花粉症,蓄膿症,鼻炎,馬油を紹介中! / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

鼻炎、花粉症、蓄膿症の方にオススメしたい馬油+アロマオイル


今回は馬油(マー油)のご紹介をしたいと思います。野球関係のサイトでなぜ馬油?と思われたかもしれませんが、実はプロ野球選手の中にも蓄膿症や花粉症、その他鼻炎アレルギーに悩んでいる選手がたくさんいるんです。そして蓄膿症の手術を受けている選手も少なくありません。鼻呼吸がしにくくなる蓄膿症はアスリートにとっては致命傷となることもありますので、手術を受ける選手がけっこう多いんです。

でも蓄膿症の手術ってすごく痛いんです!もちろん手術中は麻酔が効いてるので痛くはないんですが、問題は術後です。1〜2週間は鼻の奥が痛い状態で過ごさなければなりません。

鼻水というのは、簡単に説明をすると鼻の奥の細菌や花粉を排出させるために出るものなんです。つまり鼻水が出るということは、必ず鼻の奥に細菌が存在している、ということになります。そこでオススメなのが馬油というわけです!

mayu1.JPG

これはが愛用している「北海道純馬油」です。使い方は簡単です。寝る前に綿棒を使ってこの馬油を穴の奥に塗り込むだけです。なぜ寝る前が良いかというと、起きている時に塗っても垂れてきてしまって、馬油が鼻の奥まで入ってくれないからです。ですので垂れて来ないように、寝る前に塗るのがオススメです。

馬油というのは強い殺菌作用を持っていて、なおかつ副作用がありません。だいたい1〜2年、毎日これを寝る前に鼻の奥に塗り込むと、鼻の奥の細菌がほとんどすべて死滅します。そして細菌がいなくなるということは、鼻水によって細菌を排出するという生理現象も必要なくなり、鼻水が鼻の奥で作られなくなるというわけです。

でも、実は馬油をそのままの状態で鼻の奥に塗ると、動物臭がけっこう不快なんです(苦笑)。ですので僕は馬油を小さな容器に移して、ティーツリーユーカリのアロマオイルを数滴ずつ入れています。ティーツリーユーカリにも殺菌作用がありますし、ユーカリはさらに、鼻の奥を爽快にしてくれる匂いを持っています。花粉症の時にメンソールのキャンディーを舐めていると鼻のムズムズが軽減されますよね?それと同じ状態になります。

mayu2.JPG

僕も花粉症で鼻炎だったのですが、馬油を塗り始めてからはそれらがすごく楽になりました。鼻炎というのはドライノーズが影響していることも多いわけですが、馬油を塗ることによって鼻の中の乾燥も防げるようになります。ただ、花粉症で鼻は楽になったのですが流石に目に馬油は塗れませんので、目はかゆいままです(笑)

鼻茸ができてしまった時などは手術をするしかないわけですが、そうでない場合は手術をする前に、ぜひ1〜2年この馬油を試してみてください。医学的に証明されたやり方ではありませんが、一部のお医者さんはこのやり方をすでにご存知で、相談をすると強く賛成してくれることがあります。いわゆる民間療法というやつですね。

馬油の選択肢は数え切れないほどあるわけですが、馬油にすごく詳しい方に相談してみたところ、この「北海道純馬油」の質は非常に良いものだと薦めてもらいました。とろみ具合も、さらさらと垂れてくることはありませんし、なおかつ鼻をすすって馬油を鼻の奥に入れやすい程よい感じだと思います。

中にはさらさらとした状態のやつを一気にすすってしまいたい、という方もいらっしゃるかもしれません。そういう場合は「北海道純馬油」は、一度湯煎をするとさらさらの状態になって、アロマ用のスプレーボトルでも使えるようになります。一度湯煎をしてしまえば、僕の経験上では、たぶん何度も湯煎する必要はないと思います。

そろそろ花粉症の季節で、辛い思いをしている野球選手はたくさんいると思います。流石に今使い始めて来月すでに鼻炎や蓄膿症が治るということはありませんが、少なくとも鼻をかんだあとのドライノーズは防ぐことができます。1年後の花粉シーズンを楽に過ごすことをイメージしながら、ぜひ長期的に使い始めてみてください。

効能の保証はさすがに僕にはできませんし、して良いのかもわかりません。しかし僕自身は鼻炎に対し本当に効果があって、鼻炎薬を服用することがまったくなくなりました。2年くらい前に買ったコルゲンコーワの鼻炎薬が今だに残っています。

眠くならないタイプの花粉症薬って、1箱2000円前後しますよね?それを2〜3箱買ったらそれだけで5000〜6000円になります。「北海道純馬油」+アロマオイルも、合わせて買っても5000円程度です。しかも鼻の奥にしか塗りませんので、「北海道純馬油」のボトルも1つ(225ml)あればなかなか減りません。余裕で1〜2年以上は持つと思います。さらに言うと、蓄膿症を治すための漢方薬は1箱で3000〜10000円程度になります。経済的に考えても、馬油+アロマオイルは強くオススメすることができます!

前の記事 野球肘の予防にもなるハンドグリップの使い方
次の記事 グラブハンマーは野球選手のマストアイテム


Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾