TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾TOP  オンデマンド野球塾  野球の教科書  野球塾マネジメント講座  お問合せ
オンライン野球塾TOP > 野球の教科書シリーズ > コーチがまずやらなければならないのは、教えることではない!?
このコラムは旧投手育成コラムです。 リニューアルした野球の教科書シリーズはこちらのページにてお楽しみください。

コーチがまずやらなければならないのは、教えることではない!?

【このページの主な内容】

  • コーチの仕事は選手に教えることではなく、選手を導くことです。
  • 教えるだけでは選手はなかなか上達しません。
  • ぜひお近くの野球塾・野球教室を活用し上達を目指してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
球速アップ

【注目】 Kaz先生の無料オンラインカウンセリングが受付開始!今すぐピッチングフォームの動画を送ってみよう! 詳しくはホームページでチェックしてね!

コーチングには優先順位があります。コーチが知っていることを選手に伝えるのは、優先順位としてはトップではありません。これはコーチングではなく、ティーチングです。コーチの最大の役割は、選手が目指すところに導いてあげることです。その中に教えるという過程が含まれるわけですが、教えることをメインにしてしまうと、コーチは教えただけで満足してしまうケースが多々あります。これでは選手は置いてけぼりです。

コーチが選手を前にして、まずやらなければならないのは選手の状態を正確に把握することです。例えば制球力が悪いのであれば、なぜ制球力が上がらないのか、という原因を正確に見つけられる能力がコーチには必要です。制球力が低下する原因動作はたくさんあります。とても教則本に書いてあることだけで賄うことなどできません。

選手それぞれ、必要なものと必要じゃないものは異なります。つまりたくさんの選手がいて、すべての選手に同じことしか伝えられないのはコーチングではありません。このようなやり方をしてしまうと、こっちの選手は上達したけど、あっちの選手は上達しなかった、というケースも出てきてしまいます。しかしコーチの役割は、選手全員を上達させることです。

日本の指導現場では未だにトップポジションを手のひらを外側に向けて(肩関節を内旋させて)作らせる指導をして、最終的には「肘が下がってるから上げろ」と言い出します。しかし肩関節を内旋させた状態でトップポジションを作ってしまうと、人間の体の構造上、肘は肩の高さまで上がりにくくなるんです。ボランティアコーチの場合、このような矛盾した指導を良かれと思い行ってしまっているケースが数え切れないほどあります。

だからこそ体の構造(解剖学)をしっかりと勉強した上で、投球動作のバイオメカニクスを理解しているプロのコーチの存在が必要なのです。昔であれば、子どもたちは原っぱで野球をしながら友だちと一緒に上手くなることができました。しかし今は野球チームでしか野球ができない状況がほとんです。つまり昔の子と今の子とでは、下地がまったく異なるのです。

野球の練習ができる絶対的な時間数、環境が減っているからこそ、短時間で効率的に上達できるよう、野球塾を活用してもらいたいと思っています。近年は日本全国に野球塾が増えてきました。ぜひお近くで、質の高いコーチングを受けられる野球塾・野球教室を探してみてください。そしてできればやはり、マンツーマンで指導を受けられるところがベストだと思います。

kaz001.png 筆者:Kaz先生
TeamKazオンライン野球塾


球速上げたきゃ股関節を使え!
TeamKazオンライン野球塾 夏休みの間に球速をアップさせておこう。今なら安心の無料オンラインカウンセリング実施中。


TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムは2020年3月より全面改装作業に入りました。 新投手育成コラムはこちらのページ旧投手育成コラムはこちらのページ よりお楽しみください。

SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

旧投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾