投球術について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 一流投手は、打者の得意ゾーンに投げる勇気と技術を持つ

一流投手は、打者の得意ゾーンに投げる勇気と技術を持つ


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投手の仕事は、打者がヒットを打つことを防ぎ、失点を1つでも少なくし、チームを勝利に導くことにあります。しかしこれを理解していない投手がプロ・アマ問わず非常に多いのではないでしょうか。もちろん時にはプロとプロ、力と力の勝負を観てみたいものですが、しかしコーチという立場から考えれば、やはりメインをそこに置いてはいけない、と言わざるをえません。

一流になれる投手と、そうではない投手。この二者にはたくさんの相違点があります。その中でも今回は、考え方の違いの一つについて書き進めてみようと思います。

まず一流の投手ですが、自分と同じようなレベルの打者と対戦する際、打者が「打てる」と判断し、バットを振ってくるコースにボールを投げます。プロ野球のようなリーグ戦であったり、トーナメント中心のアマチュア野球でも強豪であれば相手選手のデータは集めやすくなります。つまり、打者がどのコースを得意としていて、どのコースを苦手としているか。

プロレベルの投手のように、非常に高い制球力を持った投手であれば、苦手コースを徹底的に突くのも一つの投球術となります。しかしこの場合打者は、追い込まれるまでは苦手なコースには手を出してはくれません。もし打者の苦手なコースに投げたボールがストライクゾーンをギリギリで外れ、ボールを判定されてしまっては、これは無駄な1球となってしまうわけです。

ですが逆に打者の得意なコースを理解していて、そのコースに「近い」ボールを投げることができれば、打者はどんどん手を出して来てくれます。例えば右投手vs右打者の場合、その打者が内角球を得意としているとします。でも内角ギリギリのコースとなれば打率は下がる。この場合、内角に投げれば打者は確実に手を出してきます。しかし内角が得意な打者に対し、素直に内角に投げることは許されません。つまり内角球と見せかけ、内角ギリギリにボールを投げるのです。これが一流投手たちがよく見せる投球術です。

ツーシームやシュートボールのような、内角からさらに内角に動いていくボールも有効ですが、それがない場合、ピッチャーズプレートの一塁側の端から投げ、少しだけ角度の付いたシュート回転しているようなボールを死球を恐れず内角ギリギリを狙って投げれば、ボールの軌道に角度が付く分、打者がバットを振り出す時には内角に入ってくるように見えるわけです。しかし実際コンタクトゾーンに来ると、ボールは内角ギリギリに食い込んでくる。打者が好きなコースに、打者が打てそうだと思えるボールを、少しだけ打者の得意ゾーンから外して投げる。これが一流投手の一流の投球術です。この技術をマスターすることができれば、無駄なボールを使うことなく打者を抑えることができるわけです。

逆に一流になり切れない投手たちは、執拗に打者が打てそうにないコースに投げようとします。しかしこれは投球術という観点からすれば、投球術を持っているとは決して言えません。なぜなら打者の苦手ゾーンがストライクゾーンのど真ん中にあることなどないからです。となれば、打者の苦手なゾーンに厳しく投げようとするほど、打者はボールを見逃すようになり、四球になる可能性が高くなり、WHIPも悪化する結果となってしまいます。投手として、抑えられるはずの打者を四球で出してしまうことほど無駄なことはありません。

僕はよく投球動作に関しても無駄を減らす工夫が必要だと言いますが、投げるボールに関しても同じです。しっかりとした布石があるボール球であれば良いのですが、それがない結果論だけのボール球はまさに無駄な1球で、それが積み重なれば無駄な疲労を招き、リリーフを仰がなければならない投手にしかなれません。

良い投手の条件は、ストライクゾーンにボールを投げることを恐れないということです。そしてさらに一流になるためには、打者の得意ゾーンからほんの少しだけずれたボールを勇気を持って投げられるようになることです。これができるようになれば、100球をかけずに9回を完投できるエース、そこを目指すことだって可能となるわけです。非常にレベルの高い技術ではありますが、もしあなたが真のエースを目指すのであれば、この一流の投球術をぜひ参考にしてみてください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投球動作の無駄を省けば、強い違和感を覚えるのが普通
次のコラム 腕を遠回りさせる投手は、打者から見れば打ちやすくなる
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾