タグ「ウェイトシフト」が付けられているもの

22409737_s.jpg

体重=長打力は間違いでもあり正解でもある

プロ野球でもアマチュア野球でも、未だに体重が長打力に直結しているとしか考えていない方が多いようです。例えばプロ野球で言えば山川穂高選手や渡部健人選手、清宮幸太郎選手らは「体重が減ると長打力が低下する」と考えている選手たちです。

しかし日本ハムの新監督になられた新庄剛志監督は、清宮選手に対し即ダイエット指令を出しました。ダイエット指令に対し最初清宮選手は「長打力が低下する」という理由で渋っていたようですが、新庄監督の「今だってそんなに飛んでない」という言葉に言い返す言葉がなく、結局ダイエットをすることになったようです。

ウェイトシフト打法とステイバック打法

バッティングモーションには大きく分けて2つの種類がありますが、今回のコラムではそれぞれを簡単に解説してみたいと思います。1つ目はウェイトシフト打法で、2つ目はステイバック打法というものです。

ウェイトシフト打法

まずウェイトシフトとは読んで字の如く、体重移動を主としてエネルギーを生み出す打ち方です。軸脚股関節に乗せた上半身の重さを、反対の股関節に移動させることを体重移動と呼ぶわけですが、この体重移動で作り出したエネルギーをボールにぶつけていくのがウェイトシフト打法の打ち方です。

そしてメインとして利用するのはボトムハンド、つまり右打者なら左腕で、左打者なら右手となります。片手一本でティーバッティングをした際、左手一本で打つ右打者(もしくは右手一本で打つ左打者)の多くはウェイトシフト打法を採用していると言うことができます。

ステイバック打法

一方ステイバック打法は体重移動はしません。トップハンドとはバットを握った時に上に来る手のことでが、右打者なら右手が上、左打者なら左手がグリップでは上に来ます。このトップハンドをメインとして使うのがステイバック打法です。

ステイバック打法の特徴は、体重のほとんどを軸脚に乗せたままバットスウィングをすることです。一般的に「壁」と呼ばれるものは、だいたいは投手側に作ると教わると思います。右打者なら左肩で壁を作り、体が開かないようにしますよね。ステイバック打法の場合この壁を、軸脚に体重をしっかり乗せることにより、捕手側に作るのが大きな特徴です。そして片手ティーをする際も、トップハンド側の腕を使います。

ウェイトシフト/ステイバックのメリット/デメリット

それぞれのメリット・デメリットとして、まずウェイトシフト打法のメリットは小柄な打者でも強いボールに打ち負けないスウィングをすることができるという点です。一方デメリットは体重移動をした際、どうしても頭が捕手寄りから投手寄りに横移動してしまうため、目線がぶれてミート力が大幅に低下してしまいます。

ステイバックのメリットは体重移動をしない分目線がぶれないため、ミート力がアップします。さらに硬式球の場合は打球にバックスピンをかけやすくなるため、飛距離もアップします。一方デメリットとしては下半身の筋力が弱い選手の場合、あっという間に体力を消耗してしまいます。更には下半身の踏ん張りが弱い選手がステイバック打法で長打を狙うと、軟式球の場合はボテボテのゴロになることが多くなります。

ちなみに両手でしっかりとバットを握り、両手を同じくらいの力加減で使って振る打ち方もありますが、この場合スウィング速度が低下するため、一般的な選手にはあまり奨められません。ただし力の弱い小学生などがバットを飛ばさないためにバットをしっかり握るという指導は必要だと思います。中学生も後半になり筋力が付いてきたら、打法はウェイトシフトかステイバックかのどちらかに絞ることが上達への第一歩だと僕のレッスンでは指導しています。

ウェイトシフト/ステイバックのメリット/デメリットの一覧表

ウェイトシフト打法 メリット ・タイミングが完璧に合った時に限り、小柄な打者でも強い球に打ち負けない。
・引っ張った時の打球が強くなりやすい。
・軟式球への対応が容易。
デメリット ・目線がぶれやすいためミート力が下がりやすい。
・緩急のついた変化球に対応しにくい。
・同じ打撃動作で反対方向に打つのが難しい。
・スウェーしやすい(泳ぎやすい)。
・ドアスウィングになりやすい。
・ボールに対する相対速度が速まってしまう。
・重いバットを扱いにくい。
ステイバック打法 メリット ・目線がぶれにくいためミート力が上がる。
・硬式球の場合飛距離をアップさせやすい。
・反対方向へも強い打球を打ち返せる。
・緩急を付けられても対応しやすい。
・ドアスウィングになりにくい。
・投球に対する相対速度がほとんど変わらない。
・重いバットを扱いやすい。
・ゴロの球足が速くなる。
デメリット ・下半身の筋力が弱いとすぐに疲れてしまう。
・下半身が弱いと軸足が寝てしまうことにより、ボールの頭を撫でてゴロになりやすい。

※上記表は主だったもので、細かく見ていくとそれぞれもっと多くなります。