配球,投球術,バッテリー,サインについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 配球は捕手任せではなく投手は自分のボールにもっと責任を持とう

配球は捕手任せではなく投手は自分のボールにもっと責任を持とう

  • 投げたい球種と投げるべき球種
  • サイン交換をしなかったプロ野球のバッテリー
  • マウンドからサインを出していた昭和の投手たち


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

2000年代に入ってからでしょうか。配球は捕手任せというプロ野球のピッチャーが非常に増えてきたように感じられます。もちろん配球を組み立てるのは捕手の重要な役割の1つであるわけですが、しかし大事な配球を捕手に任せ切ってしまうのは少し違うと思います。

投げたい球種と投げるべき球種

もちろんバッテリーは試合に挑む前には入念な確認を行っています。捕手は投手の要望を聞き、基本的にはその要望を元に配球を組み立てていきます。ですがお互いの考えを100%理解し合うというのは、現実的には不可能なことです。そのため時には疑問を感じる配球や、意図を理解できたとしても投げたくない球種というものがあります。このように少しでも疑問を感じたのであれば、投手は首を横に振るべきです。

配球には、投手側からすると投げたい球種と、投げるべき球種というものがあります。投げたい球種というのはウィニングショットであったり、その日調子の良いボールということになります。一方投げるべき球種というのは、ここまでの布石や打者の傾向を踏まえた上での球種ということになります。エースになりたいのであれば、やはりこの2つの選択肢から自分で決断を下せる投手になる必要があります。

サイン交換をしなかったプロ野球のバッテリー

投手を活かすも殺すも捕手次第、と言ったりもしますが、結局は投手を活かすのは投手自身なのです。自分で自身の長所や短所、そして打者との相性をしっかりと把握していなければ、いくら捕手が良い配球を組み立てたとしてもその投手は勝てるようにはなりません。配球通りに投げるというよりは、投手が投げたい球種のサインを捕手に出させる、くらいの気持ちでなければエースになることなどできません。

ちなみにその昔、プロ野球にサインを交換しないバッテリーがいました。名前はあえて挙げることはしませんが、その投手はノーサインでストレートと変化球を好き勝手に投げていたんです。もちろんこれはベテラン投手が若手捕手を信頼していなかったからこそではあるのですが、しかしゴリゴリのエースというのはそれくらいであるべきなのです。自分の配球には自分ですべての責任を負う、それこそがエースのあるべき姿です。

マウンドからサインを出していた昭和の投手たち

ノーサインで色々な球種を投げてこられた捕手は大変だったと思いますが、しかしその捕手は、この経験がのちの捕手人生に活きていったとも語っています。野球の試合は9割方投手で決まってしまいます。投手が良ければ援護は1点でも勝てますし、投手が悪ければ10点取っても勝てません。投手が打たれると捕手が叱られる、というシーンもよく見かけますが、でも結局は打たれたのは投手です。捕手ではなく、捕手のサイン通りに投げてしまった投手が悪いのです。

昭和のプロ野球には、捕手にサインを出す投手たちもいました。マウンドから捕手に対してサインを出すんです。打者にバレそうなものですが、しかしサインの出し方は頻繁に変えていくため、相手がサインを解読した時にはもう別の出し方になっています。実は僕自身、マウンドで投げていた頃はマウンドからサインを出した試合も多々ありました。自分のボールには自分で責任を持つ、そういう気持ちで投げられるからこそ、少なくとも僕の場合は捕手からサインを出してもらう時よりも良い成績を残すことができました。そしてサイン通りに投げる時よりも、野球がずっと楽しく感じられました。アスリートであれば、ポジション問わずプレーは能動的であるべきだと、僕は常々考えています。

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム アスリートの味方プロテインは、敵にも味方にもなる得る
次のコラム 走り込みをする前にしっかりと考えておきたいシューズのこと
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾