について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 子どもたちが肩肘を痛めた際の責任は一体誰にあるのか?!

子どもたちが肩肘を痛めた際の責任は一体誰にあるのか?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

子どもたちが肩肘を痛めてしまった時の責任は一体誰にあるのか?!それは当然チームの監督・コーチにあると思います。まず怪我をしにくい投げ方を指導するための勉強をしていない、そして子どもの体には負担が大き過ぎるほどの球数を投げさせている、という点は決して見逃してはいけないと思います。やはりいくらボランティアコーチと言えども、実際に子どもたちに動作を教えるという行動を伴っているのであれば、最低限の解剖学やスポーツメカニクスを学ぶべきです。それを学んでいないのであれば、経験則だけで子どもたちを教える行為は避けるべきです。


そもそもトップポジションを、肩関節を内旋させた形で作らせている少年野球コーチが日本ではほとんどです。99%はそうではないでしょうか。肩関節を内旋させた状態でトップポジションを作ってしまうと、肘の内側にばかり負荷がかかってしまい内側側副靱帯を痛めることになります。そして肩関節を水平内転させなければボールを投げられなくなるため、必ず肘が下がり、肩にも負荷がかかってしまうことになります。そして肘が下がってくると今度は肘を上げろと言い出し、肘が肩線分よりも上に行ってしまい、結局また怪我の原因を増やしてしまう、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

アメリカの少年野球のボランティアコーチは、子どもたちがよほど間違ったことをしていなければ動作を教えることはありません。その理由はアメリカの少年野球の場合、チームに1人は必ずわたしのようなプロコーチがリトルリーグ連盟から派遣されているからです。ですのでいつでも適切な体の使い方をそのプロコーチから教わることができるのです。ではボランティアコーチの役目とは?チームメイト同士で喧嘩したりせず、仲良くさせるための人間関係を作るという役割を担っています。ボーイスカウトのリーダーのような存在ですね。

アメリカ人や中米の選手は体の造りが違うから日本人では敵わない。と思っていませんか?これはまったくの誤りです。違うのは体の造りではなく、子どもたちを指導するコーチの質です。良い選手になれるか否かに、体格などまったく関係ありません!!

最近、あるリトルリーグのチームに呼ばれて練習風景を見学させてもらいました。わたしを呼んでくださった方以外は、わたしがプロコーチであることは知りません。そのような状況で見学させてもらったのですが、練習内容は酷いものでした。体の構造を無視した動作を教えているし、投げさせている球数は発表されているガイドラインを大幅に超えており、投手はほとんど全員肩か肘に痛みや違和感を訴えていました。このチームの指導内容では、子どもたちが怪我をするのは当たり前だと思わずにはいられませんでした。

仮にアメリカであれば、ボランティアコーチが下手な指導をして子どもたちが怪我をした場合、訴訟に発展する可能性があります。ボランティアコーチが指導した動作さえわかれば、学んでいるコーチであれば怪我をしにくい動作かどうかは一瞬で判断することができるのです。もちろんスポーツ医学的にもそれを証明することが可能です。

しかし日本の少年野球の指導現場ではどうでしょうか。明らかにチームのやり方のせいで怪我をしているにもかかわらず「気合いが足りないから怪我をするんだ!」と言われることもある始末です。やはりプロアマ問わず、野球界もコーチのライセンス制を導入すべきでしょう。最低でも解剖学を理解していないと技術指導をしてはいけないというルールを作るべきです。

引退したプロ野球選手がアマチュア選手を指導するための指導者講習会など、ほとんど意味はありません。大切なのは子どもたちが怪我をしにくい投げ方を論理的に指導できるかどうかです。それを明確に理解していないコーチは、指導する場に立つべきではありません。

先日リトルリーグの練習を見学させていただき、そんな風に思ってしまったのでした。もし怪我をしにくい投げ方をしっかりと身に付けたいという方は、ぜひピッチングマスターコースを受講してください。学習塾の野球版ですので、ワイワイと楽しく野球をやる場ではありませんが、少年野球チームでは絶対に教われないようなことを身に付けられるはずです。
その練習法をいつまでも続けていても
ほとんど上達しないかもしれません!

littlerockheart.com
なかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ! 練習をする前に、まず上達できる動作を学んでください。そのあとで練習をすればメキメキ上達します!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 上達速度をアップさせるための練習前に不可欠な行動
次のコラム 野球漬けより恋する時間があった方が勝てる選手になれる!?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾