野球のトレーニングボール関連のオススメ野球用品

トップページ > オススメ野球用品 > 球威がアップするフォームを身に付けられるトレーニングボール

球威がアップするフォームを身に付けられるトレーニングボール

今回オススメしたいのはこの商品です。MIZUNOのトレーニングボールです。トレーニングボールは各メーカーがそれぞれ販売しているのですが、僕が持っているのはMIZUNOの320gのトレーニングボールです。重さは各社違いますので、320g以上のものもあれば、320g以下のものもあります。ですので好みの重さのトレーニングボールを探してみてください。

IMG_4698.JPG
これはたぶん10年くらい前に買った二代目です。初代は20年くらい前に買ったのですが、どこかのグラウンドで失くしてしまい買い換えました。頻繁に使ったり、ノックやバッティングに使うわけではありませんので、失くさなければ半永久的に使えると思います。

これ、スナップを養うアイテムとして販売されているのですが、でも注意してください!ボールを投げる際、手首は絶対に使っちゃダメです!320gという重いこのボールを手首を使って投げてしまうと、手首や親指の付け根を痛めてしまいます。ですので絶対に手首では投げないでください!

じゃあどうやって使うのか?指の付け根の関節の強化のために使います。このボールをリリースする際、人差し指と中指の付け根の関節を90°くらい曲げて、リリース時にボールに上から指でフタを閉めるような形にします。繰り返しますが、手首は使わないでくださいね!曲げるのは手首ではなく、指の付け根の関節です!

リリース時に手首を曲げてしまうとボールの回転数が減るだけではなく、怪我もしやすくなります。しかし手首ではなく、指の付け根を曲げてリリースすることができると、逆に回転数をアップさせることができます。このトレーニングボールを使うことにより、指の付け根の関節を強化することができるんです。

このボールは320gととても重いので、絶対に強く投げることはしないでください。3〜5m程度の距離でゆっくりな動きで、指の付け根を意識しながらキャッチボールを行なってください。指の付け根の意識を高めた後で普通のボールで普通にキャッチボールをすると、それだけでも強いボールを簡単に投げられるようになっているはずです。

大事なので繰り返しておきますが、筋トレ的にこのボールを使うことは絶対に避けてください。あくまでもゆっくりな動きで、指の付け根の動きを意識しながら、その部分を強化していきます。だいたい1回につき10〜20球程度投げれば十分だと思います。それと、小中学生にはまだこのボールは早いと思います。体が出来上がってからこのトレーニングボールを使うようにしてください。

Kazコーチのマンツーマン野球塾/野球塾開講10周年割引セール実施中!
littlerockheart.com
小学生~大人まで、初心者から上級者まで毎日21時までレッスン中! 1回受講するだけでも効果を実感できる即効性がKazコーチの野球塾の特徴です。 キャンペーンを利用して、お得にコーチングを受けてみよう!


前の商品 三原脩監督の著書『風雲の軌跡』
次の商品 野球肘の予防にもなるハンドグリップの使い方
オススメ野球用品カテゴリー
アライメント改善コンディショニングコンディショニングコンプレッションウェアコーチングストレッチングデジタル機器トレーニング器具バッティングパフォーマンスアッププロテイン便利グッズ寝具書籍疲労回復監督・選手花粉症対策野球雑誌

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾