変化球,スライダー,カーブ

トップページ > 投手育成コラム > スライダーとカーブは似て非なる球種

スライダーとカーブは似て非なる球種

みなさんは、スライダーとカーブの違いを正しく説明することはできますか?実はこれ、プロ野球の投手に質問をしても中には答えられない選手もいるんです。ということで今回は、スライダーとカーブの違いを考えていくことにしましょう。

まず結論から言います。スライダーとは途中まではストレートで、ホームベース付近で横や縦にカクっと曲がっていく変化球のことです。そしてカーブとは投げた瞬間から変化が始まる変化球のことです。これがスライダーとカーブの違いです。

プロアマ問わず、自分ではスライダーを投げているつもりでも実はカーブだった、ということはよくある話です。特に外旋過程でボールをリリースしている投手は、スライダーを投げようとしてもどうしても曲がるタイミングが早くなってしまいます。スライダーが曲がるタイミングが早くなれば、そのボールは打者にとって見極めやすい球となり、簡単に打ち返されてしまいます。

130km以上の横に曲がる変化球をスライダーだと思って投げている投手もいますが、外旋過程で投げてしまうとそれは厳密に言えばスライダーではなく、タイトカーブと見ることができます。もちろん投げている本人がスライダーだと言っていれば、それはスライダーで良いわけですが、しかしさらに高みを目指すのであれば、スライダーとカーブの区別はしっかりとつけた方がプラスになります。

スライダーとは、ストレートにちょっとした横回転が与えられたボールだと考えてください。ストレートにちょっとだけ横回転が与えられるために、途中まではストレートなのに、最後の最後で空気抵抗などの影響を受け、横や縦に曲がっていくのです。軌道の形とすれば、ローマ字のY字の上を1本消したような軌道になります。

一方カーブは、まるで三日月のような弧線軌道で、指先から放たれた瞬間から変化が始まっていきます。130km以上のボールになるとリリースされた直後の変化を目視することは難しくなるのですが、しかし映像などで確認をしてみると、タイトカーブであることを確認することができます。

「変化球は肘を痛めるから禁止」としている少年野球リーグが多くあります。肘を痛める変化球というのは、実は外旋過程で投げる変化球のことなのです。内旋過程で変化球を投げている投手の場合は、変化球であってもストレートであっても肩肘を痛めるリスクはほぼ同等となります。しかし外旋過程で変化球を投げてしまうと、肘を痛めるリスクはストレートとは比較できないほど高くなります。そしてもちろんストレートであっても、内旋過程で投げる以上のストレスが肘にかかってしまうことになります。

腕の内旋外旋動作は、高校生など体格が固まってきてしまうとなかなか修正することができません。ですのでできれば小学生から中学1年生、遅くとも中学生のうちに改善していく必要があります。

しかし改善方法を誤ってしまうとやはり故障のリスクを高めてしまうため、もし投球動作を改善されたい場合は、専門家である我々Coach Kazのマンツーマン野球塾にご相談くださいませ。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 正しくドロップを投げられる投手は肩肘を痛めにくい
次のコラム 肘下がりは疲労だけではなくマウンド形状も原因に
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾