タグ「バットの使い方を理解する」が付けられているもの

日本の硬式用金属バットの規格が今後変わる可能性が出てきました。現在はいわゆる良く飛ぶ金属バットの利用も認められているのですが、今後は反発係数を抑えることによってバットの規格を木製バットに近づけていく可能性が話し合われているようです。これは歓迎すべきことだと思います。

日本のバットはアメリカのバットよりも安全性が高い

アメリカではすでに、反発係数を木製バットに近づけた金属バットしか使えないルールになっています。ですがアメリカのやり方をそのまま真似ることはできません。と言うのは、アメリカではバットの安全性に関する規格が日本よりも甘いためです。もちろん、だからと言ってアメリカの金属バットが危険というわけではないのですが、万が一何かあった時の安全性は日本の方がずっと高いと言えます。

例えば日本では、適正用途内で使っていてバットの不備で怪我をした場合、完全に補償してもらうことができます。グリップ付近にそれに関するシールが貼ってあると思いますので、アマチュア選手はぜひチェックしてみてください。ちなみにプロ選手にはこの補償は適用されません。

金属バットはトランポリン効果で飛距離を出している

金属バットはトランポリン効果によって飛距離を出しています。ボールとバットが当たった瞬間にバットが少し凹むのですが、この凹みが元に戻る反発力によって打球を飛ばす仕組みになっています。つまりバットを形成している金属を薄く作るほど凹みが大きくなり、それに比例して反発力も高くなり遠くまで飛ばせるという結果につながっていきます。

現時点では高校生用の金属バットは900g以上と決められています。つまり900gを下回るほど金属を薄くすることができないということになります。今後この900gをもう少し重くして、さらには直径の最大も少し小さくすることによって金属を厚くさせ、飛距離を抑えるという流れになっていくようです。

日本はバッターが育たない下地が敷かれている

近年でも投手が頭や顔に打球を受けて骨折するという事故が起こっています。このような事故は確実に減らしていかなければなりません。当たってしまった投手も悲劇ですし、当ててしまった打者にとっても悲劇です。ちなみに智弁和歌山高校は、国体では試合でも木製バットを使うという試みを行うそうです。これは非常に良いことですね。どの高校もそうするべきだと思います。費用面で木製バットを使いたくないのなら、バンブーやカーボナイズドなど、折れない木製バットを使えばいんです。カーボナイズドバットは折れない上に、価格も通常の木製バットの半額ほどです。

近年は高校生でも筋トレによって飛距離を伸ばそうとする選手ばかりになってしまいました。そのためメジャーリーグで通用するバッターもまったくと言って良いほど育っていません。日本はそれでなくてもビヨンドなどの軟式用複合バットの存在によってバッターが育たない下地が敷かれてしまっています。バッターを育てるためには、やはり丈夫で扱いにくいバンブーやラミバットで練習するのが一番です。ホームランを打つ技術を身につけられれば、バンブーでもラミでもちゃんとホームランを打てるようになるんです。でもその技術がないから、金属バットの性能に頼らざるを得ないというのが現状なのだと思います。

今回のスラッガー養成コラムでは、木製バットを使うメリットについて解説をしてみたいと思います。

まず、軟式野球の試合で木製バットを使うメリットというのはほとんどないと僕は考えています。その理由は、木製バットはしならせて使うことが最良の使い方となるわけですが、まず軟式球を打ってもバットはほとんどしなりませんし、しなる素材であるアオダモが軟式野球用の木製バットに使われていることもほとんどありません。ですので、軟式野球の試合では木製バットを使うメリットというのはほとんどなく、あるとすれば将来的に硬式野球に進む時のための準備、ということになると思います。

ただ、軟式野球であっても練習であれば木製バットを使うメリットはあります。木製バットは、ラミやバンブーを含めスウィートスポットが非常に狭いので、ミート力を高められるという効果が期待できます。ただ、上述したように軟式野球で木製バットをしならせることはできません。軟式球は軽いですし、M号やJ号に変わったとは言え、打った瞬間はボールがかなり潰れてしまい、ボールが潰れている時間が長い分、バットをしならせることもできなくなります。

軟式球の場合、打った直後に目視でもボールが少し潰れているのが見えると思います。しかし硬式球の場合はボールが潰れている状態を目視することはほとんど不可能です。140km/hのストレートをプロ野球選手がジャストミートした場合、硬式球は約半分まで潰されてしまうのですが、しかし潰れている時間はわずかに1/1000秒未満でしかないため、目視することはほとんど不可能です。それだけ短い時間でしかボールが潰れないため、硬式球であればボールの質量によってバットをしならせられるようになります。

硬式野球で木製バットをしならせて使うことができれば、金属バットよりも飛距離を伸ばせるようになります。しかし軟式野球ではやはり木製バットを試合で使うメリットはあまりありません。木製バットは練習中に利用し、試合では金属バットを利用するのがいいと思います。ちなみに金属バットのスウィートスポットは一般的には2cmほどで、木製バットは5mm未満だと言われています。つまり木製バットでいつでもスウィートスポットで打てるようになれば、金属バットでジャストミートすることが非常に簡単になる、というわけですね。

硬式野球であれば試合でも練習でも木製バットを利用するべきだと思います。ただ、木製バットは折れてしまうこともあるため、試合では木製バット、練習ではラミやバンブー、という風に使い分けをした方がいいと思います。木製バットは下手な選手が使うとすぐに折れてしまいますが、ラミやバンブーであればよほどじゃない限りは簡単に折れることはありません。そしてラミやバンブーはスウィートスポットにしっかり当てていかないと手がすごく痛くなるので、痛くならないところで打ち続けることで、ミート力を飛躍的に向上させていけるようになります。

日本のバットの規定は、アメリカほど厳密ではありません。アメリカでは、金属バットの反発係数は木製バットに合わせる必要があります。ですので「しなり」というものを除外して考えれば、金属バットでも木製バットでも飛距離は理論的にはほとんど変わらない、ということになります。ですが日本の場合はそのような規定がないため、打球が良く飛んでいく金属バットを利用することができます。つまりバッティングのスキルが低かったとしても、ある程度打球を飛ばしていくことができる、というわけです。日本も早い段階でこの規定を見直していかなければ、いつまで経っても打者のレベルを北米・中米選手のレベルに近づけることはできないでしょう。

軟式野球というのは日本特有のスポーツで、海外には日本がサポートをしている途上国くらいにしか存在していません。お隣の中国・韓国であっても硬式野球が主流です。そして野球用品店に行っても硬式用、軟式用には分かれておらず、基本的にはすべて硬式用の道具となります。そしてアジアでもアメリカでも、硬式用のグラブやバットは日本よりもずっと安いです。グラブなど日本の硬式用の半額以下ということが普通です。

時々、硬式用の木製バットで軟式球を打っている選手がいますが、このやり方にはメリットはほとんどなく、デメリットの方が多くなると言えます。その理由は硬式用の木製バットの質量では、軟式球を簡単に潰してしまうためです。ボールは潰れれば潰れるほど飛距離は低下します。スピード×質量=パワー、ということを考えると硬式用のバットで打った方がメリットがあるようにも思えますが、実際に飛ばしていくボールのことを考えると実は逆なんです。軟式球はやはり、軟式用のバットで打つのが一番飛距離がアップします。

最後にもう一度まとめておくと、軟式野球の試合で木製バットを使うメリットはほとんどありません。使うならミート力を高めるための練習中のみにし、試合では軟式用の金属バットを使った方が飛距離はアップします。一方硬式野球ではバットをしならせられれば、飛距離は金属バットよりも伸ばせるようになります。しかししならせられる素材のバットを使っていないと当然バットはしなりませんので、メイプルなどの硬い素材のバットを使っている場合は、しならせるよりも、体幹のスタビリティを高め、ボディスピンを鋭くすることによって飛距離をアップさせていく、という考え方をした方が良いと思います。

木製バットを使うメリットは、スウィートスポットの狭さからとにかくミート力をアップさせられる、という点がメインだと思いますので、ミート力に自信がない方は、軟式でも硬式でも木製バットで練習をしていくと良いと思います。

野球というスポーツは、コーディネイト能力を最も高めることのできるスポーツです。コーディネイト能力とは、何かを調整したり、調和を作り上げる能力のことです。例えば使う道具と自分との関係を上手く調整したり、調和させたり、あとはチームメイトとの調和を成り立たせたり。でも道具に関しての理解が浅い選手が非常に多いように感じられます。


例えばバット1本取っても、バットにはいくつもの用語があります。グリップ、グリップエンド、ノブ、スウィートスポット、芯、バレル、プラグ、板目、柾目、クレスト、トップバランス、ミドルバランス、カウンターバランスなどなど。材質に関して言えば同じ木製バットであっても、アオダモ、ホワイトアッシュ、メイプル、ハードメイプル、バンブー、ラミ、ビーチ、朴などがあり、材質によって扱い方や打感がまったく変わってきます。

さて、バットには芯の太い、細いというのがあるのをご存知でしょうか?金属バットの場合は芯が太い場合がほとんどですが、木製バットの場合は芯の太さによってバットの扱い方をガラッと変える必要があります。

芯が細いバットの場合、ジャストミートさせることは難しいのですが、ジャストミートさせられると打球が本当によく飛んでいきます。逆に芯が太いバットの場合、ミートさせることは簡単なのですが、その反面飛距離はそれほど伸びません。しかしアマチュア選手の場合、購入前に実打して確かめるわけにはいきません。プロ野球選手のように10本くらい大人買いして、その中から自分に合った1本を選ぶことができれば最高ですが、アマチュア選手ではそんなことはできません。

だからこそ技術が必要なんです!つまりどんな種類のバットであっても自分自身をバットにアジャストしていけるコーディネイト能力です。自分の技術に道具を合わせるのではなく、道具の性格に自分のパフォーマンスを合わせていけるのが技能というものです。つまりミスを道具のせいにしてしまうのは、自分に技能がないことを証明しているということになるわけです。

そしてこのコーディネイト能力を活かすためにも、バット用語を理解し、その1本への理解を深めることが必要なわけです。人間関係と同じですね。相手のことを理解することができなければ、友情を築き上げることはできません。バッティングも同じです。バットのことを深く理解することができなければ、そのバットを最大限活かすことができず、そのバットによるパフォーマンス(バッティング)を最大限高めることもできなくなってしまうというわけです。

最大限のパフォーマンスを引き出すためにも、ご自身がお持ちのバットの性格をしっかりと理解するようにしてみてください。バットの性格に新たな発見があれば、そこから自らのパフォーマンスをさらに向上させていくことも可能になるはずです。

高校生の国際大会での試合を見ていていつも感じるのは、日本の高校生があまりにも木製バットの使い方を知らないという点です。他国の選手たちを見ると普段から木製バットで練習しているのかな、と思えるようなバッティングをしているように見えるのですが、日本の高校生に関してはそう思えることがほとんどありません。


日本のアマチュア野球は、国際試合で通用する打者を育てる環境が乏しいように感じられます。もちろんその原因は打球がよく飛ぶ金属バットを普段から使っていることを挙げられるわけですが、金属バットに慣れてしまうと国際試合やプロ野球選手になった時、木製バットへの対応に苦しめられることになってしまいます。

ではなぜ日本の高校野球では金属バットが使われているのでしょうか?この理由は単に予算の問題です。硬式野球用の木製バットはだいたい1万円前後するのですが、下手な選手が使うすぐに折れてしまいます。1万円もするのにすぐに折られてしまっては、部費では当然賄えなくなってしまいます。そのために日本の高校野球はなかなか木製バットにシフトすることができないわけです。

しかし、確かに試合用の木製バットは1万円前後しますが、バンブーやラミバットであれば4,000円前後で購入することができます。しかも近年ではカーボナイズドバンブーという、炭化させたバンブーバットやラミバットがあり、通常の木製バットと比較すると強度が非常に強いんです。つまり簡単には折れないんです。練習ではそういうバットを使っていけば予算の問題をクリアできると思うのですが、高野連からそのような意見が出てきたのを、わたしはまだ聞いたことがありません。

わたしは常々ビヨンドはバッターを育てないと言っていますが、さらに言えば金属バットも同様です。仮に大学野球やプロ野球に進みたいと思っているのであれば、金属バットの使用は試合だけに限定すべきだと思います。練習ではバンブーやラミバットを使うべきでしょう。バンブーやラミというのは、本当にしっかりとミートしなければすごく手が痛いんです。ですのでミート力をアップさせるためにはこれ以上最適なバットはないわけです。

バンブーやラミバットでしっかりと打てるようになれば、金属バットでミートすることが非常に簡単に感じられるようになるはずです。そしてこれはもちろん高校野球に限った話ではありません。中学生であってもプロ野球選手を目指したいのであれば練習では金属バットの使用は控えるべきでしょう。

わたしが一番良いと思うのは、普段の練習はカーボナイズドバンブーやラミを使い、国内の試合では金属バット、国際試合では木製バットという使い分けです。この使い分けで練習をしていけば、金属バットの扱いが楽になるのはもちろんのこと、国際試合で木製バットの扱いに苦労することもなくなるはずです。

ヒッティングモーションの一つに「ハンドヒッチ」という用語があります。バットスウィングで「ヒッチしている」というのは、振り始めた時にグリップをグッと引き上げる動作をしているということになります。逆にグリップを引き下げる動作のことを「ドロッピングハンド」と言います。この2つ、果たしてどちらが良いのでしょうか?

ドロッピングハンドの特徴

結論から言うと、それぞれの特徴さえ理解していればどちらでもオーケーです。また、どちらか一方だけでなくても大丈夫です。まずドロッピングハンドに関しては、外国人選手のような強く安定した体幹を持っている場合にオススメです。バットで言えばアオダモよりも、ハードメイプル(もしくは金属バット)がしっくり来る打者にフィットするモーションになるはずです。

イメージとしては、インパクトの瞬間にボールを破裂させられるような強烈かつコンパクトなスウィングができる体幹を持っていると、ドロッピングハンドのモーションで打つことにより、簡単に打球を上げられるようになります。ただしボールの軌道に対してアッパースウィングにしてバックスピンをかけるのではなく、あくまでもボールの面とバットの面を正面衝突させて、弾丸ライナーを飛ばしていく打ち方です。この打ち方で必要なのは体幹の強さと、その強い体幹を使いこなせるしなやかさです。

ハンドヒッチの特徴

一方ハンドヒッチというのは、上述の通りグリップを引き上げての打撃モーションとなりますが、体幹の安定感に頼るというよりは、下半身主導で上半身にうねりを与えていく打ち方にフィットします。いわゆる良い「割れ」を作れているバッターにはハンドヒッチは効果的で、プロを含めた日本人打者の多くにフィットするモーションです。

特上の技術を誇ったバリー・ボンズ

さて、皆さんはかつてサンフランシスコ・ジャイアンツで活躍したバリー・ボンズ選手のスウィングをご覧になったことはあるでしょうか?ボンズ選手の場合は両方です。まず大きくドロッピングハンド動作を行い、その後でハンドヒッチさせていきます。ボンズ選手の場合、体幹の安定感はメジャートップクラスですし、下半身主導のスウィング技術も非常に高いためにこのようなモーションが可能になるわけです。

ボンズ選手のスローモーション動画

ハンドヒッチにしてもドロッピングハンドにしても、注意点はポーズ(動作の一時停止)を入れないことです。ポーズを入れてしまうとそこでエネルギーの流れが止まってしまうため、ポーズを終えた後にもう一度エネルギーを作り直す必要があります。その分バットスウィングが弱くなってしまいます。ようするにポーズが入っていなければ、ハンドヒッチでもドロッピングハンドでも、もしくはその両方でも、タイミングを取りやすければどちらでもオーケーということです。

バットの素材が変わると打ち方も変わる

ちなみに最近のNPBのホームランバッターは、ファンダメンタルポジション(基本姿勢)の段階からドロップしておいて、そこからそのまま振り始めるバッターが多いように見受けられます。もしかしたらアオダモが希少になっている影響で、メイプルやハードメイプルにフィットしたモーションを模索しての結果かもしれませんね。

アオダモのようによくしなるバットと、金属バットの感触に近いハードメイプルのバットとでは、扱い方がまったく異なって来るんです。ミスショットを道具のせいにするのではなく、どんな道具にも技術をアジャストしていけるのが本物の技術を持っている選手です。つまり高価なバットを使わなくても、バットの性格をしっかりと理解し、それを活かす技術が身についていれば、誰でもたくさんヒットを打てるようになるのです。

今回のスラッガー養成コラムでは、バットの選び方について少しお話ししていきたいと思います。まず成長期にある小中学生の場合は、多少重く感じるくらいのバットを選んでしまっても大丈夫だと思います。もちろんすごく重く感じるバットではいけませんが、成長期ですぐに体が大きくなることを考えると、高価なバットですので多少先を見据えて購入しても良いと思います。

成長期というものを省いて考えるとすれば、まず自分自身がどのようなバッターになりたいのかを明確にする必要があります。アベレージヒッターなのか、ロングヒッターなのか。それによってカウンターバランス、ミドルバランス、トップバランスが決まってきます。カウンターバランスが最も振り抜け感が良いため、バットコントロールがしやすくなります。一方トップバランスは遠心力を最大限使えるため、長打を打ちやすくなります。そしてその中間がミドルバランスとなります。

それと意外と知られていないのは金属バットのプラグです。プラグとはヘッドにはめ込まれているプラスティック製のキャップのことです。このプラグの形状により振り抜け感がまた変わってきますので、プラグの種類もいくつか試した方が良いと思います。まったく同じ長さ、同じ重さのバットであっても、プラグの形状が変わるだけで振り抜け感も変わってきます。

ちなみに上述したバットのバランスは、それぞれミドルバランスから50g前後体感重量が変わってきます。例えば850gの3種類のバットがあったとすると、トップバランスのバットは900gのミドルバランスのバットを振った時に近い体感重量となります。カウンターバランスの場合は800gのミドルバランスのバットを振った時に近い体感となります。

例えば850gのミドルバランスが少し軽く感じるようでしたら、800g前後のトップバランスのバットを試し振りしてみると良いと思います。そうすると体感重量はともに850g程度になりますので、同じ体感重量によって違う振り抜け感を比較することができます。

バットの重さは数字そのものを気にするよりは、体感重量を気にされた方が良いと思います。そして体感重量はその日のコンディショニングによっても変わってきますので、バットを新調する際はフラットなコンディションの時に選んだ方が、よりしっくり行くバットを見つけやすくなると思います。

最近の大型スポーツ量販店では、素振りや試し打ちをさせてもらえるケージが用意されているところも増えてきました。バットはグラブやスパイクと同じく、感覚を大切にして選ばなければならないアイテムです。ですので形や重さといった数字だけで選ぶのではなく、ぜひ実際に振った感覚、打った感覚で選ぶようにしてみてください。