投手,つる,筋けいれんについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 試合中に脚をつる原因と、その回避方法

試合中に脚をつる原因と、その回避方法


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

脚や手、背中などを一度もつったことのない人はほとんどいないと思います。誰もが一度はつった経験があるのではないでしょうか。野球選手の中にも、このつるという症状に悩んでいる選手がいます。2011年で言えば埼玉西武ライオンズの涌井秀章投手が2010年に続き、試合中に脚をつる症状に悩まされました。つるという症状は非常に一般的な症状ではありますが、ではつるとは具体的にはどのような状態のことを言うのか、また回避する方法はあるのか。今回の投手育成コラムでは、ここに焦点を当てて書き進めたいと思います。

まずつるという状態は、正確には「筋けいれん」と呼びます。ただし、ただけいれんをしているだけではなく、非自発的かつ強い痛みを伴うけいれんのことを言います。「こむら返り」と呼ぶこともありますね(こむら=ふくらはぎ)。なぜ筋けいれんは非自発的に起こり、また意図的に抑えることができないかと言うと、それは脳を中心とした上位中枢を介さない症状だからです。上位中枢を介さず、脊髄を中心とした反射中枢において起こされる症状であるため、脳で考えた「痛みを抑えろ!」という意思を症状に反映させることができないわけなのです。

通常の怪我などの痛みの反応までの流れ
刺激 → 感覚器(末梢神経) → 反射中枢(脊髄・脳) → 上位中枢(脳) → 反射中枢 → 運動器(骨格系・骨・靭帯・腱) → 反応

筋けいれん反応までの流れ(反射弓)
刺激 → 感覚器 → 反射中枢 → 運動器 → 反応

筋けいれんなどの、上位中枢を介さない反応の流れを、生物学では反射弓(はんしゃきゅう)と呼びます。この反射弓によって引き起こされる症状は、自分でコントロールすることができません。例えば真冬に足の小指をぶつけると強い痛みを感じますよね?しかしこの場合は上位中枢にも刺激情報が届いているため、さすったりするなど、自発的に痛みを抑えようとすれば、痛みはすぐに収まります。ですが寝ている間に脚をつり、それを自発的に抑えようとしても、上位中枢を介していないため、「痛みをやわらげろ!」という脳からの指令も届かないわけなのです。

つっている状態である時は、α運動神経(脊髄から骨格筋に伸びている太い神経)が過敏になっていると考えられています。ふくらはぎをつった時は、ゆっくりと足首を背屈させ、膝を伸ばしていきますよね?これは、つった部位をゆっくりとストレッチしてあげることで、過敏になっているα運動神経を沈静化させてあげている、ということなんです。つまりつった時はただストレッチをすればいいのではなく、ゆっくりとゆっくりと徐々に伸ばしてあげる必要があるわけなのです。

筋けいれんの原因には大きく分けて2種類あります。体調的原因と、病的原因です。体調的原因は疲労、脱水症状、睡眠、妊娠後期などです。一方病的原因は糖尿病、肝硬変、血液透析、甲状腺機能の低下、運動神経(αアルファ運動神経、γガンマ運動神経)の疾患などです。

例えばアスリートの中には疲労度も低いし、脱水状態でもないのに筋けいれんを繰り返し起こす選手がいます。そういう選手の場合は、どこかに疾患を抱えている可能性もあるため、しっかりとした検査をする必要があるでしょう。ちなみにアルコール摂取でも、アルコールの高い利尿作用により脱水状態となり、α運動神経が過敏になり、筋けいれんを引き起こすことがあります。

筋けいれんをよく起こす選手は、2%の食塩水の運動中飲用が効果的だと言われています。本来人間の体液は9%の塩分で、9%の食塩水を生理食塩水と呼びます。ですが9%の食塩水では飲料用としてはあまりにもしょっぱ過ぎるので、2%がベストとされています。塩分から摂れる栄養分の欠乏も筋けいれんに大きく影響することがあるため、日々あまりにも薄口の味付けでしか食事を取らない選手も、筋けいれんを起こしやすくなります。その場合は、ほんの少しだけ味付けを濃くすると、筋けいれんの頻発を防ぐことができます。

アスリートの筋けいれんは熱中症の一部として発症することが多くなります。つまり急激な体温上昇や、脱水症状ですね。ですが熱中症は夏だけの注意事項ではありません。真冬にも熱中症になる可能性はあります。例えば朝方は気温が0℃近くで、昼過ぎには10℃以上になった場合、この寒暖差は体温に大きな影響を与えます。この場合、真冬での熱中症の症状を発症する場合があります。真冬の熱中症を防ぐためにも、冬場の練習でも水分補給は小まめにするように注意してください。

なお体内に水分が足りているか不足しているかは、練習前後の尿の色を確認するようにしましょう。体の状態が良い時の尿の色に比べ、色が濃ければ水分不足で、色が薄過ぎる場合は水分の摂取過多と目安をつけることが出来ます。尿の色をしっかりとチェックしていけば、アスリートとして尿の色だけで自分の見えない部分の体調を確認することができます。

とにかく第一に注意すべきなのは、脱水状態と体温の急激な上昇を防ぐということです。そのためにも運動中の小まめな水分補給、そして体温の上昇を抑えてくれる汗の拭き取りが重要なのです。汗もかきっぱなしにしてしまうと汗腺がふさがれて汗が出にくくなります。発汗しやすい状態を保持するためにも、汗は小まめに拭き取るようにしましょう。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ボールは人差し指と中指の先だけを使って投げよう
次のコラム 投手は試合開始の何時間前に起きる必要があるのか
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾