部活動,週休二日について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球漬けより恋する時間があった方が勝てる選手になれる!?

野球漬けより恋する時間があった方が勝てる選手になれる!?

  • 部活動は週休2日設けるべきという指針をスポーツ庁が発表!
  • 恋をする時間があった方が選手は伸びるという科学的根拠!
  • 勉強が苦手な選手は上達スピードがアップしない傾向が多い?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
野球ほどプレー中に頭を使わなくてはならないスポーツも少ないとは思いますが、野球ほど頭を使ってプレーができる選手が少ない競技も珍しいのではないでしょうか。先日、学校の部活動は週に2日は休みを設けるべきという指針をスポーツ庁が発表し、多方面からブーイングが上がったようですが私自身はこれには賛成です。

反対派からすると、子どもたちの青春ともなる部活動を行う時間を奪うべきではない、という意見のようです。しかし日本の場合、特に高校野球は毎日野球漬けで、勉強をする暇さえないほどです。さらに話を広げれば、友だちと出かけたり恋愛をする時間だって持てないと思います。子どもたちを野球漬けにすることが、果たして青春を守ることになるのでしょうか。ちなみに科学的には、好きな女子がスタンドで応援してくれていると雄性ホルモンの分泌が増え、パフォーマンスが向上することが証明されています。つまり恋愛は野球に対して大きなプラスになるということです。

そして野球を辞めた後、野球漬けだった子どもたちはどうなってしまうのか?高校や大学受験でも苦労するでしょうし、就職してからも苦労するでしょう。例えばプロ野球選手の中にも一般的な漢字の読み書きができない選手が大勢います。そんな選手たちが戦力外になった後、就職に苦労しないことなどあるでしょうか?漢字も書けない大人を、一般企業が採用するでしょうか?

当野球塾ではこれまで1000人以上の選手をコーチングしてきましたが、上達速度が速い選手はほとんどのケースで勉強もできます。特に国語力は重要です。コーチが話していることを理解できなければ、上達することもできないからです。

また、コーチングをしていて非常に危惧している点があります。コーチが何かを話していても、子どもたちが「はい」しか言わないことです。コーチとしては「はい」と言われれば理解していると判断してしまいます。しかし実際には反射的に「はい」と言っているだけで、理解できていないケースがほとんどです。

これはチームで押し付け型の指導がなされている影響が大きいと思います。なんでもかんでも「はい」と返事をしているだけでは、コーチが伝えようとしていることを本当の意味で理解することはできません。コーチは、選手たちが自分で考えながら普段の練習を行えるように指導していく必要があります。自主性に任せるのではなく、自主性を養えるコーチングですね。

もちろん簡単なことではありませんが、当野球塾ではそのような指針を持って普段からコーチングを行なっています。当野球塾ではとにかく選手たちに考えさせます。小学校低学年ではまだ難しいかもしれませんが、高学年以上の年代であればどんどん考えさせます。

重要なことはコーチング中に上達することよりも、コーチングを修了した後も自分自身で上達していける能力を身に付けることです。そのためにも子どもたちを野球漬けにするのではなく、しっかりと勉強もできる時間を持たせ、勉強によって考えるというスキルを磨かせ、そのスキルを野球に活かし、コーチの言葉をより深く理解することによって上達速度を上げていく。そしてコーチング修了後は自分で自分にコーチングできるようになる。それが大事だと当野球塾では考えています。ですのでコーチングの休憩中には教わったことをノートに書いてもらっているのです。

しかし勉強が苦手であれば、ノートを上手に書くこともできません。まとまりのない文章で書いてしまっても、あとで読み返した時にわからなくなり、結局コーチングされた内容を活かすことができなくなってしまいます。それでは意味がありません!

子どもたちを野球漬けにしてしまうのではなく、勉強にもしっかりと時間を使えるようにし、スマホではなく対話によってコミュニケーション能力を磨く必要があります。コミュニケーション能力が低ければ、コーチングを受けても最大限の効果を得られなくなってしまいます。

土日は朝から日暮れまで野球をするというチームは日本には数え切れないほどあります。しかし本当にこれで良いのでしょうか?1日8時間を超えるような練習時間は本当に必要ですか?もし監督やコーチが上手くメニューを組めていれば、3〜4時間でも多いくらいではないでしょうか?選手が頭を使ってプレーをできるようになるためには、大人のコーチがまずは先に頭を使って効率的かつ効果的なメニューを組めるようになることが重要です。

よほどレアなケースでない限り、一般の選手たちが指導者の能力を超えることはありません。子どもたちのスキルが頭打ちしないように、大人の指導者たちは選手に対してではなく、まずは自分たちに対して厳しくするべきでしょう。そうすれば部活を週に2日休んだとしても、子どもたちの野球スキルが低下することはないはずです。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 子どもたちが肩肘を痛めた際の責任は一体誰にあるのか?!
次のコラム まだ3月なのにすでに出始めている野球場での熱中症患者
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾