳しくなっています。普通のタバコはもちろん、電子タバコも、煙が出ない噛みタバコも禁止されているため、メジャーリーガーの中に喫煙者はほとんど存在しません。そのため来日する外国人選手は、日本のプロ野球のベンチ裏に灰皿が設置されていることをとても嫌がります。

やはり日本でも、少年野球からプロ野球まで、球場内やその付近での喫煙の一切を禁止すべきだと思います。ところで、少年野球のグラウンドの端の方を歩いたことはありますか?タバコの吸い殻がたくさん捨ててあることに気づくと思います。

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投球動作の安定感を確認できる5秒立ちという練習方法
次のコラム ボールに角度をつける時に肘の上げ方を間違うと野球肩になる
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾