野球肩,野球肘について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

肩肘を痛めている小学生が多過ぎる日本の少年野球の現状

  • コーチングとティーチングはまったくの別物!!
  • 日本とアメリカの少年野球チームの違い
  • スポーツ整形のドクターでさえ知らない人ばかり!

小学生のうちから肩肘を痛めてしまっている選手が、日本には多過ぎます。しかも最悪なのは痛みがあっても、人数が足りないという馬鹿げた理由で試合に出されている現状です。普通に考えれば怪我をしている選手にプレーをさせることが、その子の将来にとってどれだけ危険なことなのかすぐにわかるはずです。しかしそれがわからない、もしくは考える能力のない少年野球の監督・コーチが多過ぎるんです。


スポーツの役割の一つには、健康促進というものがあります。健康を促進させるためにやっている野球で、子どもたちの多くが肩肘を怪我してしまっている日本の現状。果たして各野球連盟はこれについてどう考えているのでしょうか。効果的な対策が打たれているようにはまったく思えません。

そもそも小学生に対し、大人が投げ方を指導すべきではないんです。解剖学、スポーツ科学をまったく勉強をされていない方が、経験則だけで教えてしまうから肩肘を痛める投げ方で投げるようになってしまうんです。

では野球の本場、アメリカの少年野球はどうなのか?アメリカの少年野球チームの場合、よほどの初心者チームでない限りはチームに必ず1人はプロコーチが在籍しています。技術指導はそのプロコーチが行うのですが、それでも実際に指導するのは怪我をしやすい投げ方、基本からかけ離れた投げ方をしている選手に対しての修正作業がほとんどです。日本のように「ああしろこうしろ」と教えたがるコーチはほとんどいません。

反面日本のコーチは皆さん教えたがりです。余計なことまで教えてしまい、それにより体の構造に反した投げ方をするようになり、肩肘を痛めてしまいます。ちなみにコーチの役割は教えることではありません。コーチの役割は、選手が怪我なくパフォーマンスアップできるように導くことです。ティーチングとコーチングはまったくの別物です。

日本の場合、例えば学生野球であれば学校の先生(ティーチャー)がコーチや監督を務めていることがほとんどです。つまり教えることが仕事の方々が、野球部でも教える作業をしてしまっているんです。しかもコーチング技術、スポーツ科学、スポーツ物理学、解剖学などをほとんど勉強されていない方が教えてしまっています。

野球にもコーチングライセンスが必要だと思います。そうしなければ野球経験者が、野球を学ぶことなく選手を(コーチングではなく)教えてしまい、肩肘を痛めてしまう選手が今後も増え続けるはずです。

元プロ野球選手のコーチ、スポーツ整形のドクターと話していても、肩肘を痛め難い人体の構造に則った投げ方を勉強されている方はほとんどいらっしゃいません。僕が今までお話をさせていただいた数多くの現役コーチやドクターの中で、僕と同レベルで野球動作を勉強され、実際適切な動作知識をお持ちの方は日本人ではたった1人しかいませんでした!

投手コーチングで重要なのは「怪我をし難い動作>制球力>変化>球速」の順番です。しかし、まず球速から入ってしまうコーチが多過ぎます。そのために子どもたちがあっという間に肩肘を痛めてしまうんです。常々思うことは、選手ではなくコーチたちに当野球塾に通ってもらいたいということです。そうすればそのコーチが在籍するチームの選手たちは全員、肩肘を痛め難い投げ方を身につけることができますので、これが最も効率が良い方法だと思ってしまうわけなのです。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム こんな形で肘を先行させてしまうと野球肩・野球肘になる!
次のコラム 筋力で初速がアップしても故障なく勝てる投手にはなれない!?

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾