0ポジションについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投球時の0ポジションはどのように考えればいいのか?

投球時の0ポジションはどのように考えればいいのか?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
ピッチングの勉強をしていると良く見かける言葉の中に「0ポジション」というものがあります。さて、この0ポジションとは果たしてどのようなポジションのことなのでしょうか?野球教則本などでは、たくさんある肩関節の筋肉を万遍なく均等に使っている状態のこと、と解説されていることがあります。まさにその通りであるわけですが、この説明ではさすがにピンとは来ませんよね。

もっと簡単に0ポジションを理解するための説明があります。それはボールをリリースする瞬間に、①投球する腕の肘、②投球する腕の肩、③反対側の肩の3ポイントが、一直線に繋がる瞬間のことです。この線が前後左右上下に折れ曲がってしまうと、それは0ポジションではなくなります。

そして肘が下がっている状態とはつまり、両肩を結んだ直線の延長線よりも肘の位置が下に来ていることを言います。リリース時の肘は上がり過ぎてしまってもいけないわけですが、しかし上がるよりは下がる方が体への負荷は大きくなります。

ボールをリリースする際に最も体への負荷が大きくなる形は、肘が下がり、更に真上から見たら両肩を結んだラインよりも肘の位置が後方にある状態です(大袈裟に言うと上腕が後ろ斜め下を向いてしまう形)。このように縦でも横でも肘がマイナス位置でボールをリリースしてしまうと、体への負荷は最大限に高まってしまいます。一般的に見ていくと、おおよそ20%の現役投手がこのような形で投げ、そのうちの約50%が肩への痛み(肘は除く)を経験しています。つまり投手が100人いたら、そのうち10人は肩肘を痛めているという計算になります。

ちなみにリリース時に0ポジションを取れている投手は、一般的に見ていくと15%にも満ちません。つまり投手100人中少なくとも85人は0ポジションができていないということになります。

0ポジションというのは、その言葉や理屈を理解することは簡単なのですが、実際に投球動作内に発生させるとなると、これはなかなか意識してできるようなことではありません。適切な知識を持ったコーチに傍に立ってもらい、その上で改善方法のアドバイスを受けるしかありません。トッププロであっても、自ら意識して0ポジションの形を取れる選手はいないのです。

0ポジションとは、その瞬間にこの形を作ろうとしても作れるものではありません。つまり0ポジションを作るためには、それ以前の動作が適切である必要があるのです。それが適切でなければ、0ポジションを実現させることはできません。

ちなみに人体の構造を踏まえた上でこの0ポジションを考えていくと、実は完全に両肩と肘が一直線になるわけではないのです。最も肩への負荷が少ないとされる0ポジションの形は、水平方向に5.5°内転(前へ出る)、垂直方向に2.2°内転(下に下がる)している形だと言われています。

これだけ細かい数字となりますので、実は肘が下がっているかどうかは肉眼ではほとんど正確に知ることはできないのです。もちろん10°や20°下がっていればそれは肉眼でも分かるわけですが、5°程度では投手の真後ろに立ってじっくりと観察しない限り、肉眼では分かりにくいのです。だからこそわたしたちのようなピッチングの専門家であるコーチは、必ずハイスピードカメラを立てながらコーチングを行うのです。ハイスピード映像(スーパースロー映像)であれば、肉眼や通常の映像では確認し切れない動作まで確認できるようになります。

繰り返しますが、0ポジションとは自分で意識して形作れるものではありません。それをしようとしてしまうと投球フォームを崩してしまう危険性が高まりますので、十分ご注意ください。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 簡単にタメを作ってボールを投げるための方法
次のコラム 上半身の力を抜いてボールを投げるための一つのコツ
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾