タグ「少年野球」が付けられているもの

3907729_n.jpg

怒鳴ることしかできない、指導スキルのない大人たち

野球道具メーカーのミズノが、小学生1500チームを対象とした「絶対に怒ってはいけない野球大会」を開催するそうです。スポーツに怒声や罵声は必要ないという趣旨には僕は大いに賛成です。しかしここまでしなければならないというのは、野球人としては同時に恥ずかしくも思います。

僕のレッスンを受けてくれている生徒さんの親御さんたちからも、お子さんがチームの監督・コーチに怒鳴られて、野球に対する意欲を失いかけている、といったご相談を受けることが多々あります。そしてそのような経験をしたことで、僕のメンタル強化レッスンの受講を考えてくださる親御さんも増えています。

僕自身がグラウンドに出ている時も、小中学生の子たちに怒声・罵声を浴びせる大人が多いことに本当にウンザリしてしまいます。もちろん紳士的に適切な指導をされている方も多いわけですが、しかし現実問題としては、怒鳴っている大人ばかりが目立ってしまいます。

桑田真澄コーチも仰っていますが、指導者に適切な指導スキルがあれば、怒声・罵声など一切浴びせなくても選手はどんどん成長していくんです。逆に指導スキルがないと、怒鳴ることによって支配的に子どもたちに従わせることしかできないわけです。

まともな技術指導せずに、子どもたちがミスをしたら怒鳴る。そして怒鳴るだけで、ミスをなくすための技術指導はできない。延々とこれが続いていくわけです。もともと運動能力のある子は勝手にどんどん上手くなっていったとしても、そうではなくてこれから運動能力が発達していく子は、怒鳴られるだけでどんどん置き去りにされてしまい、最悪の場合野球チームを辞めてしまうことだってあります。

僕自身は2010年1月からプロコーチとして仕事をしていますが、これまで一度も選手を怒鳴ったことはありません。しかし子どもたちはどんどん上手くなっていきますし、甲子園や神宮デビューを果たした生徒さんたちもたくさんいます。もちろんプロ野球選手のクライアントも多数抱えています。

絶対に怒ってはいけない野球大会の約束事

ミズノが開催する上述の大会には、下記のような5つの約束事があるそうです。

  1. 元気いっぱいプレーしよう!
  2. 気軽に参加しよう!体操服・運動靴でもOK
  3. みんなが主役!1人でも多くの選手が試合に出よう
  4. みんなでこの大会を盛り上げよう
  5. 失敗した時こそ、励ましあおう

(予選は5月〜8月、全国大会は9〜12月を予定)

良いじゃないですか!内容的には初心者にも野球を楽しんで欲しい、という意図が強いと思うのですが、この大会によって初心者の子が野球をどんどん好きになり、中級者、上級者へと上達していってくれれば、それこそ野球界の底辺拡大につながると思います。

本来であればこのような大会をあえて作らなくても、普通のこととして怒声・罵声がまったく聞こえないようにしていくべきだと思います。しかし日本のスポーツ界のシステムは未だ旧態依然。パワハラともなりうる怒声・罵声が響き渡っているのは何も野球界だけではありません。

日本のスポーツ界を野球が牽引していくためにも、このような趣旨を持つ大会が成功を収め、他の野球大会でも子どもたちへの怒声・罵声が禁止になっていけば、それが理想だと思います。そして本当にそうなって欲しいと、プロコーチとしては願うばかりです。

対立が激化してきたメジャーリーグと保険会社

2020年は野球界ももれなくコロナウィルスに苦しめられた1年となりました。この記事を書いているのは12月ともう暮れになってきているわけですが、コロナウィルスは終息するどころか、まだまだ猛威を奮い続けています。日本国内でもコロナウィルスによる死者の数は日に日に増えています。

プロ野球に目を向けてみると、今季は試合数が大幅に減っただけではなく、大半の試合が無観客や、5,000人程度の観衆となりました。球団運営としては当然大赤字だったはずです。選手の年俸を支払うことだって簡単ではないはずです。

日本のプロ球団は公にはしていませんが、プロスポーツやコンサートなどの興行は必ず保険をかけて行われます。例えばメジャーリーグの場合は「全リスク対応型」の保険に入っているため、通常で考えればコロナウィルスによる損失は保険によって補填されるはずです。

しかし保険会社は「全リスク対応型」の保険を提供しているにも関わらず、「コロナウィルスのケースは全リスク対応には該当しない」と言い支払いを渋っており、メジャーリーグから現在提訴されている状態です。ちなみにメジャーリーグ全体での損失は30億ドル(3,000億円以上)に上るそうです。

日本球界と保険会社の間には今のところ波風なし

日本のプロ野球も当然保険には入っているはずなのですが、これまでのところ特に話題にはのぼっていませんので、もしかしたら感染症リスクは除外されているか、もしくはきちんと支払われているかのどちらかなのでしょう。

野球を離れて、これがコンサートの場合も興行には必ず保険がかけられています。例えば歌手が体調を崩したり、災害などで中止になった場合に保険金が支払われます。

しかしコンサートの場合は感染症リスクが保険対象になっていないケースが多く、コンサートを中止した興行主の多くがコロナウィルスにより廃業に追い込まれてしまいました。やはり相当な大手じゃない限りは全リスク対応型の保険に入るのは金額的に簡単ではありませんし、大手であっても加入保険が全リスク対応型ではなく、コロナウィルスによる興行中止で企業規模を縮小さざるを得なくなったメジャーレーベル(レコード会社)もあります。

日本のプロ野球の状況も、もう少しオープンになってくれると良いのですが、今のところは保険に関する目立ったニュースは見当たらないため、メジャーリーグのように、球界と保険会社の間に対立は起こってはいないのでしょう。

コロナウィルスのせいで真冬に試合をさせられる子どもたち

コロナウィルスは少年野球にも危惧を生み出しています。今年は春から秋にかけて、ほとんどの大会が中止になったわけですが、それを補う形で12〜1月に大会を行うところが多いようです。

練習に関しては冬もしっかり行うべきですが、試合に関しては冬は行うべきではありません。なぜなら野球は間のあるスポーツだからです。ピッチャーの体はイニング間ですぐに冷えてしまいますし、野手の体だって寒風の中守っていればすぐに冷えてしまいます。

しっかりと体を温めても、一度冷えてしまうと再度温め直すことは困難です。そして温まりきっていない状態で投げ続ければ簡単に肩肘を痛めてしまいます。野手にしても冷えた体で、打球が飛んできた時に急に動けば当然怪我をしてしまうでしょう。

「今年は試合ができなくて子どもたちが可哀想だった」と思う気持ちはわかります。しかしだからといって真冬に試合を行うべきではありません。

今こそプロ野球が子どもたちのために立ち上がるべき!

真冬にどうしても試合をするのであれば、そこはドーム球場を持つプロ球団が力を貸すべきでしょう。通常ドーム球場は、冬季はコンサートに使われる機会が多くなります。しかし今はそのコンサートもほとんどが中止や延期になっていますので、ドーム球場が空いている日程も少なくないはずです。

それならばプロ球団が力を合わせてドーム球場を、せめて最上級生の子たちが最後に良い思い出を作れるように提供すべきではないでしょうか。西武ドームを除いては、ドーム球場にはすべて空調設備が整っていますので、真冬でも暖かい中でプレーをすることができます。

少年野球の場合は興行(有料)ではありませんので、ドーム使用料も丸一日貸し切ったとしても数十万円、高くても百万円少々だと思います。12球団や選手会が力を合わせれば、札幌ドーム、東京ドーム、名古屋ドーム、大阪ドーム、福岡ドームのすべてを貸し切ることだって、金額的には可能だと思います。

今オフに関しては年俸や査定に不服をもらうのではなく、こんな時だからこそ、プロ野球選手たちには子どもたちに目を向けてもらいたいと願うばかりです。

コロナウィルス対策がまだ十分とは言えない少年野球

少年野球のコロナウィルス対策も万全ではありません。呼吸が深くなる運動時のソーシャルディスタンスは10mです。つまり呼吸が深くなっている時は、飛沫が10m飛ぶということです。

ワクチンが供給されれば、コロナウィルスは今までの季節性インフルエンザのような存在になっていくのかもしれません。しかし日本ではまだ当分ワクチンを接種することはできません(2020年12月現在)。来年はオリンピックをやると言っているのに、こんなにのんびりしていて良いのかな、とも思いますが、海外のような本格的な感染症対策センターを持たない日本には、色々事情もあるのでしょう。

少年野球では酸欠や熱中症を防ぐため、大人たちだけマスクをして、プレーをする子どもたちにはマスクはつけさせないところが多いようです。しかし僕は子どもたちもマスクをすべきだと思います。マラソンやスプリントトレーニングでもしない限り、通常の野球の練習でマスクによって酸欠になることはほとんどありません。

酸欠が心配であれば、10分や15分に1回ノックなどの組から外れて、深呼吸休憩を取れば良いのです。熱中症に関しても汗で濡れると冷たくなる生地でできたマスクが普通に売られていますので、そのような繰り返し洗って使えるスポーツ用のマスクを使えば通常は問題ありません。

コロナウィルスが変異した時、今の少年野球の対策のままではダメ!

現在日本に蔓延しているタイプのコロナウィルスのままであれば、子どもたちはほとんどのケースで無症状かもしれません。しかしウィルスは体内で、タンパク質によって変異をしていきます。変異した時に子どもたちに症状が出始めたら?無症状であっても家族に40代以上の症状が悪化しやすい世代がいたら?60代以上の重篤化しやすい世代の家族がいたら?

そう考えるとやはり、呼吸が深くなるプレー中こそマスクをすべきだと思います。ちなみに1,000〜2,000円程度で、息苦しくならないようにするバルブがついたスポーツ用マスクも売られています。こちらも洗って繰り返し使えるタイプですので、ぜひ探してみてください。

バルブ付きのスポーツマスク
ちなみに僕もゴーグルと共に愛用しています!

1年後には、コロナウィルスを恐れることなく生活できる状況に戻ってくれると良いですね。そのためにはワクチンができるまでの間は、もう少しみんなで協力し合っていきましょう!

日本野球は米国よりも基礎を重視?いいえ、そんなことはありません

日本の少年野球チームで、本当に指導力のあるチームというのは数えるほどしかありません。アメリカのリトルリーグのように、各チームにひとりプロコーチが派遣されているわけではありませんので、適切な指導を受けられないケースの方が圧倒的に多いんです。

日本とアメリカのリトルリーグの違いは、アメリカはまずはしっかりとノコギリを研ぐ作業から始めていきます。例えばノックを受ける際のボールへの入り方、送球までのステップやフォームの確認などなど、ノックだけを見ても、実際にノックを受けさせる前にしっかりとした基本動作の確認を行なっていきます。

一方日本のほとんどのチームはそうではなく、基本も何も教わる前にいきなりノックを受けさせられます。ボールへの入り方もわからないため、ボールを怖がってしまう子もたくさんいます。そして最悪の場合、ミスをしたら怒鳴られて野球を嫌いになってしまう子だってたくさんいます。

つまり日本ではノコギリを研ぐ前に、いきなり丸太を切らせようとしてしまうんです。研がれていないノコギリをいくら挽いたところで、丸太はなかなか切れません。ですがしっかりと丁寧に研いだ後なら、丸太はあっという間に切れてしまいます。これが日本とアメリカの指導方法の差です。僕のレッスンは基本的にはアメリカンスタイルです。

日米ではまったく異なるリトルリーグの形

日本には根本的な指導力を持っているコーチはほとんどいません。特にお父さんコーチが必要とされるチームでは。強いチームは、上手い選手が集まるから強くなる。しかしこれは指導力の賜物とは言えません。まだ下手っぴな選手たちを上達させてチーム力をアップさせていけるのが、本当の指導力です。

例えばアメリカのリトルリーグは、年に一度必ずトライアウトがあります。そのトライアウトによって各チームが編成され、常時、同レベルの選手たちと対戦する形になり、チームごとの実力差もほとんどありません。

しかし日本の場合、強いチームには100人近い部員や選手が集まるけど、弱いチームはいつも9人ギリギリというケースが少なくありません。100人近い部員から9人を選べば、誰が監督でも勝てるオーダーを組むことができます。

練習後の個別レッスンが普通に行われているアメリカの少年野球

そしてアメリカでは上述の通り、各チームにプロコーチが派遣されています。「もっと上手くなりたい」という選手、親御さんは、チーム練習後に個別レッスンを受けます。そしてこれはすべて有料で、だいたい1時間5,000〜15,000円で、コーチの経験値によって単価が変わっていきます。

また、アメリカにも野球塾のような施設は多数あるのですが、日本の野球塾とは異なり、レッスン内容がとにかく理論的で非常にテクニカルなんです。日本のように、コーチ自身が経験してきたことを選手に手取り足取りそのまま教え込むのではなく、理論的に作成された基本動作のカリキュラムを徹底的に叩き込んでいきます。

その後で個性を伸ばすための個別レッスンなどを行なっていくのですが、とにかくコーチのレベルが日米ではまったく異なります。アメリカでは科学的、物理学的に、とにかく理論的に野球動作に関するバイオメカニクスを学んだプロフェッショナルコーチがレッスンを担当しています。

アメリカでは元メジャーリーガーでも簡単にはコーチにはなれない!

理論的に野球を学んでいなければ、元メジャーリーガーであってもベースボール・アカデミーのコーチとして採用されることはありません。しかし日本では未だに、コーチが持っているコーチングスキルよりも、「元プロ野球」「甲子園出場経験」などのステイタスばかりが先行してしまっています。そのため他の野球塾を見学させてもらうと、科学的に間違った指導をしてしまっている野球塾が未だに多くあります。

ですが僕のオンラインレッスンはそうではありません。コラムを読んでくださればお分かりいただけるように、僕はアメリカのベースボール・アカデミーのコーチと同レベル、もしくはそれ以上に野球を理論的に学んでいます。

必ずしも僕のレッスンを受けて欲しいとは思っていません。ですが本当に野球を上手くなりたいのであれば、理論的に野球を学んでいるコーチから教わるようにしてください。

ちなみにプロ野球選手も1軍で活躍しているレベルの選手の多くが、僕ら個人コーチと契約をしています。僕ももちろんそのコーチのひとりであるわけですが、プロ野球選手であってもやはり、個人コーチのレッスンを受けなければ1軍で活躍できる選手にはなれないんです。あのイチロー選手でさえ個人コーチと契約をしていました。

野球をされるお子さんがいらっしゃる方は、このあたりのことも考えてあげると、どんどん上達して、どんどん野球を好きになる子になっていけると思います。ぜひ参考にされてみてください。