LittleRockHeartをフォローしましょう Twitter   facebook   RSS  Littlerockheartはピッチャーの悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

アスリートなら絶対に持っていたいTANITAの体組成計


tanita1.jpg今回ご紹介したいのはこの商品です。TANITAの体組成計 。アスリートなら最低でもこのクラスの体組成計は持っていないといけません。体組成計は高いものは本当に高いのですが、Littlerockheartチーフコーチであるわたしが愛用しているこの商品は、Amazonで¥3000くらいで売られている商品です。

アスリートは毎日2回は測定してください。朝起きた時と、練習直後など、必ず決まったタイミングで測定をしていきます。するとコンディショニングを可視化できるようになり、体組成計に乗るだけでその日のコンディションがある程度わかるようになります。

このTANITAの体組成計 で計測ができるのは、体重・体脂肪率・BMI・肥満度・内臓脂肪レベル・筋肉量・基礎代謝量・体内年齢です。そしてこの商品、なぜわたしが強くオススメしたいのかと言いますと、アスリートモードがあるからなんです。アスリートモードにすると、アスリートの体質を考慮した上で測定値を出してくれるので、筋肉の量が一般の方よりも多い人でも、より正確な数値が計測可能になるんです。さらには年齢と身長も設定できますので、自宅でもかなり正確な数値を測定することができます。

tanita2.jpg
ちなみに2枚目の写真ははわたしの体脂肪率です。アスリートモードで7.7%という数値でした。アスリートであればやはり、10%以下の体脂肪率が望ましいところです。ただし、女性アスリートは気をつけてください。こちらの投手育成コラムで詳しく解説していますが、女性が体脂肪率を落としすぎてしまうと、体調に明らかな変化が生じてしまう場合があります。

男性アスリートであっても体脂肪率が一桁になってくると、免疫が弱まることがあります。つまり風邪をひきやすくなるということです。ですので筋肉量が多く体脂肪率が低い選手は、ビタミンCをしっかりと摂取し、免疫が低下しないようにしていくことも必要となります。

体脂肪というのは筋肉よりも硬く、運動に対しても質量以外ではあまり役には立ちません。アスリートとして敏捷性の高い動きをするためには、やはり体脂肪率は10%以下が望ましいと言えます。ちなみにイチロー選手などは5%程度だと言われています。

なお脂肪というのは体内で10ヵ月程度留まってしまうと、セルライトに変化してしまいます。体脂肪がセルライトに変わってしまうと、落とすのに本当に苦労することになります。ちょっとやそっとの運動だけでは落とすことはできません。ですのでセルライトに変わる前に、体脂肪は燃焼させるように意識してみてください。

もう一度言いますが、アスリートは毎日最低2回は数値を測定するようにしてください。そしてしっかりと記録を残すようにしてください。そうすればコンディションが見えてくるだけではなく、どのようなトレーニングをすると、体内がどのように変化していくのかもわかるようになり、栄養補給に対する意識も強くなっていくはずです。アスリートの体は、口に入れたものによって作られていきます。そこに対する意識を高く保ち続けるためにも、体組成計はアスリートにとっては必須アイテムとなるわけなのです。


前の記事 野球選手の間食はウィダーinバープロテインで決まり!
次の記事 野球指導者なら必読の一冊『運動指導の心理学』

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.