タグ「嗜好品」が付けられているもの

やはり多いですね、河川敷グラウンドでの喫煙者。数日前から春季大会の開会式や開幕戦などでごった返している河川敷グラウンドなわけですが、少年野球場付近での喫煙者が本当に多い。グラウンド付近で煙草を吸うことを我慢できない大人に、子どもたちを指導する資格はないと思います。


受動喫煙に関する注意喚起は、現在国を挙げて行われています。受動喫煙がどれだけ健康に悪影響を与えるかを知らない人間は一人もいないと思います。にも関わらず少年野球場付近で煙草を吹かす大人たち。

野球をやっている間さえ煙草を吸うことを我慢できない大人が子どもたちに努力を求めたところで、何の説得力もありません。僕がコーチングしている付近だけでも、午前中に2時間コーチングしている間で10人以上の大人が煙草を吸っていて、こちらに流れてくる煙が本当に不快でたまりませんでした。僕に睨まれていることに気づいて、その場を離れた喫煙者も数名いましたが、野球場付近でどうしても煙草を吸いたいのなら、窓を全部閉めた自分の車の中で吸ってもらいたいものです。

そして野球場で喫煙をしている大人を見ながら成長していく子どもたち。きっと彼らは大人になっても、野球場付近で喫煙することに罪悪感を感じられない大人になってしまうのではないでしょうか。

喫煙も受動喫煙も肺機能を大幅に低下させます。肺機能が低下すれば当然運動能力も比例して低下してしまいます。すると野球で上達できるようになるはずもありません。日本はプロ野球選手であっても喫煙者が非常に多いわけですが、他競技ではアスリートが喫煙するなどまったく考えられないことです。他競技どころか、アメリカ球界でも喫煙は完全にNGです。

未だに喫煙者を減らすことのできない日本の野球界が、いつまで経ってもアメリカに追いつけないことはまったく不思議ではありません。少年野球の大人たちは、ユニフォームを着ている時間は絶対に喫煙すべきではありません。風下なら吸っていいということではなく、子どもたちから見える場所では喫煙すべきではないんです!

煙草を吸う姿を子どもたちに見せるコーチ。無意味に子どもたちを怒鳴りつけ、まるでヤクザのようなコーチ。野球のコーチングスキルをまったく学ばないコーチ。そんな無能なコーチが未だに少数派ではない日本球界です。野球人口がどんどん減っていることもまったく不思議ではありません。むしろそれでもまだこれだけ多くの子どもたちが野球をしていることの方が不思議です。そして良い指導者たちが、このような無能な指導者の陰に埋もれてしまっている現状が悲しくて仕方ありません。

試合がたくさん行われた翌月曜日、つまり今日、グラウンド付近を歩いているとたくさんの吸い殻が地面に捨てられていました。1〜2本だったら僕も目を瞑って黙って拾って捨てたかもしれません。しかし決して1〜2本なんていう数ではなかったわけです。

今日本球界に必要なのは球数制限よりも、完全禁煙なのかもしれませんね。ただこれは、あまりにも低次元な話です。野球部での喫煙発覚が0だった年って、最近ありましたっけ?煙草を吸うコーチたちを間近に見ながら子どもたちは成長していきます。そんな子どもたちが中高生になって煙草に手を伸ばしてしまっても、果たして大人たちは彼らのみを叱責することなどできるのでしょうか?

わたしはコーチとして常々抱いている懸念があります。それは野球界の喫煙率が非常に高いということです。プロ野球選手の喫煙率も非常に高いですし、少年野球の指導現場でも大人たちが喫煙している姿を普通に子どもたちに見せてしまっています。これはやはり野球連盟が主導して早急に改善していかなければならないことだと思います。


少年野球の指導現場で大人たちが普通に喫煙をしていれば、子どもたちはそれが普通のことなのだと認識するようになります。そして子どもは大人に憧れます。つまり身近な大人が喫煙をしていれば、子どもたちはそれが格好良いことだと勘違いしてしまい、近い将来タバコに手を伸ばすようになってしまいます。高校野球を見ても、選手の喫煙により大会への出場を辞退するというケースがあとを絶ちません。みんな喫煙することを、格好良いことだと完全に勘違いしてしまっているのです。

現役時代クリーンナップを打っていたあるプロ野球選手は引退後に禁煙したのですが、お話を伺うと、現役時代に禁煙すべきだったと深く後悔していると話してくれました。そして今では若いプロ野球選手がタバコを吸っているのを見かけると、自分の経験を交えながら禁煙を勧めているそうです。

喫煙をすれば心肺機能が大幅に低下します。心肺機能が大幅に停止すれば体内を巡る酸素の量も減ってしまい、回復力の低下を招いてしまいます。そしてしっかりと体が回復していない状態でプレー、練習を続ければ、簡単に怪我をするようになってしまいます。

他競技のアスリートたちの考え方と比較すると、プロ野球選手の喫煙・飲酒に関する意識は比べられないほど低いと言えます。もちろん適切な考え方を持っている選手も多いわけですが、それ以上に意識が低い選手の方が多いと言えます。

そして喫煙している選手に話を聞いてみると、ほぼすべての選手が禁煙できない言い訳を持っていました。つまり野球のパフォーマンスを上げるために禁煙するつもりはない、ということです。

わたしはコーチとして、喫煙しているプロ野球選手からのコーチング依頼はすべてお断りしています。飲酒に関しても、お祝い時はもちろん構いませんが、日常的に飲酒している選手のコーチングも断っています。

喫煙しているプロ野球選手にもう少し深く話を聞いてみると、少年野球時代、身近にタバコを吸っているコーチがいたという選手がほとんどです。やはり少年時代に身近に喫煙者がいると、将来喫煙者になってしまうケースが多いという風に考えることができます。

ちなみにアメリカ球界は喫煙に対して非常に厳しくなっています。普通のタバコはもちろん、電子タバコも、煙が出ない噛みタバコも禁止されているため、メジャーリーガーの中に喫煙者はほとんど存在しません。そのため来日する外国人選手は、日本のプロ野球のベンチ裏に灰皿が設置されていることをとても嫌がります。

やはり日本でも、少年野球からプロ野球まで、球場内やその付近での喫煙の一切を禁止すべきだと思います。ところで、少年野球のグラウンドの端の方を歩いたことはありますか?タバコの吸い殻がたくさん捨ててあることに気づくと思います。

昨日、コーチング中に信じられない光景を目の当たりにしました。コーチング場所の数メートル横で、試合の合間に小学生チームがおにぎりを頬張りながら休憩をしていました。これはその時の出来事です。


結論から言います。7〜8人のお父さんコーチたちが子どもたちの風上にたむろし、一斉にタバコを吹かし始めたのです。チーム活動中にタバコを吸うこと自体避けるべき行為ですが、しかもそれを子どもたちの風上でというのは、ちょっと信じがたい光景でした。

そしてよく見るとそのコーチたちと休憩中の子どもたちは、別のチームのようでした。別のチームの子どもならどうでも良いのでしょうか?大の大人が7〜8人も集まっているのに、誰も子どもたちの風下に移動してタバコを吸うという発想を持てなかったのでしょうか?わたしはプロで、彼らはアマチュアではありますが、同じコーチという肩書きを持つ身としては情けない限りです。ちなみにわたしが煙に対し睨みを利かせると、彼らもようやく気付いたのかすぐに火を消し始めました。

野球界はプロアマ問わず本当に喫煙者が多いという印象です。実際プロ野球のベンチ裏に行っても普通の光景として灰皿が置いてあるほどです。数年前よりは減ったり、置かなくしたチームもありますが、それでもまだ喫煙者は普通にいます。もちろん野球と関係ない場所で嗜好品として吸うのはその人の自由です。喫煙により体のコンディションを低下させ、プレーの質を下げることもその人の自由です。しかし子どもたちが大勢いるところでタバコを吸うというのは絶対に避けるべき行為です。

受動喫煙という言葉を知らない人はいないと思います。タバコの匂いを感じ取った時点でもう受動喫煙していることになります。受動喫煙とはタバコのフィルターを経ず、火が点いた部分から立ち上っている煙を直接吸ってしまうことです。つまりフィルターを介していないことで、タバコの毒性がフィルタリングされていない煙(副流煙)を吸うということで、喫煙者がフィルター越しに吸う煙よりもはるかに毒性が高くなります。

タバコを吸い続けると肺内部の色はどんどん黒ずんでしまい、肺活動をどんどん低下させてしまいます。そして禁煙をしたとしても、一度黒ずんでしまった肺が元のきれいな状態に戻ることは絶対にありません。スポーツをされない方にとってももちろんマイナス要素ばかりですが、スポーツ選手にとってタバコは練習の努力を無駄にしかねない行為とも言えるのです。しかも大人が子供に副流煙を吸わせてしまっているという日本の少年野球の現実!

スポーツトレーニングには我慢や忍耐が必要です。我慢しながら、忍耐しながら難しいトレーニングに取り組み続けることで、選手は上達を実現させていくことができます。果たして子どもたちの前でタバコを吸うことさえ我慢できない大人に、子どもたちのコーチ役を務める資格はあるのでしょうか?

昨日見た場所は、江戸川河川敷グラウンドの川辺付近の場所です。つまり20〜30m移動すれば、誰の所にも煙が行かない場所があったのです。もちろんそこも喫煙所ではありませんが、少なくとも風下に誰もいない場所でタバコを吸うことができる状態でした。

わたしの友人にも喫煙者は多くいます。しかし喫煙所ではない場所や、子どもたちや非喫煙者の前で吸うことはまずありません。わたし自身、タバコを吸うということを否定したいわけではありません。わたしが否定したいのは、子どもたちにほんの僅かでも煙を吸わせてしまっているお父さんコーチたちの存在です。

ちなみに体がすでに強くなっている大人が吸わされる副流煙と、体がまだ出来上がっていない子どもが吸わされる副流煙とでは、当然後者の方が体への悪影響は大きくなります。そして成長過程で副流煙を吸わされることにより、その成長を阻害してしまう恐れも大きいわけです。だからこそ妊婦さんも絶対に妊娠中にタバコを吸ってはいけないわけです。

携帯灰皿を持っていればどこで吸っても構わない?そんな馬鹿げた考えは今すぐ捨ててください。子どもたちの方に煙が流れてしまう場所でタバコを吸うなんて、言語道断です。そのような方は、今すぐ少年野球チームのコーチを辞めるべきです。タバコを吸いたいのなら、是非とも副流煙が誰にも届かない風下に移動して吸ってもらいたいものです。

トレーニングと睡眠とアルコールの関係

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
みなさんは睡眠についてどのような考えをお持ちでしょうか?「超回復は睡眠時に起こる」ということをご存知の方は多いと思いますが、今回はアスリートが睡眠を取る意味を別の視点から見ていきたいと思います。

一般的に睡眠というと超回復を含めた疲労回復というように考えている方が多いと思います。もちろんこれは正解です。しかしそれ以外にも意味があるんです。睡眠時には回復の他に、記憶の定着化も体内で起こっているんです。つまり起きていた時に覚えたことは、睡眠を取ることによって記憶に定着されていくんです。言い方を変えればもし睡眠を一切取らなかったとしたら、記憶が定着しませんので、覚えたことを次々に忘れていってしまうということになります。

ちなみに記憶というのは言語による暗記的な記憶のことだけではありません。マッスルメモリー(筋肉の記憶)も含まれるんです。つまり良い動作を繰り返し練習した後は、良質な睡眠を取ることによって筋肉がその動きを記憶してくれるんです。逆に睡眠の質が悪いと記憶の定着化が進みませんので、良い動作の再現性を高めることは難しくなります。

では質の悪い睡眠とは?まず寝不足はいけません。レム睡眠とノンレム睡眠を何度か繰り返すため、やはり最低でも6時間、できれば7〜8時間、疲れ切った時は10時間くらい眠るのが良いと思います。

そしてお酒を飲んだ場合は睡眠時の呼吸が鼻ではなく口呼吸になりやすく、呼吸そのものが浅くなってしまうので、血中の酸素も少なくなり、睡眠の質は大幅に低下してしまいます。プロ野球でたまに、練習後に大酒を飲んでいる人の話を耳にしますが、これは以ての外です。

ちなみに人間がアルコールを分解できるのは1時間あたり、体重1kgに対して0.1gとなります。わたくしチーフコーチは70kgですので、1時間で7gのアルコールを分解できることになります。アルコール度数7%のお酒350mlに、アルコールは約20g含まれていますので、このアルコールを分解するためには約3時間かかることになります。あとは体質によっても分解が早かったり、遅かったりしてきます。
(詳細は国税局のHPに掲載されています)

睡眠の質とアルコール摂取量、トレーニング効果とアルコール摂取量というのは密接に繋がっています。トレーニング後にアルコールを飲んでしまうと、アルコールによって筋肉の感覚が麻痺してしまい、トレーニングをした効果がなくなってしまいます。

つまりアスリートは日常的にお酒を飲むことは絶対に控えるべきなのです。ビールのCMに出演しているダルビッシュ投手も、年に1〜2回しかお酒は飲まないと以前どこかで話していたと思います。数あるプロスポーツの中で、プロ野球選手ほどお酒を飲むアスリートはいないと思います。もちろん摂生している選手も大勢いるわけですが、逆にそうではない選手も非常に多いのが現状の日本プロ野球ではないでしょうか。

睡眠の質を高め、トレーニング効果や記憶の定着化を高めるためにも、このコラムを読んでくださっている現役アスリートの方は、今後は今まで以上にお酒との付き合い方を考えるようにしてみてください。