アスリート,肉,たんぱく質,プロテイン

トップページ > 投手育成コラム > アスリートは肉をたくさん食べた方がいいのか?!

アスリートは肉をたくさん食べた方がいいのか?!

最近、野球選手の食について質問をされることが多いので、たんぱく質の摂取について少しお話しておきたいと思います。「肉はたくさん食べた方がいいですか?」とある選手に聞かれたのですが、わたし個人としては、肉は無理してまでたくさん食べる必要はないと考えています。

まず肉をたくさん食べたとしても、その肉から吸収できるたんぱく質量はほんの僅かで、肉に含まれているたんぱく質量のごく一部しか吸収することはできないのです。つまりトレーニング後に必要なたんぱく質量を肉だけで取ろうとすると、それこそ大食い競争レベルで大量に肉を食べないと、トレーニング後に必要なたんぱく質量を摂取することはできません。

肉の場合、日本人か欧米人かということも大きく影響してきます。日本人は元来穀物や魚を食べてきた民族であるため、腸は細く長く作られています。しかし狩猟民族で昔から動物の肉を食べてきた欧米人の場合、肉を消化吸収しやすいように腸は太く短く作られているんです。

近年は日本人の食生活も欧米化していますので、もしかしたら100年前と比べると、日本人の腸も太く短くなっているかもしれません。しかし選手のコンディションを長期的に観察をすると、必ずしもそうとは言えないようです。それはプロテインの摂取によって観察することができます。

ホエイプロテインは動物性たんばく質なわけですが、10代の頃にプロテインを摂取し続けてしまうと、それが内臓への大きな負荷になってしまい、プロ入り後に胃腸の調子が悪くなり、アスリートに必要な食からの体づくりができなくなってしまうという選手が多数見受けられます。

繰り返しますが、日本人は元来お米を食べて体を作ってきた民族です。ですので基本的には現代であっても、日本人の体はお米(炭水化物)を食べることによって強くすることができます。

とは言え、近年はハーフの日本人選手も増えてきましたよね。その場合は純粋な日本人の体質ではなく、そこに欧米人の体質も混じってくるため、純粋に上述したようなことが当てはまるということはないと思います。

結論としては、肉は程よく食べるのが良いということです。プロ野球選手は焼肉が大好きですが、肉ばかりを食べてしまうと体が酸化しやすくなりますので、肉をたくさん食べたら、野菜もたくさん食べる必要があります。さらに言えば、野菜をたくさん食べてから肉を食べると、さらに野菜が持つ栄養価を活用しやすくなります。

結局のところ、やはりバランス良く食べるという意識が大切ということですね。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 投球動作は手前手前の動作を見て改善しよう
次のコラム 日本人投手と外国人投手の技術、体質の違い
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾