タグ「素振り」が付けられているもの

回数をこなすだけの素振りをしても意味はない?!

今回のスラッガー養成コラムでは、野球の素振りについて少しお話をしてみたいと思います。素振りをする際、回数をこなすことだけで満足してしまう選手が多いと思いますが、この素振りは練習法としては決して効果が高いとは言えません。下手をすればバッティング練習ではなく、ただの筋トレになってしまう場合もあります。しかしそれでは試合で好成績を残せる選手にはなれません。

「毎日100回素振りをする」と決めて、それを毎日こなすこと自体は素晴らしいと思います。しかし今回のポイントは、回数をこなすことだけで満足をしない、ということです。せっかく毎日100回素振りをするのでしたら、しっかりとテーマを持った素振りをするようにしましょう。

例えばストライクゾーンを9分割、もしくは16分割にして、それぞれのコースで軸とバットの直角の関係を維持して振る、というようなテーマです。このようにしっかりとテーマを決めて、それをクリアしながら100回、200回という数字をこなしていく練習法は素晴らしいと思います。

マメはどこにできるのが一番良いの?!

そしてできればバッティンググローブを持っていたとしても、素振りは素手で行った方が良いと思います。その理由は、手にしっかりとマメを作り、そのマメを早い内に固めてしまいたいからです。僕自身野球をしていた頃は手はいつもマメだらけでした。でもそのマメは野球をやめるときれいになくなっていきますので、「マメは作りたくない」と考えながらの練習は避けた方が良さそうです。

ちなみにマメは、中指付近を中心にしできるようになると良いと思います。小指や人差し指側を中心にマメができてしまう場合、スウィング中に手の中でバットが遊んでしまっている可能性が高いからです。そうなってしまうとインパクトでバットがボールに押し返されてしまいますので、マメは中指を中心にして作っていけるように握りを意識していきましょう。

素振りの最大の効果はフォームを固められるという点

バットを握る上で、マメを良い場所にしっかりと固めておくことでグリップを強くすることができます。もちろんバッティンググローブに頼ることもできるわけですが、自分の素手とバッティンググローグ両方のグリップ力を活かすことによって、インパクトでより遊びを減らしていけるようになります。

素振りの効果としては、やはりフォームを固められるという点です。バッターの理想は、どんなボールが来てもいつも変わらず自分のフォームで打てる、ということです。これができるようになれば打率はどんどんアップしていきます。しかしいつも微妙に違うフォームで振ってしまうと、バットを本当に出したいところに出すことが難しくなり、ミート力が低下してしまいます。

ピッチャーはいつでもバッターのフォームを崩そうとしてきます。そこでそう簡単に崩されないように、素振りやティーバッティングによって、どんな時でも同じフォームで打てるように、バッティングフォームを固めておく必要があるわけです。素振りをする際は、ぜひこの効果を意識しながら振るように心がけてください。

素振りに関するまとめ

素振りはフルパワーで振る必要はありません。寧ろその逆で、少し力を抜き、丁寧に良いフォームで振ることを心がけてください。フルパワーで振っていつもバラバラのフォームで、筋トレにしかならない素振りをしてしまっても、試合で打てるようにはなりません。ですので素振りをする際は、上述したようなテーマを持って、1球1球丁寧に振っていくようにしましょう。

そしてできれば自分の横にスマホを立てかけて撮影し、5回や10回ごとに止めて、意識したフォームで素振りができているかどうかを目で確認しながら素振りをするようにしてください。「できているつもり」ではなく、できているかできていないかをしっかり目で確認しながら素振りをすることにより、練習効果をより高められるようになります。ぜひあなたも今日から、練習効果の高い素振りをするようにしてみてください!

バッターの素振りというのは、ピッチャーにとってのシャドーピッチング同様正しいフォームを身につけるためには大切な練習です。ボールを使わないこの練習では何に最も気を付けなければならないかと言えば、それはやはりモーションです。良いとは言えないモーションで素振りを繰り返しても、その良くないモーションを覚えるための練習になってしまい、成績アップに繋がることもありません。

下半身はバットスウィングに振り回されてはダメ!

良くないモーションで素振りを繰り返しても、それはもしかしたら上半身の筋トレにしかならないかもしれません。特に足を踏ん張れていない選手はそうなります。下半身は、絶対にバットスウィングに振り回されてはいけないのです。下半身の動きによって、バットを振っていく必要があります。

しかし下半身の正しいモーションができていない選手は、バットスウィングによって簡単に下半身が振り回されてしまいます。素振りやティーバッティングでそうなってしまっていては、実際に力のあるピッチャーのボールを打った際はもっと振り回されてしまいます。ですので素振りの段階から、とにかく適切な下半身の動かし方を徹底していく必要があります。

楽な動作で素振りを続けても腕の筋トレにしかならない!

野球塾でのコーチング中に素振りをしてもらって、非常に多く見かけるのが、ボールゾーンで素振りをしている選手です。特に上半身が突っ立ったまま、胸や肩の高さのボールゾーンで素振りをしてしまう選手が多いようです。しかしボール球を振る練習をしていても成績が上がることはありません。ではなぜ上半身が突っ立ってしまうのか?答えは単純明快です。下半身が良い動作になっていないから踏ん張ることができず、体全体ではなく、手でしかバットを振れなくなってしまうんです。

そのような状態になっているために楽な動作でしか素振りをすることができず、ベルトから下のゾーンではなく、高めのボールゾーンで素振りをするようになってしまうんです。しかしこんな楽な動作で素振りを続けていても意味はありません。腕力強化の筋トレにはなるかもしれませんが、ピッチャーが投げたボールを外野の深いところまで飛ばせるようにはなりません。例え軟式野球でビヨンドのような複合バットを使ったとしても。

良いフォームと悪いフォームではマメができる場所が変わる

下半身を適切な動作にして踏ん張れるようにならなければ、上半身のダイナミックな動作を支えることはできません。支えることができなければ上半身は楽な姿勢を取るしかなくなり、手でバットのヘッドを下げながら、ゴルフのようなスウィングでストライクゾーンを振っていくしかなくなります。しかし当然ですが、この打ち方ではまずヒットは打てません。もう一度言いますが、ビヨンドを使ったとしても。ましてや硬式野球なら、打球はほとんど前へは飛ばないでしょう。

素振りはフォームやモーションを確認しながら繰り返さなければ意味はありません。例えば100回と決めて、100回振ったら終わりという素振りでは、モーションが適切でなければ手にマメができるだけのただの筋トレにしかなりません。手にマメができて「たくさん練習した!」と満足してしまう選手も多いと思いますが、良いスウィングとそうではないスウィングとでは、マメができる場所も変わってくるんです。中指の付け根付近を中心にマメができるのがベストです。そのあたりの適切なモーションを、チームのコーチにしっかりと教わった上で、正しいフォームで素振りをするようにしてください。もしチームで教われないようでしたら、ぜひ僕がコーチングを担当するマンツーマンレッスンを受けにいらしてみてください。